「ほっ」と。キャンペーン

ボルティ・トーナメント2連続優勝!

続いて女の子たちは、Voltigieren(ボルティジーレン:「ボルティ」と略することもある)で、2度連続優勝という快挙を遂げました!
c0156907_2272317.jpg

トーナメント開始時間の最低2時間前には会場に集合し、まずは髪とレオタードを調えるところからスタート。
c0156907_2223891.jpg

専属のトレーナーが髪をしっかり結わってくれること。髪をタッチし、丁寧に梳かし、美しく形をつくること。髪はボディタッチ以上にパーソナルな領域でもあります。・・・一人ひとり結構時間も要するのですが、こういうこともトレーナーとの親密さを深め、チームが団結し、トーナメントに向けての心意気もだんだんと高まっていくのです。

ブルネット(茶・黒・ダークヘア)の子は黒いピン、ブロンドの子は金色のピンで留めます。
c0156907_2233732.jpg

c0156907_2235367.jpg


第一週目のトーナメントの様子。
c0156907_2243055.jpg

c0156907_224477.jpg

c0156907_225638.jpg

第二週目のトーナメントも、別の会場で第一週目と同内容を披露しました。
c0156907_226186.jpg

c0156907_2264077.jpg

c0156907_227551.jpg

今年は、可能性のある子供たちを集めたタレントグループに入り、集中トレーニングで地道な練習を積重ねてきた結果です。2人をはじめ、グループの女の子たちは、皆堂々と落ち着いて素晴らしい演技をし、親たちは感動でした。

「緊張や不安に負けない、内側から出てくる自然な自信や自己信頼、そして結果というのは、常に自分を信じ続けての努力の積重ねから生まれる」

・・・という人生のポジティブスパイラル、法則を、まだ10代にもなっていない子供たちが学ぶということは、その後の人生にとっても大事なことだなあと実感しました。どんなスポーツや競技や音楽・・・内容は何でも良いけれど、エッセンスを汲み取って、自分の血肉にしていく・・・子供時代の教育は、シンプルにそれが見に付きさえすれば十分なのではないか?とも思います。
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-03-29 02:28 | 子育て・Erziehung

パフォーマンスデイ

ドイツは今、イースター休暇真っ最中。

学期の終わりには、モンテッソーリ学校で恒例のPerformance Day(発表会)がありました。今年のテーマは、ドイツが生んだBrueder Grimm(グリム童話)。幼稚園児~小学校高学年のクラスまで、グリム童話に関連した発表をしました。

まず、次女のクラスはあの有名なお話「ルンペルシュティルツヒェン」。私の子供の頃の一番のお気に入りのグリム童話からのお話。怖さとスリリングさのミックス度合い、そして最後はハッピーエンドというところが好きでした。ちなみに、ルンペルシュティルツヒェンのドイツ語綴りはRumpelstilzchen。こんな長くて複雑な名前を、普通に当てるなんて到底無理!・・・そんなところにもこのお話の醍醐味があります。当時はこれがドイツ語だとは思いませんでしたが。。。Rumpelstilzchenだけでなく、英語やスペイン語などに比べても、普通の単語でも信じられないくらい長たらしい単語の多い、ドイツ語。そんな言語を持った故に生まれたお話、とも言えるかもしれません。物語が生まれる背景には、沢山の文化背景が凝縮されていることが分かります。

次女はお姫様を演じました。恥ずかしかったのか、声が小さくてちょっと残念・・・。ブロンドで髪を1つに結わっている子が「ルンペルシュティルツヒェン」の役です。
c0156907_254589.jpg

続いて長女のクラス。
c0156907_261114.jpg

小学校最後のPerformance Dayになる息子は2役

「鳥」
c0156907_265427.jpg

と、

「王子」
c0156907_271740.jpg

を演じました。
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-03-29 02:07 | モンテッソーリ・Montessori

フランクフルト空港集会、大盛況。

先日のフランクフルト空港集会、無事、大盛況に終わりました。

空港の出発ターミナル前での反原発・脱原発の集会・デモが可能だなんて、私も最初は信じられませんでした。他の多くの国ではまだまだ難しいことかも知れず、市民の力が、実際の社会で大きな力を持っていて、それが国、社会、その他の地域・会社・個人的な人間関係の中で、ごく自然に認知されているドイツの先進性を象徴しているとも言えます。

目に新鮮なドイツのデモ風景を、ぜひご覧下さい!国籍豊かな旅行客だけでなく、様々な国の国際線のパイロットやフライトアテンダントも、パンフレットを貰ったり、募金をしたり、立ち止まってスピーチを聞いたり、参加者と話をしたりします。
c0156907_20552557.jpg

c0156907_20554462.jpg

c0156907_20562335.jpg

c0156907_2194452.jpg

ドイツ人はごく自然に、そして気軽に、多くが小さな子供を連れたりと家族連れで参加したり、友だち、職場の同僚同士などで、デモに出掛けます。本当に普通の人々が、週末にカフェに一緒にお茶しに行ったり、デパートに買い物に行ったりする感覚で、デモに参加するのです。この辺り、まだまだデモをする人々が特別な人々、ラディカルな人々だとレッテルを貼られやすい日本社会とは異なっています(日本も近いうちに、ドイツのようになっていくと見ていますが・・・)。
c0156907_20564572.jpg

c0156907_2057715.jpg

c0156907_20573089.jpg

c0156907_20575114.jpg

かつてドイツのケルンに長く滞在され、今は国際的に大活躍のアーティスト・奈良美智さんのNo Nukesポスターが、沢山取材に来たドイツのメディアから、大きな注目を集め、沢山写真が撮られていました!奈良さん自身脱原発派で、彼の作品の脱原発のデモでの無料使用を提供しています。
c0156907_2143263.jpg

フランクフルトから、世界へのメッセージ。出発ロビーのボーディング掲示板を背景に、大きな飛躍の予感を感じさせる希望に溢れていました。
c0156907_2144711.jpg

c0156907_215121.jpg

無事に、約1時間半の集会が終了。

1つだけ、思わぬハプニングが・・・。床に貼ったテープ(紙製だった・・・)が、床にべとついてしまい、手では全然剥がせなくなっていたのです。
c0156907_2162619.jpg

c0156907_2184824.jpg

集会を見守っていた空港のセキュリティーの人々は、それでも好意的で、警察もそうですが、ドイツではデモでは、基本的に権力側が市民側に立っているというのも特徴的です。話合いの結果、空港のクリーンサービスにテープ取り作業をお願いすることになりました。
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-03-12 21:08 | 脱原発・No Nukes

明日3月9日13:00~フランクフルト空港集会、参加者急募!

東日本大震災から約2年が経ちました。月並みな言い方ですが、まだ2年、もう2年、2年という時間に、言葉にし得ない不思議なものを感じます。

3月11日の震災、続く福島の原発事故にちなんで、ドイツでは、ドイツ国内のなんと80ヶ所で、この週末沢山の反原発・脱原発の集まり、デモがあります。

国際都市であり、ヨーロッパの交通・金融のハブであるフランクフルトでは、昨年と同じく、一番効果的で、且つ国際的なアピール力のあるフランクフルト空港の出発ターミナルで、デモ集会をします。世界中の沢山の人々が行き来する場で、原発のない未来を世界中の人々にアピールしましょう!
c0156907_2138172.jpg

日程:2013年3月9日
時間:13:00~
場所:フランクフルト空港・ターミナル1,ホールA-B(ルフトハンザチェックカウンターの向かい側。沢山の人が集まっているので、出発カウンターの階に着けば、すぐに分かります!)


ドイツの反原発団体、日本の反原発団体、グリーンピースetc...沢山の団体が共催の英語、ドイツ語、日本語、他言語によるマルチナショナル&インターナショナルな集会です。日本人による日本語のスピーチ、日本語横断幕、シュプレヒコールもあります!!!

明日、9日13:00~、ぜひぜひドイツ在住の日本人の方、ご家族、ご友人をお誘いあわせの上、現地に直接お集まり下さい。志を同じく、明るい世界の未来を創るための気概とハートを持った方なら、国籍、年齢、性別、職業など無関係、参加は誰でも歓迎です。事前の参加連絡等は一切不要。特に、日本語横断幕を持っての日本語でのシュプレヒコールに入ってくださる方、大歓迎です!よろしくお願いいたします!
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-03-08 21:40 | 脱原発・No Nukes

お好み焼きパーティー

世間はバレンタインデー・・・でしたが、次女の継承語教室でちょうど調理実習「お好み焼きパーティー」があり、ママさんお手伝いとして、美味しく楽しんできました!

継承語としての日本語の勉強は、調理実習の準備段階からスタートします。先週の授業で「もちものシート」に、実習にあたって必要なものを記入↓。
c0156907_2056265.jpg

「三角きん」などの独特な日本語や、「エプロン」「バンダナ」などのカタカナ表現などを自然に学びます。

ロゴ作り↓。次女は「やき」の部分を担当したようです。
c0156907_2057304.jpg

お好み焼きの粉、卵、お魚(虹鱒・ドイツのForelle)、コーン、モルツッエレラチーズ・・・、最後にキャベツを入れて、混ぜ混ぜ。お好み焼きの具に何を入れるかは、お雑煮と一緒で日本でも地域色や家庭色が表れて面白いところです。お互いの好みが分かったり、オリジナルのお好み焼きレシピのヒントになったりします。今回私は、ドイツで手に入りやすい「虹鱒を入れる」というのが、とってもヒントになりました。鰹節風の風味が出るのです♪子供たちは体積のあるキャベツを混ぜるヘラの回し加減が一番大変だったみたいで、ボールの外に中身がポンッと出てしまう子が出てきましたが、具を混ぜていく作業、みんな2人組みで仲良く丁寧に出来ていました。次女は今日は、ファッシングの続きでトラのコスチュームにバンダナ、エプロンという、なんだかちぐはぐな出で立ちで実習・・・。まあ、楽しければ、良いということで・・・。
c0156907_2172755.jpg

c0156907_21103630.jpg

先生の力を借りて、ホットプレートに載せていきました。
c0156907_21125634.jpg

実習を進めるうちに、日本語の繰り返し言葉が出てきたら、短冊に書いてくのが子供たちの課題。ホットプレートに置いたお好み焼きが立てる音に気づいた次女は、早速「じゅうじゅう」と書きます。
c0156907_21192112.jpg

こうやって、実体験と言葉、それを書く作業が重なって、身体全体で生きた日本語(右から左の耳筒抜けの安易な暗記学習でなく、願わくば、長く定着する日本語!)を学んでいくことが、継承語としての日本語学習、そして更にそこに調理実習を組み込んでいくことの本当の目的、となる訳です。
「ちくん ちくん」???な繰り返し言葉も混じっていますが、どんどんと短冊が増えていきます。
c0156907_21215851.jpg

子供たちに大人気!・・・あっという間に空になってしまった、お好み焼きソース。
c0156907_21234465.jpg

上手にお箸を使って、頂くことが出来ました!
c0156907_21252914.jpg

父兄も美味しく食べさせて頂き、楽しい午後となりました♪
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-02-14 20:29 | 継承語・HeritageLanguage

エンジェル×3

ドイツは今、カーニバル(ファッシング)の時期で、街は仮装した子供や大人たち、パレードで盛り上がっています。

今日は子供たちも早起きし、私もスタイリスト&メークアップアーチストとして一働き。朝の忙しない時間、ギリギリ遅刻しないように、3人のエンジェルをなんとかプロデュースしました。

一番上がりは、小妖精(エルフ)の長女。頼んだ訳ではないのですが、カメラを向けると、劇団四季のキャッツぽいポーズを自然にとってくれました。
c0156907_1956247.jpg

こちらは、スーパーモデル富永愛さん(?!)風?!
c0156907_19565344.jpg

今回、自ら女装希望した兄。最初はジョークだと思ってたのですが、本気だったようで、母親ながら少し引きました。敢えてノーコメント・・・。でも、脚線美はうらやましいなあ・・・。
c0156907_195896.jpg

c0156907_19583751.jpg

喧嘩も多いけど、小さな頃から仲良しの兄妹ツーショット。
c0156907_195912100.jpg

最後は、ブロンディーエンジェルの末っ子。
c0156907_2004134.jpg

c0156907_2005648.jpg

c0156907_2011098.jpg

・・・時間が足りなくなり、焦ったため、カツラの詰めが甘くなりました。スタイリストのミスです、念のため。

「いってらっしゃい~」・・・無事、玄関から送り出しました。
c0156907_20210100.jpg

c0156907_2022570.jpg

今日も1日、マイナス気温が続くそうです・・・こんな暗くて寒いのに、外で街頭パレードなんて、、、ドイツ人はタフだなあと、ファッシング(仮装系)が苦手でノリの悪い私は思ってしまいますが・・・。何事も、元気でやる気のあることは素晴らしいと思うので、やる気のある方のサポートはこれからもしていきたいと思います♪
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-02-12 20:01 | 子育て・Erziehung

動物たちの冬

もう少し暖かくなったら、長時間ウォーキングとジョギングを本格再開!っと思っていましたが、待てど待てど、少しでも暖かくなるどころか、厳しい寒さと雪は、少なくとも2月中は続きそうな感じなので、要・完全防寒で、思い切ってウォーキングを再開しました。・・・ちなみに、「どんな暑さでも寒さでも、雨が降っても雪が降っても、絶対に外に行く」・・・このコンセプトは、モンテッソーリやドイツの森の幼稚園のコンセプトでもあります♪

静かでグレートーンの川べり。
c0156907_2010129.jpg

ドイツの冬の何が辛いって、ただ温度が低く寒いのではなく、日中でも中々太陽が顔を出してくれないことなのです!!!
c0156907_2011358.jpg

お馴染みの鴨たち。
c0156907_20113234.jpg

アヒルたちも餌を探して、川から上がってきています。
c0156907_2012131.jpg

c0156907_20122660.jpg

c0156907_20123727.jpg

仲良さそうな白鳥のカップルを前方木陰から、パパラッチ(笑)。
c0156907_20134418.jpg

背後に残していく、穏やかな波の模様まで優雅。
c0156907_20143452.jpg

自然と生き物の織り成す冬景色の所々に、ピュアな美しさや驚きを見つけることが出来ると、それがそのまま自らを癒す、ヒーリング効果となっていることに気がつきます。

明日の朝も、GO!のつもりです。
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-02-08 20:15 | 生活・Life・Leben

カフェ勉

子供たちは、ドイツの学校、日本語の学校両方に通っていて、更にスポーツなどのアクティビティー、友だちとのPlay Dateなど等・・・ウィークデーは、殆ど時間の余裕もなく、大忙し・・・。それでも日本語の宿題はこなしていかなければなりません(ドイツの学校も、普通は毎日宿題があるのですが、子供たちが通っているのは全日制の学校なので、宿題はないのです!。。。というか、厳密には1日のプログラムに既に組み込まれている形になります)。

そんな中、ただでさえ難しい漢字や課題などで、時に圧倒されてしまうことも多い日本語の宿題は、限られた時間内でも、しっかり集中してやらないと、全く進まない、見に付かない・・・ということになってしまうのです。

いつも家で、決まった時間に、同じテーブルで、お母さんと兄妹と・・・というルーティーンは残念ながら変えられないものの(日本語の学習は、少しであっても、毎日続けることがとても大事なので!)、やはり退屈しがちなので、今日は最近頑張っている次女のため、日本語の学校が始まる前の時間、奮発して“カフェ勉アワー”をプレゼントすることになりました。

フランクフルトのバンカーなどのビジネスマン、割と裕福な主婦層が利用する老舗カフェ。
c0156907_023838.jpg

入り口を入ったところすぐのケーキコーナーで、ケーキを選んでから、席に座ってココアを注文。・・・ケーキとココアが来る前に、宿題を一個でも済ませよう!と、彼女のお気に入りの猫のぬいぐるみもテーブル脇にスタンバイして、筆箱と紙は出したものの・・・・すぐにケーキとココアが来てしまい(普通に考えれば、調理せずにケーキはケースから出してお皿に置くだけ、ココアだってすぐにつくれるのでこのスピーディーなサービスは当然、ということに気づいたのですが、既に後の祭り、苦笑)もちろん、まずは宿題そっちのけで、ケーキに取り掛かり始める娘、なのでした。
c0156907_027492.jpg

でも、家の外で、私と2人きりの静かな時間を持てたことも、彼女にとっては気分転換にはなったようでした。彼女の脳の中で、素敵なカフェで“美味しいケーキを頂く喜び”と“日本語学習”のシナプスが少し繋がり、電光を帯びて、日本語に関してポジティブなイメージが強まると良いなあ・・・と、高いケーキとココアに投資した母は、願うのでした。頻繁には出来ませんが、今後も時々、子供と一緒に“カフェ勉アワー”をしたいと思います♪

日本語教室で、今日はちょうどお当番だった娘↓。
c0156907_19591477.jpg

[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-02-08 00:32 | 子育て・Erziehung

真冬の行事

ずっとブログを更新できないうちに、2013年もあっという間に1ヶ月が過ぎ、2月に入っていました・・・。

今年もどうぞ、宜しくお願いいたします!

ドイツは本当にここ数週間激寒が続いていて、さすがに元気一杯の子供たちも、家にいても「寒い、寒い」と言ってくることが多く、手足も超冷え性の私並に氷のように冷たくなっていたりして(特に女子。10歳以下でも、女子はやっぱりもう冷え傾向があるんだなあと、妙にショック&納得)、夜は3人分の湯たんぽを用意して、みんなに渡してから、ベットでチュッというパターンが定着してきました。それでも、就寝中にベット脇に常備しておくお水はキンキンに冷えたお水でなければならないようで、冷蔵庫から冷たいお水を調達。・・・暖かいお布団に包まって、足は湯たんぽでホカホカ+お水はキンキン冷え・・・これでとても幸せそう~。そんな幸せそうな笑顔を見ることが出来れば、忙しなく大変な1日の疲れも、意味があるように感じます。

日本語継承語教室では、お書初めの時間を設けてくれました、感動♪長男と次女は、人生初のお書き初め体験をすることができました!

まずは、次女の作品・「一」。
c0156907_20593049.jpg

力強く、堂々と真ん中に描けていて、先生にも花丸を頂きました♪・・・始まり部分と留め部分が逆(?!)のような気もしますが、、、まあ、勢いが大事っということで、OK!

長男は「正」という字に挑戦!初の本格書道体験で、クラスで金賞受賞。
c0156907_21668.jpg

日本語の会話力が他の子に比べてまだまだ弱い彼が、書道では一番を取れた!ということで「大きな自信」と「モチベーション」に繋がったようです。そして「とても楽しかった」ということ。「自信」「モチベーション維持&アップ」「ピュアな楽しいという感覚」・・・これって、学びの一番大事な根幹な気がします。

次女は、今回は書初めの機会はありませんでしたが、節分行事を楽しみました。

鬼のお面工作。
c0156907_21144355.jpg

ちなみに、豆まきごっこの豆は、「本物の大豆」を使わずに「湿らせた紙を丸めて、ヒーターの上で乾かしたもの」を豆として、使用・・・。日本でも今、そうなのでしょうか・・・?!
c0156907_21115639.jpg

次女のクラスでも節分行事。自分の中の〇〇鬼に向かって、豆を投げたということです(笑)。
c0156907_21133042.jpg

これ、とっても良いアイディアだなあと思いました。大人もやるべき!!!
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2013-02-05 22:58 | 子育て・Erziehung

残り雪

マヤ歴の21日を無事(?!)人類は生き延び、22日を迎えました。

ドイツでも、12月21日のことはずっと話題になっていて、今日になるとラジオなどでは、「21日で世界が終わると信じていて、クリスマスプレゼントを用意していなかった方々!世界は引き続き存在してますので、24日まであと2日!急いでクリスマスプレゼント調達しないと間に合いませんよ~」と、冗談交じりにパーソナリティがコメントをしていました。

世界の先進国の中では、特に米・日・英などと比べて、コンシューム(消費)、コマーシャル(商業)度の低いドイツですが、クリスマス前だけは、急に買いモードになるのは、やっぱり毎年変わりません。

クリスマスの飾りつけ、オーナメントなども、私は既に最小限派。街もぶらぶらしましたが、あまり目新しいものがないなあ~という感じでした。

ですが先日、友人のイタリア人がラザニアをつくってくれプレゼントしてくれたお礼にと、次女と花屋さんに赴いたところ(ラザニアは彼女の大好物♪)、次女が花屋さんで見つけた雪球を模ったキャンドルが、今年のクリスマスオーナメントでの大ヒットでした!彼女は、早速持参した自分のお財布(お小遣い)から、キャンドルを購入。3,99ユーロ也、高い・・・・。

点灯すると、こんな感じ↓で、雰囲気が出ます。
c0156907_23204469.jpg

隣の白いバラは、友人にプレゼントした花束にも選んだ同じ種類のバラで、その1本をおまけで次女がお花屋さんのフローリストからプレゼントされたもの。
c0156907_23273021.jpg

火を消すと、周りにうっすら黒くススがつき、それも、雪が降った後の翌日の街中の本物の残り雪についた土・・・・・という感じが出ていて、とってもリアル。ここまで商品として計算されていたのかは分かりませんが・・・。

24日まであと2日。年末がどんどん迫り、今年あった色々なことに思いを馳せています。。。

・・・年に数回しかつくらない!という彼女の本場仕込の伝統ラザニア。おいしかった~!!ドイツで食べるラザニアより、チーズが少なく、口当たりも軽く、すぐにみんなでぺロリと平らげてしまいました♪
c0156907_23271135.jpg
 
[PR]
# by mikiogatawestberg | 2012-12-22 23:22 | 生活・Life・Leben