フランクフルト空港集会、大盛況。

先日のフランクフルト空港集会、無事、大盛況に終わりました。

空港の出発ターミナル前での反原発・脱原発の集会・デモが可能だなんて、私も最初は信じられませんでした。他の多くの国ではまだまだ難しいことかも知れず、市民の力が、実際の社会で大きな力を持っていて、それが国、社会、その他の地域・会社・個人的な人間関係の中で、ごく自然に認知されているドイツの先進性を象徴しているとも言えます。

目に新鮮なドイツのデモ風景を、ぜひご覧下さい!国籍豊かな旅行客だけでなく、様々な国の国際線のパイロットやフライトアテンダントも、パンフレットを貰ったり、募金をしたり、立ち止まってスピーチを聞いたり、参加者と話をしたりします。
c0156907_20552557.jpg

c0156907_20554462.jpg

c0156907_20562335.jpg

c0156907_2194452.jpg

ドイツ人はごく自然に、そして気軽に、多くが小さな子供を連れたりと家族連れで参加したり、友だち、職場の同僚同士などで、デモに出掛けます。本当に普通の人々が、週末にカフェに一緒にお茶しに行ったり、デパートに買い物に行ったりする感覚で、デモに参加するのです。この辺り、まだまだデモをする人々が特別な人々、ラディカルな人々だとレッテルを貼られやすい日本社会とは異なっています(日本も近いうちに、ドイツのようになっていくと見ていますが・・・)。
c0156907_20564572.jpg

c0156907_2057715.jpg

c0156907_20573089.jpg

c0156907_20575114.jpg

かつてドイツのケルンに長く滞在され、今は国際的に大活躍のアーティスト・奈良美智さんのNo Nukesポスターが、沢山取材に来たドイツのメディアから、大きな注目を集め、沢山写真が撮られていました!奈良さん自身脱原発派で、彼の作品の脱原発のデモでの無料使用を提供しています。
c0156907_2143263.jpg

フランクフルトから、世界へのメッセージ。出発ロビーのボーディング掲示板を背景に、大きな飛躍の予感を感じさせる希望に溢れていました。
c0156907_2144711.jpg

c0156907_215121.jpg

無事に、約1時間半の集会が終了。

1つだけ、思わぬハプニングが・・・。床に貼ったテープ(紙製だった・・・)が、床にべとついてしまい、手では全然剥がせなくなっていたのです。
c0156907_2162619.jpg

c0156907_2184824.jpg

集会を見守っていた空港のセキュリティーの人々は、それでも好意的で、警察もそうですが、ドイツではデモでは、基本的に権力側が市民側に立っているというのも特徴的です。話合いの結果、空港のクリーンサービスにテープ取り作業をお願いすることになりました。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2013-03-12 21:08 | 脱原発・No Nukes
<< パフォーマンスデイ 明日3月9日13:00~フラン... >>