ボルティ・トーナメント2連続優勝!

続いて女の子たちは、Voltigieren(ボルティジーレン:「ボルティ」と略することもある)で、2度連続優勝という快挙を遂げました!
c0156907_2272317.jpg

トーナメント開始時間の最低2時間前には会場に集合し、まずは髪とレオタードを調えるところからスタート。
c0156907_2223891.jpg

専属のトレーナーが髪をしっかり結わってくれること。髪をタッチし、丁寧に梳かし、美しく形をつくること。髪はボディタッチ以上にパーソナルな領域でもあります。・・・一人ひとり結構時間も要するのですが、こういうこともトレーナーとの親密さを深め、チームが団結し、トーナメントに向けての心意気もだんだんと高まっていくのです。

ブルネット(茶・黒・ダークヘア)の子は黒いピン、ブロンドの子は金色のピンで留めます。
c0156907_2233732.jpg

c0156907_2235367.jpg


第一週目のトーナメントの様子。
c0156907_2243055.jpg

c0156907_224477.jpg

c0156907_225638.jpg

第二週目のトーナメントも、別の会場で第一週目と同内容を披露しました。
c0156907_226186.jpg

c0156907_2264077.jpg

c0156907_227551.jpg

今年は、可能性のある子供たちを集めたタレントグループに入り、集中トレーニングで地道な練習を積重ねてきた結果です。2人をはじめ、グループの女の子たちは、皆堂々と落ち着いて素晴らしい演技をし、親たちは感動でした。

「緊張や不安に負けない、内側から出てくる自然な自信や自己信頼、そして結果というのは、常に自分を信じ続けての努力の積重ねから生まれる」

・・・という人生のポジティブスパイラル、法則を、まだ10代にもなっていない子供たちが学ぶということは、その後の人生にとっても大事なことだなあと実感しました。どんなスポーツや競技や音楽・・・内容は何でも良いけれど、エッセンスを汲み取って、自分の血肉にしていく・・・子供時代の教育は、シンプルにそれが見に付きさえすれば十分なのではないか?とも思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2013-03-29 02:28 | 子育て・Erziehung
パフォーマンスデイ >>