カテゴリ:政治・Politics・Politik( 5 )

Hartz-IV(ハルツ・フィア)とは?

ドイツに在住の方であれば、

周りを見回すと、

どうしてこの国には、失業者がこんなに多いんだろう・・・

そして失業期間が既に数年・・・など、長くて、でも、困ってなさそうというか、切迫していなそうに見える・・・

仕事を探しているようにも見えないし、、、

やる気がないのかもしれないけど、

大学に何年も在籍して、修士号を持っていたりもする。

頭も悪そうじゃないし、きちんとした服も着ているし、健康そうでもある(フィットネスに行っていたり、ヨガをやっていたりする)。

話題は、子供の次のバースデーパーティーのこと、ウアラオプ(休暇)のこと、新調するシステムキッチンのことなど・・・・

こういう「失業者」に出会うことが、結構頻繁で・・・

その度に、この人たちはもしや、不動産をたくさん持っていたり、遺産を引き継いでいたり、株で大当て?!したり、何か特別な背景があって、働く必要がないのかなあ・・・

なんて、色々考えを巡らせるけれど、そんなに沢山資産家っているものなのだろうか???

などなど、謎が一杯のドイツ社会。

・・・「失業」の意味自体が、日本や他の諸外国と、ドイツでは全く異なる現実があるので、私達日本人は、日本の「失業」という言葉の意味で、このドイツの事象を捉えようとすると、頭が本当に???となるのです。

この珍事象を読み解くのには、

「Hartz-IV(ハルツ・フィア)」という、2005年のシュレーダー政権の時に出来た法律

を知ることがキーワードになります。

今ドイツでは、このHartz-IVは、これから説明するとおり、ものすごい矛盾と不公平を含んでいて、また財政的にも、社会的にも、全ドイツ国民とこの国の未来に関わる大きな事項なので、Reizwort(強い感情を引き起こす)として、大きな議論の的になっています。

先日ハンデルスブラッド紙で特集記事を見つけ、私もこれについて、本当のところを詳しく知りたいとずっと思っていたので、気合を入れて読みました。
c0156907_17325034.jpg

詳細に入り込むと、このブログを書くのに、おそらく一日中かかってしまうので、ここでは簡単にポイントを説明します。
c0156907_1734278.jpg

↑写真一番右は、Hartz-IVを受けている男性とその家族(妻と子供二人)が、国から支給されている月当たりの生活費が、1652ユーロ

その左側は、同じように妻と子供二人がいて、職業を持ち働いている男性の平均月給。これによると、一番左の時間労働者はハルツIVに比べて、-17%、ホテルマンは-12%、ウエイターは-7%、掃除夫は、-4%と、働いている男性の方が、手取りが少ないという、びっくりな現実があるのです。しかも、これらはどの職業も、体力や知力や社会関係力など色々なことが要求され、ハードでストレスもたまるけれど、でも社会になくてはならない職業です。
c0156907_18181926.jpg

↑そして、こちらは、Hartz-IVの右側の職業で、かろうじてHartz-IVより、月収が上回っている職業に就いている人々。左から、介護士(+1%)、先生(+2%)、警備員(+3%)、肉屋マイスター(+5%)、整備士(+7%)、どれも、もちろんフルタイムの仕事で、私たちの生活、セイフティーネットに、直に大きな関連性のある、社会にとって大事な職業たちなのでしょう。

・・・これが、経済大国ドイツの過酷で、アンフェアな社会図です。

そして、
c0156907_18232948.jpg

「働く人は、バカ」
という観念が、ますます強まり、社会に浸透していってしまうのです。働く人、汗流す人、人のために何か貢献する人が“バカ”であるため、当然ながら、何もせずに“失業”、“HartzIV”を受けている人たちは、バカの反対、むしろ“利口”ということになり、学歴が高かったり、プライドが高い人も、そのステータスを恥ずべきだとも思わず、むしろ賢い自分の、“賢い”選択・・・と思ってしまう・・・という、大矛盾、負のスパイラルに陥っていくわけです。

もちろんこのような考え方は、「人間の自己実現要求など、深く追求していったら、一見楽な人生を送れるように見えて、実際は本当の幸せや満足感は得られない・・・」という事実が、ホリスティックな視点で考えることが出来る人には十分見えるわけですが、世の中残念ながら、断片的、短期的に物事を見る人が、やはりまだマジョリティー(多数派)なんだと思います。“楽さ”、“依存”を求める誘惑は、人間には常に付きまとい、これを乗り越えるには、やはり精神的に何か自分軸を持たないと、目の前に誘惑があれば、大部分は負けてしまうのが人間の性(さが)なのかと、ため息がでます。

話は戻りますが、記事を最後まで読み進めていくと、

「働く人は、バカ(Wer arbeitet, ist der Dumme)」は、実際には、

「知らぬ人は、バカ(Wer nicht weiss, ist der Dumme)」

が、より正確な表現かもしれないと、私は思い始めました。

というのは、今一番急上昇しているタイプが、HartzIVを受けつつ(月収約1653ユーロ)、税金が一切かからないminijob:ミニジョブ(週2~3回くらいの労働量で、月400ユーロ上限)を合わせているという人々。これだと、なんと手取りが月2000ユーロを超え、この記事に載っている職業の月収平均をぐんと追い抜くのはもちろん、ごく通常の企業に勤めるサラリーマン系の月給にも、そこはかとなく近くなってきます。

このHartzIVの大欠陥と失敗については、もちろん多くのドイツ人、政治家も気づいて、今また、色々なステークホルダーとの力関係もありながら、大きく変化を求められているのですが・・・・

こんな状況にも関わらず、更に先日、HartzIVの大人への支給額が月あたり、5ユーロ引き上げられ、HartzIVの子供たちが月あたり貰える育児補助金が215~287ユーロへと、更に引き上げられました。(ちなみに、HartzIV以外の普通のドイツ人家庭では、育児補助金は月184ユーロです)

それに加えて、HartzIV受給者は、

「失業者だって、子供にバレエや音楽を習わせたり、ウアラオプ(休暇)を楽しむ権利がある!」

と言いはじめ、政府は、HartzIVの子供たち対象に、無料のバレエ・音楽教室を考え始めたり、ウアラオプに関しても、「基本的人権の一部」のような、捉え方をして、前向き(!)に考えているというわけです。

子供の習い事や学費のために、汗水たらして働いている私たちは、一体何なのでしょう。仕事をしなければならないから、子供の習い事にいつも同伴することさえ難しいし、仕事のために、長いウアラオプなんて、私は取ったことがない!!!

「この国は、資本主義ではない」

とは、ドイツに住んだ外国人(特に、イギリスやアメリカなどのアングロサクソン系や、日本も含めた東アジア出身の人々)は、声を揃えて言うことですが・・・・。

日本の中国などに対しての負け外交と同様、ドイツでは、遡ると、人種・人間の基本的人権・平等を奪い取った象徴でもある「ナチス」の過去があるので、ここを攻撃されると、

すぐに、塩をかけられたナメクジのように、

「負け外交」、「負け内交」

になってしまう。

敗戦からもう何十年も経ち、時は2000年になってからもう10年経つのに、いつまでも、「戦敗国」のマゾヒズムに翻弄されててもいいのでしょうか。

歪んだシステムには、そこから最大の利益を引き出そうとする“悪”があっという間にはびこり、それは、人間の性の弱さを味方にして、急増殖していく。後に残った負の遺産を引き継ぐのは、いつも少数派の正直者。ドイツの政治や世界的な環境問題を見ていると、そんな正直者なんてひと吹きされてしまうような、厳しい状況だなあと思います。

そんな中で、働いて、高い税金を納めて、生きていく。

色々な感情がもちろん渦巻くし、がくんと力が抜けてしまうことも多い。

色々な意味で“自分の生き方”を問われるのが、最近の私のドイツ生活です。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-09-30 18:57 | 政治・Politics・Politik

32歳のファミリーミニスター

今朝、子供を幼稚園・学校に送りに行くと、帰りのドアのところで、昨日パパとなった、娘の友人のお父さんに、ばったり。

「Herzlich Glueckwuensch!/おめでとう!」

と声を掛けると、満面の笑顔でとっても嬉しそうでした。実は、昨日生まれたのは、男の子の双子ちゃんで、もう上に2人(お姉ちゃんと弟)がいるので、彼は、一気に、子供4人のパパ、6人家族となった訳です。

そして、次女と同じクラスのフランス人のお友達のママ(パパもフランス人)は、今4人目を妊娠中。パパがいつも学校・幼稚園の送り迎えをしています。同じく、長男の友達のフランス人ママ(パパはドイツ人)は、既に4人子供がいて、みなうちの子達と、友達です。

・・・という感じで、今、なんだか周囲では、子供4人!が、新しいトレンドで、3人で驚かれていた我が家は、最近は、普通サイズのファミリー扱いになってきています。

ちなみに、日本でも最近声高に言われていますが、フランスの出生率アップはヨーロッパで大成功の例となっている通り、出生率は既に2.0を超え、ドイツに住んでいても、増殖(?!)しているのは、本当にフランス人ファミリーが多いので、日常的な実感もありです。

・・・でもでも、前にもブログで書きましたが、国は近くても、ドイツは、フランスとは、大違い!下手すると、日本よりも妊娠・出産・女性のキャリア・家族テーマに関しては、信じられないくらい保守的です。

上記の4人のパパとなった男性は、ドイツ人で、奥さんもドイツ人なのですが、実は今回、妊娠自体計画外で、しかも双子・・・という更なるサプライズ付きだったため、最初はとっても戸惑ったそう。将来的なことを考えると不安で一杯と話していましたが、でも、妊娠期間が進むにつれ、2人とも徐々に現実を受け入れ、「素晴らしくて、嬉しいことじゃないか。何とか超えていけるはず!」と、落ち着いてきて、双子ちゃんと出会える日を楽しみにしていたのを覚えています。・・・・・私も、周りも皆彼らを応援していますが、でも、今のドイツの状況では、きっとたくさんの困難があるだろうなあ・・・と、やっぱり心配にも思います。

前置きが長くなりましたが、、、、、

一方で、ライバル(?!)フランスに大差をつけられてしまった、負けず嫌いのドイツ政府は、この問題について、数年前から色々と新しい試みで、動き始めているのです。

そして今、大注目を浴びているのが、先日新しく、Familie Minister(ファミリー【家族】大臣)に選ばれた、フランクフルト近郊のヴィースバーデン出身の、若干32歳という若さのクリスティーナ・ケーラーさん(Kristina Koehler)さんです。
c0156907_18135475.jpg

なんと、メルケル首相から直接電話で、

「大臣になってみない?」

とお願いされたというエピソードもセンセーショナルで、保守派のメルケル首相も、遂に表面的でメディアの注意を惹くためのイメージ戦略に走ってしまったか・・・とも思ったのですが、、、

実はこの32歳の女性、かなり骨太な方です。地元ヴィースバーデンでは、14歳の時から、ジュニア同盟に所属し、既に政治的な活動を開始。24歳の時には、ヴィースバーデンドイツ政府期期間で仕事を始めています。そして、肩書きは、ドイツの階級社会で、若い女性として上に上がっていくためには、大きな助けとなる、「ドクター・Dr.」。そして肩書きだけでなく、イスラム系移民インテグレーションのエキスパートとして、大きな実績も既にあげているのです。

・・・姿もかわいらしいし、若く成功する人をうらやむ人々というのはどこにもいるもので、期待と同時に、批判の声ももちろん上がっています。その殆どが、若すぎる、家族がテーマなのに彼女自身子供を持っていない(ちなみにメルケル首相にも子供がいません)、などなどですが、これに関して彼女は、

「最初は自分が適任であるかどうか、もちろん自問したけれど、ファミリー大臣の領域である、家族、シニア、女性、ヤング(子供)を、全て網羅している人物なんて、どこを探してもいません。若いけれど、自分が作ってきた実績を考えれば、十分やっていけるはず」

と自信一杯に答えています。かっこいいですね♪

ドイツでは、2013年から「3歳以下の子供が保育園に入る権利」が施行されることになっています(現在は3歳以上の子供が幼稚園に入る権利が保障されているのみ)。同時に、同年2013年に「保育園に入れる代わりに、家で子供の保育をする両親は、その代わりにBetreungsgeld(ケアサポート金)を貰える」という、パラドックス(矛盾的)な法律の施行がされることになっていて、現在、熱い議論の的になっています。(この対立は、外圧・国際標準と、保守・伝統で板ばさみになる、現実の、揺れるドイツ、ドイツ人の価値観を現しているようで、興味深いです)

これに関しては、

「家で子供を保育する両親を保護することももちろん大事だし、一方で、保育園に早く入れることでの子供にとってのメリット(親や大人社会にとってだけでなく)、例えば言葉・コミュニケーション能力の早期からの発達なども、明確に認知されていかなければならない」

というもので、まあ全うで、その通り・・だと思います。でも、最後に、

「幸い、法律施行の2013年まで、まだ時間があるから、最良の解決方法を考えます」

と言っていましたが、ここには、やはり彼女自身、小さい子供を持つという切迫した問題を、持っていず、パラレルに経験していない現実が露呈してしまっている発言になっています。

今、保育園を探している家族、今、大学の勉強やキャリアをあきらめたくない女性は、どんなにがんばっても、2013年まで、新しい法律の恩恵に預かれないのです。

・・・冒頭に話した双子ちゃんも、2013年にはもう3歳、ぎりぎりで、保育園入園権利の恩恵は受けられないことになります。

そしてもちろん、もっと法律の保護が浅かった時代に、妊娠・出産と家族、キャリアで迷って、その結果、両立に苦労したり、何かをあきらめざるを得なかった人は、今だったら、違った道があったかもしれない・・・と、複雑な気持ちだと思います。

私も、2013年以降の恩恵に預かれなかったカテゴリーに入りますが、、、、、

言えることは、法律は遅い、政治は、現実の社会の様相やビジネスの世界、男女の関係の変遷に比べて、結局遅すぎるということだと思います。

環境が変わるのを待っていては、遅すぎることがしばしば。サポートがなくても、前例がなくても、障壁が一杯あっても、思い立ったことは、すぐに実行していくこと。・・・厳しい道だけど、周りが何を云おうが、法律がどうであろうが、自分の感覚を信じて決めていったことは、苦労が多くても、後悔はしないと思います。

・・・・・もちろん、ケーラーさんには期待しているし、頑張っても欲しいです♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-02-17 18:44 | 政治・Politics・Politik

民主主義のプライス Der Preis des Demokratie

今日のハンデルスブラット(Handelsblatteというドイツの経済紙で、日本の日経に相当)で、またまた、面白いデータを見つけました(何だか今月は、目がデータに向くようです。自分でも不思議・・)。
c0156907_18375639.jpg


「Teure Politik/高い政治」とのタイトルのもと、世界各国における選挙運動にかかるコストを、コストが高い順に、リストアップしています。

わが国日本は、トップのイスラエル、メキシコ、オーストリア、イタリアに続き、世界で5位

ドイツは、5位の日本の後、スウェーデン、ポーランド、スペインに続いて、世界9位。ちょうど、真ん中辺りのイメージです。

反対に選挙運動にかかるコストが低い国は、一番下から、オランダ、イギリス、オーストリア、デンマーク、スイス、アメリカ、カナダなど

最後に大きく、
c0156907_1844295.jpg

「Gute Demokratien brauchen kaum Finanzspritzen」・・・「良い民主主義は、大きな財政注入を必要としない」と、書かれています。

・・・確かに・・・。日本の順位、ドイツの順位とも、様々な角度で、色々読むことができる興味深いデータだと思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-10-20 18:47 | 政治・Politics・Politik

最低賃金とドイツの棲み分け社会、グローバリゼーション

先日もお伝えしたように、私の住むヘッセン州では、選挙が近くなり、至る所に各党のスローガンや、公約が書かれたポスターが貼られていますが、ポスターのイメージや内容をよく読んでみると、今のドイツ社会が見えてきて、とても面白いのです。

「10万の新しい仕事とポジションをを約束!(具体的な数字を入れているのが、とてもドイツらしい)」by CDU(キリスト教民主連盟・保守派)や、「ドイツの未来のために、子供・学校に投資!先生の数を増やす!」by FDP(自由民主党・リベラル派)などをはじめ、それぞれの党の候補者が、様々なアピール。選挙は結局は、いかに、人の共感と票を集めるかにかかっているので、これらのスローガンを見れば、今のドイツの問題や、人々の思いや潜在的な願い等が浮かび上がってくるのです。

私が面白いと思ったのは、SPD(社会民主党:Sozialdemokratische Partei Deutschland:ドイツの元首相シュレーダーさんを出した党)のこのポスター。
c0156907_7154966.jpg

訴えているメッセージは、「Jeder kann fuer Mindestloehne stimmen/全ての人が、それぞれふさわしい最低賃金を得るべき!」

SPDは労働者中心の政党とも言われるようですが、お気づきになられたかもしれませんが、ポスター向かって左側のカチッとしたスーツを着た中年の女性と、右側のブルーの作業着を着た男性、同じ“労働者”といっても、いわゆる“違うカテゴリー”に存在します。そこまで意識してこのポスターが作られたかわかりませんが、女性が着ている白いブラウス(ホワイトカラー)と、男性のブルーの作業着(ブルーカラー)の違いです。

イギリスのような身分の差としての、階級の違いはないドイツですが、ホワイトカラーとブルーカラーという階級差は、日本に比べると歴然としてあります。遡っていくと、背後にはドイツの教育システムもあり、職人や技術者を養成する専門学校と、大学を目指すグループと、子供たちは10歳で決断するところ辺りから、かなり明確に分かれていきます。

私が面白いと思った点は、階級差があるなしに関わらず、SPDは「ホワイトカラー、ブルーカラーとも、全ての人が、それぞれの納得する最低賃金を得るべき」と一貫したメッセージで、どちらのグループからも(働く人々全てということです)支持を得ようとしているところ。全てのパイを押さえる・・・賢いですね。

この「最低賃金を得るべき」という意味は、ドイツに長く住んでいないと良く分からない方も多いと思うので簡単に説明すると、ドイツでは数年前から、例えば、コンピューターエンジニアでも、カフェのウェイトレスでも、職種に限らず、汗水流して働いているのに文化的な暮らしが出来ないほどに賃金が低く、下手をすると、失業手当など各手当で仕事をせずに暮らしている人々の方が、良い暮らしをしていたり・・・という社会矛盾が生まれ、この「最低賃金」という概念が、人々の支持をぐっと集めるようになったという背景があります。

手厚い社会保障がウリ(?だった)な、大きな政府であるドイツは、元気に一生懸命働く人々には重税で、社会的な弱者(失業者、身体障害者、移民・難民などの外国人)を必要以上に(?)保護することで、矛盾はもちろん、それぞれ別の利害を持つ人々の中で、更なる嫉妬や、怒りを揺り起こすことになってしまっているという現実があります。人間は楽な状態から脱出するのはとても難しいので、政府に面倒を見てもらうことを当然と思い、就職活動さえしなくなるまだ20代や30代の若者や、大きな怪我をしたり、時には自分で自分を傷つけ、障害者の身分でいることを保持しようとする人なんかも、嘘のようですが、沢山いるのです。

・・・反面、ドイツも日本など他の先進国に紛れず、このような社会保障をしていくことは、将来的(もう現在も既に)に、不可能になってきています。そしてやはり同時に進行する、格差社会。持てるもの、持たないものの差(日本で言う、勝ち組、負け組ですね)については、最近ドイツのインテリ雑誌Spiegelでも、特集で取り上げられるほど、ドイツでも非常にホットなテーマです。

日本やアメリカのような資本主義でないドイツは、社会や人々が、それぞれの立場の声を明確に上げて、しつこいというか、とても“政治的”なので、この急激なグローバリゼーションに、ものすごい反動があがきがあるのも事実です。頑なに外国を批判するだけだったり、現実を見ることができない人も沢山いますが、外国に頻繁に行ったりしていて、時代の流れに敏感な若い世代は、世界の現実に気づき始め、重たい腰をあげてきています。

独立や起業も、ここ数年、以前に比べてずっとドイツ人にとって、現実的な選択肢になってきたんです。・・・こんなところも、日本と似ていますよね。大前研一氏は、「日欧米と、社会現象や市場が同時進行しているのが現代」というようなことをどこかで述べていらっしゃいましたが、本当にそうだなあと感じるこの頃です。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-01-22 07:15 | 政治・Politics・Politik

選挙運動、高いところにポスターを掲げる理由。

今、私の住んでいるフランクフルト(ヘッセン州)では、選挙が近くなり、政治家の笑顔と様々な選挙公約を告げるポスターで、街中があふれかえっています。

ポスターは、車を運転中でも、歩道を歩いていても目に入りやすいように、大抵のものは、人間の身長以下くらいの高さに貼られているのですが、その中でも一党だけ、どんな大男がジャンプしても届かないような高いところ、とても見えにくいところにポスターを掲げている党があります。その名もNPD。
c0156907_654643.jpg

「私たちは、片付ける」という直接的でアグレッシブなドイツ語表現と、白い羊が、黒い羊(主に外国人などを意味している)を追い出しているイラスト。極端な右翼の党です。

ドイツでNPDを支持している人(本格的な右翼)は少数ですが、確実に存在しているのは確か。資金力があるのか、ポスターの数では、他の党より勝っているくらいの感覚です。誰も届かないような高さにポスターを貼るのは、簡単に剥がされたり、壊されたりされないようにするためなのです。

現に、NPDがポスターを貼った後、数分後には、すぐに全て剥がされたり・・・というのもよくあること。NPDとしても、それを見越した行動なわけです。

それでも、どうやってこんな高いところに登った?のか、このポスターは既に、緑色のペンキがかけられています。この通りでない、他の通りのポスターは、全てグレーのペンキがかけられていました。NPDに反対する人々の主張と行動です。
c0156907_662223.jpg

NPDの下に、赤地に黄色文字は、対抗軸DIE LINKE(左翼)のポスター。
c0156907_67224.jpg

ポスターを高いところに貼ったり、ペンキをかけたり、、、どちらもどっちで、幼稚?そんなことをやっている暇があれば、他にもっと生産的なことをすれば?とも思ってしますが、日本の白けた選挙と比べると、やっぱりヨーロッパは、まだ「政治」が強い国なのかなとも思います。

立場の違うもの同士の意見のぶつかり合い、主張の行き違い、時には生活や命が関わることもある自分自身の利益追求など、普段思っていることが、顕著に言動に出やすくなるのが、ドイツの選挙時期でもあります。ドイツには、外国人問題という深~い問題もあるのですが(他にも沢山の問題があると思いますが)、ちょっとこすれば火がつきそうな危険さと緊張感がいつも日常生活と隣り合わせ。

日本にいると、戦って何かを勝ち取るとか、生き抜くとか、そんな切羽詰った状況になることは滅多にないと思うのですが、それがいいことなのか、悪いことなのかは別として、そういう姿勢や視野を持つことは、グローバルな社会の中では、実はとても大事なことでもあるということを、私はドイツで実感してもいます。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-01-16 06:07 | 政治・Politics・Politik