カテゴリ:ワークライフバランス( 4 )

隠れマッチョ?!なドイツ~男女同権50周年~

ドイツでは今、今年で男女同権が確立されて50周年ということで、TV・雑誌・ラジオなどを中心に、「50年たった今、一体どんな風に社会での男女の在り方が変わったのか?」というテーマの下、様々な特集が組まれていて、ホットな話題になっています。

シュピーゲル誌のタイトル特集は、対照的な2枚の写真からスタートします。

時は1956年、職業訓練校での女子用の料理クラス場面。「かつて主婦(Hausfrau)であることは、押し付けられた抑圧ではなく、特権(privilegiert)であった」とのキャプション入り↓
c0156907_21513198.jpg


2001年「公園でバギーを押す若い父親たち」ということで、「仕事のキャリアと同じように、子供のことをケアするようになった」と、キャプションがついています↓
c0156907_2155482.jpg


ずらっと並んだ歴代首相に加えられた、紅一点の現ドイツ・メルケル首相↓
c0156907_2156579.jpg


この他にも、女性の裁判官、パイロット、サッカーの審判員、株式トレーダー、ボクシング世界チャンピョンが進出してきたなど等、記事全体的に、男女同権法以降「確実に社会は変わってきている」というニュアンスが漂っています・・・。

同誌の表紙写真も然り↓
c0156907_22327.jpg

ドイツ語で、Emanzipation(「エマンチパチオーン」=「解放」という意味。単語の響き・意味共に、私のお気に入りのドイツ語の単語のひとつ)というリボンの下で、“男性”を象徴するムキムキな体つきの男性が全裸で小さく「何が、オトコには残っているの・・・?(Was vom Mann noch uebrig ist)」

・・・とこれだけでは、いかにもドイツの男女同権は戦後、素晴らしく発展してきた・・・というイメージを持たれかねないのですが・・・。
私個人の体験、周りを見回しても、そして公式なデータを見ても、私はドイツを、隠れマッチョの国だと思っています。

この特集で、私にとっては1番興味深かったのがこの資料データ(2005年時)↓
c0156907_22133639.jpg

男性の給与に比べての女性の給与をパーセンテージで表したものですが、上からフランス(89%)、スウェーデン(85%)、スペイン(83%)、アメリカ(81%)、イギリス(79%)、ドイツ(76%)、そして日本のデータ(69%)も入っていました。

ドイツは、ヨーロッパの中でも下位であるし、多くのドイツ人が典型的な男尊女卑の国と疑わない日本とも、たった7%との差です。(しかも最近の日本は、ダイバーシティーという名目で、企業が女性活用、条件の向上などに大きく動き出していることを実感しています。日本は動き出したら、何でも早いですものね)

面白いのは、平均出生率2.0を誇る、トップのフランスです。男性との給与差が少ないが故に、女性は自信を持って堂々職場復帰することが出来る→生活レベルを格段に落とさずに済むので、男性からも尊敬される→男性も協力的になる(=時に彼らが育休を取る)→高い月謝を払っても保育園に子供を預けることが出来る→保育園の数はますます増え、質も上がる→女性も社会も活気付く・・・と、良い循環が生まれているのでは?と思いました。

ドイツは、上記のようなフランスのような好循環がないため、76%という数字以上に、メンタルな面でも女性が自信を持てていない状況があると感じます。そして同時に、残念ながら「そうしておきたい・・・」というドイツ男性たちの本心が潜んでいる気がします。

ドイツ人の女性は、身長が170、180センチくらいの人も沢山いて、見かけはとっても強そうなのですが、実際話してみると、パートナーの男性の顔を伺いながら、自信無げに不安そうにしていることも多いのです・・・。そんな人たちにとっては、男尊女卑の国出身の筈の、私の元気さやエネルギーが、とっても不思議に写っているようです。もちろん、ドイツにも筋金入りのキャリアウーマンも沢山います。また、主婦として家をしっかり守り、PTAや教会活動に積極的な人々も沢山います。皆それぞれ、ああでもない、こうでもない、と試行錯誤しながら、頑張って人生を生きているんですね。自分自身が納得して、満足感があって、人や社会に貢献できるのであれば、理想の生き方モデルは千差万別、無数の成功型があるのではないかと思うのですが。。。

先日、幼稚園のドイツ人女性のママ友達と久々会ったのですが、いつもニコニコで、肌も輝いていた彼女が、別人のようにげっそりとなってしまっていて、とてもショックを受けました。

最近いつもパパが幼稚園にお迎えに来ているな~とは感づいてはいたのですが、彼女は、育休から3年ぶりに仕事に復帰したのだそうです。「パートは許されず、戻るのであれば、出張なども沢山あるフルタイムの席しかない」という条件で、意を決して、戻ったのだそうですが、とても幸せそうには見えませんでした。パパは元々自営業だそうですが、今は彼女がフルで復帰してしまったので、自営業をお休みして、ベビーシッターの手も借りず、2人の小さな子供をたった1人で世話しているとのこと。・・・・・残念ながら、こちらもとても辛そうなのです。子育てに積極的に関わったり、妻を応援したいことは確かだけれど、働き盛りの年の男性で、24時間を慣れない子育てだけに取られてしまう辛さは、簡単に想像がつきます。

彼女はとても優秀だし、本当に頑張って欲しい!とは思っていますが、反面、あと数ヶ月続かないのではないかなあ、と不安な気持ちです。きっとこのままでは、パパかママ、あるいは子供が限界を感じてしまうことでしょう。

彼女の仕事は、環境関連の専門職ということなのですが、人間の基礎である家庭の“環境”を壊してまで貢献しなければならない“環境”の仕事って、一体どういうものだろう・・・?という皮肉を感じてしまいました。何か大事なことが抜け落ちていると思います。何のために生きるんだろう、何のために働くんだろう・・・。

50周年ということで、もっとこのテーマが深く掘り下げられ、制度・メンタル改革がスピードアップされることを、本当に願っています。

(イメージ写真:2008年6月23日号Nr.26 Der Spiegel誌より抜粋)
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-07-02 23:32 | ワークライフバランス

Tour de Frankfurt

念願だった自転車を、とうとう昨日購入!日曜日の今日は、早速家族とサイクリングに出掛けてきました!“マイ・自転車”↓
c0156907_4385948.jpg

思えば、最後に自転車に乗っていたのは、まだ大学生だった頃なので、10年以上前になります。横浜の実家から東京の大学に通っていたのですが、家から最寄りの駅まで、自転車で約20分くらいの距離を、いつも自転車で通学していました。坂も、でこぼこ道も多く、運動系のサークルではなかったものの、ある程度体力が維持できていたのは、これが良い運動になっていたのかも・・・と、今となっては思います。

・・・が、東京で就職し、ドイツで転職し、妊娠し、子育て・・・という中で、すっかりご無沙汰になっていた自転車。子供3人が、赤ちゃん期を卒業した今、自転車ライフが復活できることになったのです!

久々のサイクリングは、本当に気持ちが良かったです!新緑がとてもキレイなので、リフレッシュ効果も抜群。癖になってしまいそうです。

子供たちもパワー全快!先頭で、ひとりで飛ばしてしまい写真に写っていない息子。次に続く、長女。次女は、先回のサイクリングで、途中棄権し、帰り道におんぶ&自転車を抱えて帰ってこなくてはならなくなり、私と主人はへとへとになってしまったので、今日は格下げで(笑)、ベイビージョガー(Baby jogger)。主人によると、スピード狂の彼女は、ジョガーの中でも、「Schneller, schneller(速く、速く!)」と叫んでいたそうです。
c0156907_583696.jpg

実は今回、自転車をついに購入したのは、大きく2つの理由がありました。1つ目は、息子が先月から、日本語の補習校(毎土曜日に、日本語を習得するための公益法人で、世界中にネットワークがあり、主に海外在住の日本人子弟や、我が家のように父親か母親に日本人を持つ子供たちが通う学校です)に通い始めたのですが、学校が、ちょうど自宅から電車で一駅分くらいのところにあり、電車で通うには近すぎ、徒歩だと5歳の子供には少し遠いかな・・・といった状態で、これ位の距離には、自転車がピッタリ!と思ったことでした。

もう1つは、ちょうど今拝読中の本の影響。↓
c0156907_4505398.jpg

勝間和代さんという、経済評論家でベストセラー著者でもあり、今日本でとてもホットな方なのですが、効率的な時間管理・時間投資法のプロである彼女が、都内の移動に自転車を使っていて、それが、毎日の生活でものすごい時間の節約(+体力づくり+お金の節約)になっているということを知ったことでした。

本の中には、彼女の愛用自転車の写真もついていました↓
c0156907_4535832.jpg

ナビもついていて、道に迷ったりして時間をロスしないようにしているそうです。
・・・そういえば、私の友人で、ドイツ在住の女性起業家のKさんも、自転車移動されているということを思い出し・・・。

ライフにも、ワークにも、自転車を取り入れてみて、どれだけバランスが向上するか、変化があるか、とても楽しみです。毎日ちょうど良い気温の、気持ちの良いお天気が続いていて、雨の心配も断然少なくなってきたし、いい予感がします♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-05-05 05:00 | ワークライフバランス

ウーマンズキャリアナビデビュー!

女性のためのワークライフバランスをテーマに、キャリアコンサルタントが様々な有益情報を提供するウェブサイト「ウーマンズキャリアナビ」。

この中で、キャリアコンサルタント推薦の「輝きWOMAN BLOGコーナー」のインターナショナル(international)部門に、本日より、私のこのブログ「グローバル インナーマッスル」がリンクされました!

Lifestyle、Groumet、Beauty/Health care/Fashion部門など、それぞれの分野ごとに、今一線でご活躍している著名な方々のブログが並んでいます。私のブログと同日、サイトアップとなったのは、なんと女性囲碁棋士の梅沢由香里さん。大変光栄です♪

ライフワークバランス、日々模索・葛藤中ですが、私にとっても一生のテーマになりそうです。「ウーマンズキャリアナビ」は、幸せに、充実して生きていくために、色々なヒントになる情報が詰まっているサイトですので、是非ご覧くださいね。それにしても、日本は今、女性のパワーがすごいですね!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-04-29 03:25 | ワークライフバランス

私たちもそうなりたい!出生率低下に悩むドイツのあがき

旬な時事・社会問題を取り上げることで人気のドイツの雑誌「Stern3月19日号」に、ドイツ語で「So wollen wir das auch(私たちもそうなりたい!)」というタイトル↓
c0156907_648118.jpg

で、ドイツや日本など、出生率低下に悩む先進国をよそに、出生率アップに成功しているヨーロッパの各国の状況を、それぞれの国の具体的な家族のケースを取り上げて、その原因や秘密を分析している興味深い記事を見つけました。

ドイツは、高い税金や手厚い社会保障のイメージから、「保育園や働く女性への保護も整っている」というイメージを抱かれやすいのですが、外国人や失業者保護に比べて、子育てと女性のキャリアの両立、新しい家族像・・・という分野は、ヨーロッパの中でも、実は大きく遅れをとっています。実際、3歳以下の子供の入れる保育園の数は本当に少なくて激戦、また3年間の育児休暇が取得できるものの、実際復帰しても同僚や上司の理解が得にくく、両立が難しくて結局退職を迫られるケースも多く、そんな背景もあり、キャリア志向の高いドイツ人女性は、子供を持つことに本当に躊躇しているのです。平均出生率1.4(2007年予想)という数字がまさに、現状を語っています。

記事のスタート、トップバッターは、教育分野でも今、世界的に注目を集めているフィンランドの家族のケース。全ての母親は出産後、自分が今!と思ったときに、仕事復帰ができるのだそうです。保育園探しなどに奔走する必要は全くなしで、保育園、幼稚園、シッターのいずれか、またはそのコンビネーションを、自分の働くスタイルに合わせて、自由に選べる・・・夢のような国。平均出生率1.84(2006年)↓
c0156907_743027.jpg

次のケースは、ドイツのお隣の国だというのに、文化もメンタリティーも、そして女性のキャリアと子育ての状況も全く異なるフランスの例。やはり国の対策がしっかりしていて、保育園、幼稚園、そしてシッターを友人の子供と一緒にシェアをするなどして、3人の子育てをそつなくこなしている41歳のドキュメンタリー映画製作者の女性。2週間の撮影旅行に子供3人を置いて出かけることもあり、夫とは仕事も子育ても基本的には50%50%シェアで、お互い仕事が大変なとき、ストレスが溜まっているときなどは、そのときに応じて子供の面倒を見る割合を増やしたり、減らしたりして、柔軟に助け合うのだそう。これによって、お互いファイナンシャルにも頼りあうことなく、真に尊敬しあえるとのこと。・・・理想的ー!・・・でもこれも、国や職場の保護や理解があり、そういった共通の価値観が社会で既にシェアされているからこそ、可能なことなのだと思います。フランスの平均出生率は、なんと2.0(2006年)↓
c0156907_7113015.jpg

同じく、ラテン系の国ベルギーも、とても上手くいっている国。写真のパパママは、2人とも編集者で、産後数ヶ月で「もう家に居すぎた」と感じたママは、さっさと職場復帰したとのこと。保育園の数と保育者の質が高いからこそ、安心して預けて働くことができるのだそうです(平均出生率1.74 2005年)↓
c0156907_7161382.jpg

4人の子供を持ち、マネージャーとして働くアイスランド人女性。アイスランドでは、「仕事か家族」なんていう選択肢は存在しないのだそうです。「どちらも」ということが、既に当然の基本前提になっている国なので、出張でドイツに来た時に、「どうやって4人の子育て仕事を両立しているのか?」とか、「あなたが働くことに関して、ご主人は何て言っているの?」など聞かれて、「なんとも変な質問だ」と感じたそうです(平均出生率2.08 2006年)↓
c0156907_7203715.jpg

そして最後は、ドイツ・ミュンヘンの家族のケース。仕事復帰を目指し、9ヶ月の娘のためにミュンヘン中の保育園を探し回るものの、最初の申し込みの時点で、「あまり期待しないでくださいね」という浮かない返事ばかりで、実際断られてばっかりだったのこと。必死で探し回ってから7ヵ月後にやっと奇跡的に保育園が見つかり、なんとか仕事にも戻れたものの、近くに住んでいる両親の手を借りて、やっとのことで日々をこなしているという厳しい現実で、そんな状況で2人目や3人目なんて、本当に考えてしまう・・・と、深刻でかなりストレスが溜まっているという感じ↓
c0156907_7364852.jpg

それもその通りで、ドイツでは保育園も幼稚園も午前中までのところが多く、フルタイムの仕事をしようと思ったら、やはり両親に手伝ってもらうなどもなければ中々難しいのです。ミニジョブと呼ばれる税金控除対象の月400ユーロ以下が原則のパートタイムの仕事であれば、まだ現実的ですが、たった400ユーロのために、そこまで奔走して、周りにお願いして、、、となると、渋ってしまう女性が殆どなのです。400ユーロなんて、保育園代とシッター代ですぐに消えてしまうし、子供の面倒を見てもらう両親には頭が上がらず、感謝し続けなければならないし、貴重ですぐ過ぎてしまう赤ちゃん時代を見逃すことにならないか、母親としての義務を果たしていないのではないか、周りには批判されないか、、、などなど、結局はお金や家族のためというより、自分の「自己実現のために働きたい」という意思を、常識や周りの反対を覚悟して通さなければならなくなるので、物理的にも精神的にも女性にとっては大きな壁になっています。

出産前に長くキャリアを積んでいて、元の職場に戻るといったケースならまだしも、若くキャリアが浅い時点で産休に入った場合は、保証されたポジションも特になく、また最初からスタートという感じに近くなってしまい、また独身で子供がいない女性は100%キャリアに集中できる環境にあることから、そういう人々がライバルとなってしまう現実に、これから小さい赤ちゃんと家族とを優先した上で、キャリアを形成しなければならないというプレッシャーで押し潰れそうになってしまうのです。

私はまさに後者のタイプでもがいたケースでしたが、それでも最後は、自分のわがままを突き通した感じになりました。子供が3人になった時に、会社で働くという選択肢を100%諦めて起業しました。会社勤めの方よりずっとストレスが少なく柔軟性があるので、その点はラッキーだなとも感じますが、国の対策が整っていないドイツで無理矢理諦めずに実行しているので、大変なこともあります。それでも自分で選んだことなので、幸せです。・・・女性が勇気を持つことも大事だけど、でもやっぱりこの問題に関しては、成功している他のヨーロッパの国の例を見ても、絶対に国の支援が必要であるとも強く感じます。
ドイツの状況は、フィンランドなどに比べて30年遅れてると言われてますが、ため息をつくだけで諦めないで、本当に早急にどうにかしなければならない問題だと思います。女性の自己実現云々・・・を超えて、沢山のハッピーな子供と、やっぱりハッピーなママがいなければ、国の力が確実に衰えていくと思うのです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-03-23 07:58 | ワークライフバランス