カテゴリ:音楽・Music・Musik( 1 )

Adele 「Someone like you」

最近、大ファンになってしまった、イギリス人の女性シンガーAdele。

まだもし、彼女をご存知でない方は、こちらを是非!聴いて下さい。

寒く、暗い季節になって来たせいもあるのか、じ~んと染み入る声と歌詩です。基本は失恋の歌ですが、未来と過去に気持ちが揺さぶられながらも、まだ生きている思い出を抱いて、自分で自分の気持ちを前に持っていこうとする、ポジティブな生きるエネルギー、人間の孤独と強さを同時に感じさせるような、そんな歌。まあ、まずは視聴してみてください!!!

Adeleは、ボリュームがある体型で(でも、だからこそ、あんな素晴らしい声が出せるとも言える!)、いわゆる型にはまった美女ではない彼女ですが、その圧倒的でゴージャスな存在感と才能は、保守的なイギリスの音楽業界では、デビュー当初は、もう彼女をプロモーションしないということが不可能になるような状況だったということで、そういう意味でも型破り。素顔のインタビューも見たことがありますが、とっても豪快で爽やかで、親しみやすい感じ。

また彼女を不動のスターにした、大ヒットしたアルバムは、別れたかつての恋人との時間がインスピレーションになったということで、なんと信じられないことに、その元恋人の男性は、毎日のようにAdeleに電話をかけてきて、「Adeleがスターになれたのは、元恋人(自分)というインスピレーションがあったから」というのを理由に、お金をせびってきているとのこと。絶句・・・冴えない男は、みずぼらしいですね。

ユーチューブでのコメントで、誰かが、「She is not from this planet」「Fucking perfect!」と言っていました。本当に同感♪

本物のアーチストというのは、私たちの気持ちを、最上な形で昇華させ、洗練し、表現してくれるんですね。人の心に栄養を与えることが出来るという才能を持ち、それに自ら気付き、磨き、開花させ、そして多くの人に受け入れられる・・・という経験が出来る人は、本当に幸せな人といえるのではないかと、自由に才能を羽ばたかせているAdeleをみて、思いました。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-11-20 01:05 | 音楽・Music・Musik