カテゴリ:本・Books・Buecher( 5 )

ONE DAY

久々に、英語のペーパーバックで小説を読みきりました!
c0156907_3233174.jpg

タイトルは、ONE DAY。David Nicholls原作の、ベストセラー。既に映画化され、全米では今年の夏に既に上映、ドイツでも11月に上映予定のようです。映画は「プラダを着た悪魔」主演のアン・ハタウェイ主演で、イギリスを舞台に、大学時代から20年に渡るEmma(アン・ハタウェイ)とDexter(ジム・スタージェス)の友情とロマンスを描いたもの。You Tubeで見つけた、オフィシャルトレーラーは、こちら

ロマンチックでありながら、現実離れした夢の国の物語でなく、「ありがち」ナエピソードが混じり、登場人物やセリフにリアリティがあるラブストーリーが、基本的に私の好み路線。そんな意味では、軽く読めて、共感を呼ぶお話でした。ただ、ものすごいハンサム役としてでているジム・スタージェスが、あんまり好みでなかったのが残念。・・・というか、Dexterのキャラクターがどうしようもない系の男で、それと裏腹に、Emma(アン・ハタウェイ)が輝くような、、、そういう構成に意図的に俳優を選んだのかもしれません。

これから本を読んだり、映画を観たりする方も多いと思うので、あまり詳しい中身には触れませんが、このストーリーは、大学を卒業してから始まった2人の関係のその後約20年、時に一緒に、時に離れながら、それぞれ通過していく平凡な日々やキャリア、ライフイベント(結婚や出産)などを通して、2人の関係も常に微妙に重心を変えてくプロセスが、丁寧に描かれています。最初(学生時代)は華やかで、ぱっとしないEmmaに殆ど気を止めなかったDexterが、最後には、マイペースで忍耐強く人生を歩み、人生の不公平さや辛さを身を持って味わってきたEmmaを追っていく・・・と、段々と立場が逆転していくのです。・・・そして、最後の結末・・・。

アン・ハタウェイは、ハリウッドでは、ラブ・コメディの典型的な主役タイプという、位置づけのようですね。プラダを着た悪魔のイメージが強いからだったかもしれませんが、可愛いけれども、ちょっとダサ目で、インテリで素直で正義感が強く、見かけも、クールなブロンド美人とはちょっと違って、万人受けでなく好みによる・・というところ。私は普通に好きな女優さんですが、ヨーロッパでは、女性の目からみて、好き、嫌いが分かれる女優さんのようです。

例えば今回は、イギリスが舞台の小説の映画化・・・ということで、アン・ハタウェイを嫌いな女性は、「彼女の英語が、イギリス英語でないから、原作が台無しになってしまった!」というレビューだったり、一方で、ファンの女性からは、「でも他にイギリス人の女性で、Emmaの適役はいないのでは?」という指摘があったり、中々面白くて、思わず読んでしまいます。最近他には、イギリスの女優、Keira Knightleyがロシアの「アンナ・カレーニナ」を演じることに決定し、インタビューで「ロシア風英語でなく、そのままイギリス英語でいきます!」と断言していたのが、興味深かったです。原作に忠実というより、自分のオリジナルを通す・・・「原作勝負か?」「女優(主演)勝負か?」ということで、強気な女優さんの場合、歴史的な文学作品やベストセラー小説の映画化というプレッシャーを前にしても、「自分色で!」と思えるんですね、すごい自信!

最近は、私はどんな本でも、本からそのまま大きな影響を受けることが少なくなってきましたが・・・

それでも久々に読んだ小説、このONEDAYからは、Emmaが、パリに住むことになり、ジーン・セバーグの真似をして、ショートカットに髪を切り、エアポートでDexterを迎える場面があるのですが、、、、、なぜかこのシーンに影響を受けて、私も髪をばっさりカットしたくなり、翌日に、バサッと、数十センチきってしまいました!(・・・というか、この小説を読まなくても、カットしなければならないほど、伸び放題だったのですが・・・)

あとは、Emmaは後に、ロー・ティーン向けの少年・少女向けのラブストーリー本(絵本と小説の間のような存在)を書く作家になるのですが、私は生まれて初めて、この小説を読んだ後、はじめて、小学校低学年向けのラブストーリーというカテゴリーを意識するようになりました。・・・日本だと、児童向けの絵本があって、その後は、子供向けのラブストーリーというカテゴリーは殆ど存在せず、いきなりスキップして、エッチな感じの少女マンガや小説になってしまうイメージがあって、この中間存在が抜けているために、子供たちが、本来は美しいものである、「人を想う気持ちとか、慕う気持ち」をきちんと理解せず、いきなりギラギラの商業社会の愛や性に浸かってしまうようになるのが、前々から残念なことだなあ・・・と思っていたのです。そしてこの時期に作られる男性・女性観は、一生影響するのでは?と、実際大人になった同年代以上の人々をみると、さらに強く感じます。なので、本来はもっと、商業主義作家でなく、どちらかと言えば、児童作家がもっと社会的責任に気付き、やりがいを感じて、「教育」として、舵取りをすべき部分なのではないかなと思うのです。親も、小学校低学年から中学年にかけてという時期は、熱心に読み聞かせをしていた幼児期・児童期を過ぎて、「日常生活の世話」という面では手がかからなくなるため、ふっと肩の荷が下りて、油断してしまう時期だと思うのですが(赤ちゃん時期から続いてきた子育て疲れも溜まる時期!)、最初頃、読み聞かせに持っていた情熱を、この時こそ持ち続けないと、折角のそれまでの努力が無駄になってしまう可能性があるくらい、実は敏感な時期なのでは?とも思ったりします。(この後には、本格的な「思春期」がやってくるわけですが・・・。この「思春期」に関しては、逆に、過剰ともいえる反応がある気が・・)

・・・でもやはり、真面目国・ドイツは、流石!小学生低学年の子供向けに、微妙で繊細なテーマを取り上げた本が割と多くあって、この中間層の空洞を憂えている作家たちが、本を通して、本来の素朴な意味での「恋」や「友情」の気持ちをメッセージとして伝えています。

例えば、うちの7歳の長女が、今年の誕生日にお友達からプレゼントされた、この本。
c0156907_2563594.jpg

男の子と女の子の恋の気持ちが少し入り混じった友情を描いた内容で、優しいタッチの絵と言葉で綴っています。
c0156907_3115634.jpg

細いリボンで出来たしおりの先についた、お風呂で本を読むネズミを模ったマスコットも可愛い♪これに惹かれて、子供が書店で、この本を手に取るかもしれません!こういう細かい演出も、難しくなってくるお年頃の小学校低学年の少年少女の心を掴むには、見落とせません。

この本の中では、男の子が、女の子を慕う気持ちが、自然な流れで描かれているのですが、その気持ちを、大人も使うドイツ人の恋をしていることの形容、「“Schmetterlinge im Bauch(蝶々がおなかにいる感じ)”」と描写していて、これによって、半無意識に「蝶々がおなかにいる感じ」を小学校で味わい(?)、もやもやしている子供たちは、本を読んで、「これは・・・」と、恥ずかしいことでなく、自然なことであると“気付き”を得るわけですね。このWahrnehmung(意識的認知)によって、無用にシャイになる少年少女が減り、ゆくゆくはオタク人口が減って、もっと健康的で素朴な恋する気持ちや優しい気持ちを持ち続けることの出来る大人たちが増えるのでは・・・!!と思うのは、私だけでしょうか?!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-09-16 22:58 | 本・Books・Buecher

アマゾンダイエット

食べること&甘いもの大好き、ジムに通う時間なし、耐えること、辛いことが苦手な私の唯一の成功ダイエット法が、アマゾンダイエットです♪
c0156907_163010100.jpg

そう、南米・アマゾン産のスリムプロダクトではなく(笑)、オンライン書店のアマゾン。本の虫の私は、本を読みふけっている時のみ、食べることも寝ることも忘れるくらいに没頭できるのです。知識や知恵を獲得し、間食をせずに済み、さらに脳は読書中、沢山糖を消費するので、ダイエット効果は抜群!・・・と望みたいところですが・・・

全てのダイエット商品と一緒で、ドイツでアマゾンダイエットを実行すると、とても高くつくのが難です。日本からの輸送は、依然は普通便とエキスプレス便を選べたのですが、最近はポリシーが変わったようで、エキスプレス便のみになりました。今回、約4万円分の書籍の買い物をした私の、エキスプレス代は、なんと1万円!!!
c0156907_16365399.jpg

そして、更に書籍、しかもエキスプレス便で日本からドイツに輸送される小包は、関税を免れることはまず無理で、毎回小包到着時に関税を支払います。合計金額に比例しますが、今回私に請求された金額は、なんと64.20ユーロ(これも約1万円)!!!
c0156907_17104792.jpg

恐ろしいことに、現物代+2万円を余計に支払っているのです。体のダイエットというより、これではお財布のダイエットですね(悲・・・)。

・・・でもアマゾンでのオンラインショッピングは、私にとっては譲れない、自分への贅沢&投資なのです。輸送代が高く、また本の冊数や重量に比例して金額も高くなるので、本選びは時間をかけて吟味します。ウェブや新聞記事を見ていて気になった書籍は、すぐにPCのアウトルックの「オリジナル・アマゾン本オーダーリスト」にその度に、コピペしておきます。更に付け加えたり削除を繰り返しながら、3ヶ月くらいの間に毎回約20冊ほど、買いたい本の一覧リストが出来上がります。そこでまとめてオーダーするわけです。

このアマゾンのショッピングは、3ヶ月に1回。つまり、春夏秋冬の季節ごとに年4回、生活に取り入れる“集中メンタル&ブレインケア”として、習慣化しています。これは、私が、GermanOrganicBeautyで、オーガニックビューティーアドバイザーとして、お客様に推奨しているドクターハウシュカのお肌の集中ケアの実施のリズムと頻度と同じです。肌も、心も、季節の変わり目には、バランスを導くためにも、よりレベルアップするためにも、集中ケアが必要!というポリシーからです。

GermanOrganicBeautyのお客様にとっては、私がドイツで日本のアマゾンから注文をするのと同様、ドイツという遠く離れた外国から、しかも決して安価ではないオーガニックコスメをオンラインショッピングされているわけで、アマゾンでオンラインショッピングをする時には、つい、私のお客様はこんな気持ちかな~なんていう思いも馳せながらオーダーをしたりもしてます。
実際、過去に一人のお客様は、私のアマゾンリストと同様、「いつも1~2ヶ月かけて、気に入ったオーガニックコスメを、GermanOrganicBeautyショッピングサイト上で、買い物篭に入れたり出したりしながら、最後に厳選吟味した商品をまとめてオーダーするので、到着した全商品に愛着を感じるのです♪」と、ご報告を頂いたことがありました。お気持ち、100%分かりますよ!

また最近はアマゾンでなくても、輸送代が少し安いなど、他の似たようなサービスも出てきていると聞きますが、やはり私はアマゾンが好きです。まず安心できるし、梱包はしっかりしているし、レビューを読めるので書籍選択の間違いは少ないし、アマゾン創業者のジェフ・ベソス氏にも共感と尊敬を覚えるしetc...。2番手や、猿真似には適わない魅力がやっぱりあるんですね。

商品が豊富で魅力的、レビューや説明(ブログ)も充実、梱包もしっかりで安心してオーダーできる・・・既に、このようなご感想をお寄せくださるお客様がGermanOrganicBeautyにも沢山いらっしゃり、とてもうれしい限りですが、もっと期待に応えられるよう頑張りたいと思います。

今日はアマゾンのことを書きながら、オンラインショッピング全般について、大切な気づきを得ました。これから3ヶ月、大好きな本たちを合間合間に時間を見つけながら読み、体はゆっくりダイエット、頭には沢山インプットをして、より大きなアウトプットが出来るように頑張りたいと思います。このブログでも、本のレビューをアップしていきますね♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-04-25 17:11 | 本・Books・Buecher

遅咲きのすすめ カラフルライフ 

最近ずっと、新刊の本ばかり読んでいましたが、久々に軽いタッチの本が読みたくなり、13年前(1995年)発行の本を、タイトルに惹かれて手にとってみました。
c0156907_7424499.jpg

プロフィールを見るまで気付かなかったのですが、著者は、あのノーベル賞受賞者の利根川博士を夫に持つ、元NHKディレクターの吉成真由美氏。3人の子供の母であり、外国(アメリカ)生活をされているという共通点もあってか、納得する部分も多く、また新たな視点も得ました!

ご自身もマサチューセッツ工科大学で、脳及び認知科学を専攻されているので、根本的な男女の脳の違いによって生じる「コミュニケーションにおける深い溝」など、なるほどという部分も多かったのですが、それ以上に、次の2点における彼女の鋭い観察眼と分析、そして明快な指摘が爽快でした。

一つ目は、女子高及び女子大出身の女性と、女性の性格形成と社会に出てからの活躍との関連・関係性について。彼女はある夕食会で、著名な社会学者のデイビット・リースマンという男性が、「一般的にいって、社会で長いこと活躍して、年輪を経ても威勢のいい女性というのは、女子大出身が多い」と言うのを聞いて、後から分析します。出した結論は、女子高・大の女性は、「自分が、実はこの世界では“2級市民である”ということ」を、人格や自己イメージ、社会性の形成期である10代後半~20代前半に“体験・実感”しなくて済むから・・・

具体的にいうと、女子高・大では、文字通り女子しかいないので、リーダーシップをとるのも、力仕事をするのも、全て女性。そんな環境の中、自分の将来への期待や自信が強まりやすい傾向があるとのこと。一方共学環境では、男性にそれらの役割を取られてしまい、またそんな空気や状況を“体験・実感”することで、自己規制してしまったり、1級市民(!)である男性から認められるために、いわゆる常識・世間一般的な「女性像」に自分を押し込んでいくようになっていくのだそうです。

・・・確かに、私の周りを見回しても、いわゆる男性から見た女性らしさや、世間体や、娘・妻・母という常識的な女性の役割を気にせず、男性を意識しないまでも、男性的に仕事をしていたり、野望を持っていたり、決断力や行動力があるのは、女子高・大出身が、圧倒的に多い!!!タイムリーな話題でいえば、超大国アメリカの大統領に今にも手が届きそうな、ヒラリー・クリントンも女子大出身ですよね!・・・面白いのは、彼女たちは、決して男性に好かれようと2級市民を演じることはなく、まるで(?!)1級市民のように振舞っているのに、なぜかそこが、とびきりセクシーで、美しいこと。・・・本音を言ってしまうと、2級市民を自覚して、女性らしさの枠内で生きている女性より、ずっと女性的(!)で魅力的なのです。逆に、男性でも、自然な女性的な要素を持っていると、男性としての魅力が増すような気がします。

昔は、女性らしい女性になるようにとの親の願いを込めて、女子高・女子大が人気でしたが、最近は、というか本当は、「キャリア女性、社会で長く活躍する女性を目指して欲しいかったら、子供を女子高・女子大に入れるべき」という、著者の発言も、ナルホドでした。・・・またこれもどこかで聞いたことですが、男性の場合、全寮制の男子校なんかに行くと、女性的な社会が出来上がることも多いそうです。・・・面白い現象ですよね!

1級市民と2級市民について、思ったより長く書いてしまいましたが、もう一つの面白かった著者の主張は、生きて行く上で、「私たち誰もが“エンターテイニングであること”の重要性」です。

~エンターテイニングといっても、なにも人を笑わせるということに限らず、仕事の内容や作り出すもの、性格、容姿、雰囲気などが、人をどれだけうならせ、面白がらせるかということです~同書48P より抜粋

具体的な例として、ピアニストやオペラ歌手などの音楽家でも、技術的な実力が同じくらいの場合、華やいだ人のほうにより人気が出るし、料理人だって、こだわりを持っていたり、新しいことを挑戦することをいとわないクリエイティブな人の方に、人は集まる・・・等など。

また、「世の中、よりエンターテイニングな人に金や名声や地位がついてくるようになっている」という指摘にも、同感。確かに映画俳優や、スポーツ選手などは、その典型例ですよね!

衣食住に困らず、明日の命をとりあえず心配しなくて済む先進国の人々の関心や興味を惹くのは、普通の人であっても、自分が相手にとって、どれだけエンターテイニングか!が、本当に重要かもしれません。

自分を振り返ってみると、エンターテイニングとまではいかなくても、私の場合は、「出会う人、関係を持つ人、プライベート、仕事・・・に限らず、どんな場面でも、常に何か新しい情報や視点や、刺激を与える存在でありたい」と思っています。人生の限られた時間、少しでも私という人間と接点を持ち、時間と空間を共有することになった運命の人々に、「この人はつまらない。何も学ぶことがない。時間を損した。」と思われることを、極力恐れているのかも知れません。「この人と出会って良かった」と、相手に思ってもらいたいから、おしゃれも、礼儀や愛情の表れであると認識します。ファッションや見かけに無頓着だったりするのは、実は“自分自身に無頓着”なのではなく、“自分以外の他人に無頓着”であることの現れだと思うのです。だから私は、外見も内面も、両方同じくらい大事!と考えています。

「エンターテイニングであるか」ということを軸に、人を観察してみると、実に面白いし、色々なことが見えてきます。中でも、“エンターテイニングでない人”が政治的パワーを持った時、“エンターテイニングである人”が、政治的パワーを持った時の、社会に及ぼす影響の差は計り知れないと思うのです。前者にブッシュ大統領、後者にヒラリー・クリントン氏かバラク・オバマ氏を当てはめてみてください。

“パワー”を目指すのでなく、“エンターテイニングな人間”を目指して生きていきたいものです♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2008-02-09 07:45 | 本・Books・Buecher

メイ牛山のもっと長寿の食卓

ハリウッドビューティーサロン社長であり、ハリウッド美容専門学校学長で、日本の美容界を率い、美容に関わる人を育てているということ、90歳を超えて美肌で、現役で活躍されていること、そして四季をベースにした独自の食事・健康法を紹介されていること・・・等など、私自身のオーガニックビューティーアドバイザーとしての職業上、またプライベート的にも、以前からとても気になっていた、メイ牛山女史の本。1ヶ月前に日本から到着したまま、本棚に並べられていたのですが、先日同女史が、96歳でお亡くなりになったということをニュースで知り、急いでページを開き始めたのでした。
c0156907_824794.jpg

まず一番気になっていた彼女の食事法はというと、生野菜と生水を絶賛し、お昼ご飯は抜かすことが多く、そして夜ご飯をたっぷりと、という提唱だったのですが、マクロビやアーユルヴェーダの哲学、及び理論と実践に、既に強く説得されている私は、残念ながら、あまり共感出来る部分がありませんでした。

ただ、「すい臓がんであと3ヶ月の命」と宣告された当時77歳のご主人を、強引に自宅に引き戻し、浣腸や解毒を中心とした彼女独自の方法で、完治させてしまったというところには、その事実にももちろん驚嘆しましたが、例えば、利尿作用のあるネーブルを旬でない時期には、「日本中探して取り寄せた」など、ご主人に対する愛情と、物事への徹底さ、簡単には諦めない粘り強さを感じ、流石はビジネスで大きな結果を残した方だけある!と感じました。

また自然食を始める前の40代の頃は、物忘れがひどく、やる気もアイディアもなかった、とのことですが、90代の今は、若い感性に全く劣らないアイディアが次々に湧き、家族からも会社からも、「アイディアウーマン」と評価されているとの事。講演会などでも、原稿を持たずに、全てその時の気分で話し、とても面白いと大好評を得ているそうです。これは、単に気分屋とか、怠惰とか、話しの才がある、ということではなく、「ニュースや旬の人に関する情報収集を常に行って、新聞の切抜きなどが、毎日の習慣になっている」というバックボーンがあってこそのものなのです。+色々なコトを体験してきた人生経験があってこその、「原稿なし」というスタイルなのでしょう。

それにしてもメイ牛山女史は、「人間の生物的な年齢と、精神・頭脳年齢は無関係」ということを証明している良い例だと思いました。「もう年だから・・・」という良く聞く言い訳を、決して許さない、という厳しさも感じました。

「遅すぎる・・・なんてことは、ない。思い立った時が、やり始める時。そして、間違ったり、寄り道をしたりしながら、何度だって、やり直してもいい」というメッセージ。

また生まれ持った容姿がモノをいうのは、せいぜい40代までで、それからは、「その人の生き方が、顔をつくる」とも。

亡くなるまでの数年は、日本にキレイなおばあちゃんを溢れさせようと、ますます仕事に情熱的にうちこんでおられたようです。

100歳、それ以上まで生きたいと、本書で言い切っていただけに、それが果たせずに亡くなってしまわれたのは残念ですが、これだけ仕事を残し、足跡を残し、人に元気と希望を与えた・・・という生き方は、とても素敵だなと思いました。果たして現代、どれくらいのご老人が、最後まで楽しく、人のためを思いながら、いきいきと生きられているのだろう、と思うと、彼女のようなケースは、本当に稀だと思うのです。

決して降ってきた幸福ではなく、自らが勝ち取っていったチャンスと、挑戦と実績。トライアル&エラーを包み込んだその全てが、最終的には充実した人生をつくるのだと思います。そしてそれには、年をとってしまってからではなく、出来るだけ若いうちからのコツコツとした不断の努力のみが、本当の生きる力となってくるのだと思います。

年を重ねるほど、美しく、賢く、優しくなりたい・・・と、思いました。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2007-12-18 08:24 | 本・Books・Buecher

Green is the New Black ロハスブームに終わりは来る?

今年9月に義兄の結婚式に出席するために滞在したロンドンで見つけた本。著者は、Tamsin Blanchardというロンドン在住の女性で、大学でファッションジャーナリズムを専攻して、ファッションエディターとしてキャリアをスタートし、現在はTelegraph Magazineという雑誌のディレクター。
題名の通り、エコやオーガニックを意味する「緑色(グリーン)は、以前の黒(ブラック)のような人気色になる」という大胆予測の元に、イギリスを中心とした現状のファッション界と、エコ・ロハスブームについて、かなり正直に書かれた本。
c0156907_0352514.jpg

ファッションエディターだけあって、デザインに妥協しない、あまり知られていないおしゃれなエコファッションのショップ情報(URL付き)が満載なのは、それだけでも収穫大ですが、もっと面白いのは、彼女のファッション界への正直なまなざしと告白。

現在は一線からは立ち退いている彼女ですが、かつては、ロンドン、パリ、ニューヨークをはじめ、世界規模のファッションショーがある度、飛行機で駆けつけ、ワンシーズンオンリーの流行のファッションについての情報を発信していました。・・・と、一昔前までは、多くの女性が憧れる職業と、ライフスタイルだったのですが、今、この職業、そしてファッション業界全体が、ものすごい批判の的になり始めていると、語りはじめます。

Fashion is ugly business!?(ファッション業界は、アグリー【醜い】ビジネス)。

例えば、エディターとして世界中を飛行機などで飛び回るという行為は、エコロジカルフットプリントをいやおう無しにも多くし、また、ファッションの命は、流行。そして「流行とは、すぐに廃れるもの」という宿命を背負っているために、今世界が目指し始めている持続可能な社会と、逆方向に突進しているということになってしまうのです。・・・別の言葉で言うと、トレンドの最先端を担うべきファッション界が、「一番遅れている」という自己矛盾を抱えてしまうのです。

こんなファッション界の自殺行為にストップをかけるために、今世界のトップブランドが、次々にフェアトレードやオーガニックコットンなどに移行し、エコファッションに流れてきているのです。現実は、慈善活動ではなく、あくまで生き残りをかけた“ビジネス戦略”なのです。

もう一つ、彼女の発言で興味深かったのは、多くのものに流行り廃りがあるように、「現在の世界的なロハスブームに終焉は来るか?」との質問に対しての、“ノー”という自信満々の答え。なぜなら、「環境問題は、すぐになくならないものだから」。世界的に本気で環境問題に対処したとしても、多くの専門家曰く、最低十年~数十年は、環境問題は引き続くとのこと。・・・ということは、ニーズと現状が続くということが確実である以上、ブームは去らないというのです。この部分は、私も特に大納得でした。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2007-12-12 00:35 | 本・Books・Buecher