<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ファッシング2009

ドイツでは、ファッシング(カーニバル)の時期に入り、お祭りムード一杯です。

昨日は偶然、買い物中に、ファッシングパレードに遭遇しました。
c0156907_1645126.jpg

あいにくのじとじと雨ですが、沢山の子供たちや大人が参加していました。

お店の通りをパレードすると、お店の人が、この日のために用意したキャンディーの袋を持って外に出て、子供たちに、ばらばらっ~と撒きます。この光景、いつも日本の節分の、「鬼は外~!」の豆まきのキャンディーバージョンのように見えてならないのです。

電気屋さんのおじさんも、、、
c0156907_16484920.jpg

お肉屋さんのおばちゃんも、、、
c0156907_16492644.jpg

パレードの最後尾には、ドイツの緑のパトカーと、オレンジの消防車。
c0156907_1650495.jpg

子供たちの幼稚園、小学校では、今日がファッシングパーティー。いつもより早起きして、息子は海賊、娘たちはプリンセスに仮装して、出掛けて行きました。
c0156907_16513055.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-24 16:52 | 文化・Culture・Kultur

太陽系システム

週末、幼稚園や小学校での子供たちの作品を、まとめて整理していたら・・・・・。

妹たちの塗り絵や工作に混じって・・・・・
c0156907_2345142.jpg

息子の、秘密知識バイブル(Unser Sonnensystem:ドイツ語で「私たちの太陽系システム」)を発見!!!
c0156907_23442173.jpg


先日のブログ「朝一番のプレゼント」で、息子のコメントに圧倒されてしまった・・・・という話をしたのですが、この学校で作った手作りリーフレットが、どうやら秘密の元だったようです。

全ては太陽あってのもの・・・。太陽からスタート。
c0156907_2348351.jpg

c0156907_2348443.jpg

c0156907_23491270.jpg

水の惑星、地球。キラキラしてます♪
c0156907_23494268.jpg

c0156907_23501745.jpg

c0156907_23523788.jpg

c0156907_2353539.jpg

c0156907_23532984.jpg

c0156907_23541041.jpg

・・・整理しながら、「ドイツ語でこう言うんだ~。なるほどねえ~」と、ドイツ語の勉強もさせて頂いた母でした。同時に・・・知識どころか、ドイツ語でもすっかり追い抜かれてしまってる(?!)ことを実感・・・。一応私はドイツで8歳、息子は6歳と、2年年上なんですが・・・若さ&現役小学生には適いませぬ。

オーガニックやビジネスの勉強をどんどん進めるうちに、最近は、宇宙の根源、生命の根源など、興味は果てしなく全ての大元に近づいてきていることを感じています。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-22 23:58 | モンテッソーリ・Montessori

朝一番のプレゼント

ここ数週間、体がずっと不調だったのですが、やっと元気になってきました!

数日前、体が辛くてどうしても朝起きれずに、その日は、本来私が子供たちを幼稚園に連れて行く番だったのですが、主人に急遽代わって貰い、いつもより長めに眠って大分すっきりした後、居間に行くと・・・。

子供たちからの、絵のプレゼントが・・・。
c0156907_17144085.jpg

朝のばたばたの時間に、3人で1枚の絵を、ママにプレゼントするために協力して描いた、ということで感動してしまいました(涙)。
アルファベットの文字は、6歳の息子が代表して書いたということですが、つい最近まで、ぶるぶるして崩れていた文字も、すっかり大人のような筆跡になっていて(私より上手かも)、成長の速さにびっくり。

・・・絵は、ピンクのハートや雪の結晶に混じって、黒くて雲行きの怪しい(?)空から降っている雨・・・が、ちょっと気になりますが・・・・、左端上からは、黄色い太陽が燦燦と輝いているので、まあ、色々あっても未来は明るいということでしょう・・・と、勝手に解釈させていただきました。

また、同日夜の出来事。普段は6歳の息子と、4歳の長女は、もう別々の子供部屋で寝ているのですが、この日だけは、お互いどうしても一緒の部屋に寝たいとせがむので、息子は急遽、長女の部屋のソファベットに寝ることに・・・。

「一緒に寝るなんて、兄弟仲良くて良いわね・・・」と感心していた矢先、長女が居間にいる私のところに戻ってきて、「お兄ちゃんとけんかした」と、涙の報告。

「どうして?」

窓のサッシを開けて寝るか(息子の希望)、閉めて寝るか(長女の希望)で、開けたり閉めたりを繰り返して、最後にはどちらも折れず、叩く、蹴るのけんかになってしまったのだそうです。

すぐにソファベットの息子のところに行き、「どうしてサッシを開けて、眠りたいの?」と聞くと、

「星を見ながら、寝たいから・・・」

と、静かに落ち着いた声で、気持ちを込めて言うのです。本当にロマンチックな男の子なのね・・・と、私はとろけそうになり・・・。母をはじめに見事にオトシタ息子は、次は妹に、「明日はサッシを閉めるって約束するから、今日は開けて寝かせて」と、上手に交渉しました。

その後、おやすみのキスで、私は部屋を出ようとすると、、、

「ママー、知ってる?!星ってね、死んじゃった太陽たちなんだよ」

すっすごい。私が6歳の時、星は、ただキラキラしてるものだと思っていたし、言葉は世界に日本語しかないと信じて疑っていなかった・・・(息子はドイツ語、日本語、英語、そしてスペイン語も話します)

今のお子様たちは、10年後、20年後、どんな世界をつくるんでしょうね。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-20 17:34 | 子育て・Erziehung

日本の香り

先日、GermanOrganicBeautyのお客様で、ドイツからコスメの入った小包が届くと、

「嬉しくて、頬にスリスリしています~」

というメッセージを頂きました。

こんなにグローバル化が進んでも、やっぱり海外からのお手紙や小包は、特別で、とっても嬉しいものですよね。

私も、日本から届くものは全て本当に嬉しくて、それこそいつも、頬にスリスリ状態です♪日本の父母からは、子供に定期的にベネッセのしまじろうの教材などを送ってもらっていますが、子供たちもやっぱり、大はしゃぎで、いつも喜んでいます。一緒に入っている、おせんべいや日本のお菓子は、数秒でなくなってしまう勢いです。

最近、嬉しかったのは、GermanOrganicBeautyのお客様から頂いた、お便り&プレゼントでした。

北海道の札幌にお住まいの方で、お母様とご一緒にオーガニックコスメをご愛用いただいています。先日、「ドイツで、さっぽろ雪まつりが、ニュースで放映されてたんですよ!」と、コメントをさせていただいたら、早速、雪まつりの沢山の素敵なポストカードとお手紙を送ってくださいました。ホント、見入ってしまう、緻密で大胆な芸術ですね。アートやオブジェが好きなドイツ人が注目する理由が分かります。
c0156907_16492446.jpg

↑夜のライトアップもとても幻想的で、美しい・・・。そして、なんといっても、この大きな雪の滑り台。いつか子供たちを連れていってあげたいなあ~と、夢が拡がりました♪

もう一つは、現在、公私にわたりお世話になっている、東京在住のお客様からのお手紙&プレゼント。
c0156907_16535236.jpg

c0156907_16543359.jpg

天然木のコースターと、可愛いカードを頂きました。近々ご近所さんのドイツ人を呼んで、午後の緑茶タイム(gruener Tee Party)でも、開きたいと思います。

皆様の温かなサポート、いつもありがとうございます!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-20 16:55 | 生活・Life・Leben

また、雪・・・

毎日日が少しずつ長くなり、日中は太陽の仄かな暖かさも感じるようになってきた日々が続いていたので、てっきりこのまま春に向かって、、、と思っていたのですが、

今朝、起きたら、また一面銀世界になっていました。

固いローズヒップの実に軽く載った、雪の帽子は、ロシア人のよう?!
c0156907_17115643.jpg

玄関先の低木も、一瞬でハリネズミになってしまいました。
c0156907_1713182.jpg

ご近所さんも、朝から皆外に出て、雪かきに励み・・・、「まさか、また降ると思わなかったわね・・・。天気予報でも言っていなかったよね・・・」と、お互いびっくり顔。カーラジオをつけても、いきなり降った今日の“雪”が、トピックになっていました。

息子が車の中で、

「これで、ママが昨日家の中で、ブルブル震えてた理由が分かったよ。雪が降ったからだったんだね~」

と、妙に納得顔で話していたのですが、、、

確かに、最近、体が天気を予兆(?!)して、先に反応が出るようになったかも?(ただ、年取っただけ??苦笑・・)と、「中々鋭いわね・・・」と、息子のコメントに感心しました。

冷え性が酷くなっていて、体の節々が痛いのですが、今日はゆっくり、暖かくして過ごしたいと思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-16 17:17 | 生活・Life・Leben

ハッピーバレンタイン

睡眠不足と過労のせいで、免疫力が弱っているのか、ここ1週間はずっと体調が悪く、散々でした・・・。色々と伝えたい出来事は次から次へと起こっているのですが、ブログ更新する時間が全く取れずに、もどかしい思いです。

・・・が、先日14日のバレンタインデーは、何とかお祝いできました。

ドイツでは、日本と反対で、男性が女性に想いを伝えるのがバレンタインデー。4歳の長女は、昔両思いとウワサだった元彼(?・・・今は幼稚園で別々のクラスになってしまい、ぐんと交流が減ってしまったのですが・・・)から、カードを貰って上機嫌でした。
大きなハートのクッションを持って、笑顔で「○○○○○ wishes you Happy Valentine!」とメッセージ入り。ママもとてもマメ&芸が細かいですね~♪
c0156907_6523181.jpg

我が家は、主人は日本に住んでいたことがあるので、日本式のバレンタインデーを知っていて、妙にチョコレートを期待していたり(?)、私は私で、ドイツ式に花束のプレゼントなどを期待していたり(?)と、お互い自分に都合よく解釈しつつ、忙しさの中でなんとなくこの日が流されてしまいそうだったので・・・
c0156907_6573330.jpg

ハートのケーキとクッキーをケーキ屋さんで調達し、土曜の午後、子供たちと一緒に皆でバレンタイン・ティータイムを楽しみました♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-16 06:57 | 生活・Life・Leben

Notar(ノタール)とサンドウィッチ

今年になって事業拡大をすることになり、それに伴って、色々と考えた結果、約5年間親しんだ会社の組織形態を変えることになりました。

本日早朝、主人を伴い、Notar(ノタール:ドイツ語で“公証人”)のお役所へ出向いてきました。
c0156907_21575934.jpg


きちんと必要資料を揃え、準備はしていったものの・・・。やっぱり、主人を同伴して良かった・・・法律関係のドイツ語は、とっても難しく、担当の初老のおじ様は、信じられないくらいの早口・・・。不明な点を残しながら進むことは避けなければいけない事項だけに、主人に頼りっぱなしでした。。。

こんな時、やっぱり8年住んでても、「まだまだだなあ・・・」と情けなくなり、自信を無くしそうになるのですが、、、、、

一方で、「人間、どこでも、いつでも、どんな状況でも、100%完璧なんて無理!」と認めること、そして自分の不得意なところは、得意な人に代わってもらう・・・ことの大切さ、それを去年くらいから学び始めました。そして、それは、経営能力と直結している・・・これに気づくことが、今回、思い切って自営業モデルを脱皮して、本格的な経営に挑戦してみよう!と決断する行動に繋がった訳です。

結局、今日の訪問では、まだ足りない書類などが数点あることが判明し、後日再度訪問することとなりました。

最近はきちんとランチタイムを取ってなかったのですが、久々に緊張した後はおなかが空き、帰りにオーガニックスーパーで、ランチと食料を調達し、おうちでゆっくりいただきました♪
c0156907_2211382.jpg

↑写真左から、オーガニックパイナップル+ココナツラッシードリンク、フレッシュチーズ・パプリカ・キューリの全粒パンサンドイッチ、グレープ。・・・私がドイツに来た頃(8年前)は、全然見かけなかった、日本ではお馴染みの三角の形のサンドイッチは、最近は、チェーン系のスーパーなどでも頻繁に見かけるように・・・。数ヶ月くらい前から、オーガニックスーパーにも登場していて、ちょうど試してみたいなあと思ってたところだったのです。「ドイツには、バゲット型のサンドイッチが定着してるから、三角サンドイッチは、絶対受け入れられないよ~」と、当時、ドイツ人の友人は自信満々に言い張っていましたが、8年かけて、確実に定着してきているようです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-03 22:16 | ビジネス・Business

シラミ警報

ここ数日前から、我が家での、毎日の習慣↓
c0156907_724139.jpg

「あ~たま、かーた、ひ~ざ、ポンッ♪♪♪」・・・という、手遊び歌・・・ではなく、子供たちは、タウトロッフェン「ティートゥリー フェイシャルウォーター」を、ヘアローションとして使用、頭をマッサージしています。。。
c0156907_6535518.jpg

c0156907_654369.jpg

そもそもこんな事になったのは、先週、子供たちの通う幼稚園・小学校からのニュースレターでした。夏からずっと、シラミが流行っているのでご注意・・・というお知らせが、半年くらい続けてあったのですが、それが、今年に入って治まるどころか、更に多くの子供たちに蔓延しているというのです。

そこで、新しいスクールポリシーとして、

「シラミが発見されたら、その子供当人、及びその子の兄弟姉妹全員、10日間家に待機、更にその後、医者の証明書を貰い、通園・通学の再開が可」

という、お触れ書きが確立されたというのです。

私と主人(そしてきっと多くの他の家の親たちも)は、これに唖然。

シラミになってしまった当人はまだしも、シラミが移っていない兄弟姉妹でさえも、全て自動的に通園・通学禁止になるなんて・・・。瞬時に、3人の元気な(!・・・シラミは病気じゃないので、熱も出ません;)子供たちが家に毎日24時間、10日間連続家中をキャーキャー言って走り回っている像が頭に浮かび、キョーフ一色。・・・共働きで、更に2人とも自営業の私たち夫婦にとっては、生活&仕事のリズムが一気に崩れてしまう大変なリスクなのです。

これは、絶対避けなければいけないこと!!!!!

・・・・・ということで、このシラミ予防へアケア時間が、毎日の日課に組み込まれる事になったのでした。

コスメに興味津々の娘たちは、始めから大喜びでしたが、、、、、

最初は気乗りしない、6歳の息子
c0156907_6562092.jpg

「結構いい匂いじゃん、、、」と、くんくんしはじめて・・・・
c0156907_6562988.jpg

手つきもプロ級?!
c0156907_657646.jpg

c0156907_6573051.jpg

最後は、スタイリングで、キメました♪
c0156907_6581479.jpg


飽きさせないように、色々アイテムを変えてみようと思いますが、次は、ドクターハウシュカ「ニームヘアローション」辺りを考えています。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-02-02 06:59 | 子育て・Erziehung