<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

森の幼稚園

イースター休暇、幼稚園・小学校の新学期、娘の誕生会、息子の日本語補習校スタート、そして仕事でのあれこれなどで、バタバタが続き、気づいたらもう新緑の季節です。ブログの更新が、またまた滞ってしまいました。。。

イースター休暇で、義父母の住むハノーファー郊外に滞在中、前から興味を持っていた「森の幼稚園」を、家族で森のお散歩がてら、訪ねてきました。

木漏れ日が気持ちよく、若々しい草木の香りを楽しみ、森林浴をしながら歩いていくと、左手に森の幼稚園が、見えて来ました↓
c0156907_865439.jpg

この日は日曜日で幼稚園は閉まっていて、辺りは静かでしたが、近くでは女の子2人が、高い木に吊るされたブランコで遊んでいます。
c0156907_855818.jpg

幼稚園正面。緑色の木文字看板で、幼稚園の名前が「DEISTER ZWERG/ダイスターの小人(こびと)」とあります。
c0156907_852464.jpg

ダイスターとは、この辺りを囲んでる山の名前で、オーガニックコスメブランドの「ラヴェーラ」の本社も、このダイスター山のふもとにあり、「美味しい空気と自然環境が、コスメの製造に最適!」とPRされているほど、確かに空気は澄んでいて、景色も美しくのどかな土地です。
幼稚園左側側面↓写真左側の、昔の電話ボックスのようなものは、トイレです。
c0156907_7304486.jpg

反対側には、雨水を溜めるタンク↓
c0156907_7312871.jpg

ガラス越しに教室を覗いてみると・・・。こじんまりと小さい部屋に小さい机と椅子が並び、テーブルは、イースターのデコレーションがされていました↓
c0156907_7323643.jpg

部屋もとても小さいし、きっと8~10人位のかなりの小規模な幼稚園なのだろうな・・・と思ったのですが、掲示板のところに貼ってある子供たちの写真や様子を見ると、最低15人くらいの子どもたちはいそうな感じです↓
c0156907_7341736.jpg

食堂&様々なアクティビティーのための、野外教室。椅子は丸太↓
c0156907_7362965.jpg

調理場(キッチン)↓「これ、一体何~?」と、都会&モンテッソーリ学校の息子は???顔。
c0156907_7375873.jpg

晴れの日も雨の日も、春の日も、夏の日も、秋の日も、冬の日も、毎日森の中に通ってくる子供たちは、取り囲まれている木々や空、鳥、小動物たちの活動や変化、自然のリズムを、敏感に、5感と全身で感じ取り、そして感性を研ぎ澄ましていくことでしょう。是非を問う議論はもちろんありますが、毎日、鉄筋・石造りの室内幼稚園に通っている子どもたちと、感性やその後の人間形成・世界観に大きな違いが出てくることは、まず確かだと思います。

シュタイナーや、モンテッソーリもそうですが、この「森の幼稚園」も、ドイツでは、いわゆる「オルタナティブ系の教育メソッド・施設」という理解がされていますが、全く普通の人と考えが違ったり、変わり者の家庭の子どもたちだけ・・・ということはありません。現に聞いてみると、この森の幼稚園にも、家がこの山から近い、ごく普通の家庭の子達が通っているとのこと。掲示板などの写真を見ても分かるように、ドイツの他の幼稚園もですが、親たちが、かなりアクティブに、幼稚園の活動内容や運営にかかわっている印象でした。

場所も、山の中にあるといっても、辺鄙なところに、孤立している・・・というわけではなく、、、、、

幼稚園正面から、まっすぐなだらかな斜面を150m位、下りていくと、賑やかなドイツ料理レストランと沢山の車を発見。「おなか空いたー」と、駆けつける子どもたち↓
c0156907_7485959.jpg

年配の方が目立っていましたが・・・。近隣の人や、ハノーファーや他の都市からも、森の散策やリラックスに来ている訪問客で、ちょっとした観光地のような感じでした。緑と初夏の太陽の光に包まれて飲むドイツビールは、とっても美味しい♪のです。
c0156907_7505520.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-30 07:51 | 教育・Edu・Erziehung

イースター(Ostern)開始

ドイツでは、今日から、イースター休暇が始まっています。小鳥もさえずり、朝から透き通った薄いブルーの空、お天気も快晴です。

私も、明日早朝には義父母と子供たちのいる、ハノーファーへ電車で行く予定です。

先日のハンブルグで、大きなイースターエッグを見つけました。
c0156907_16453363.jpg


コチラは↓、滞在先ホテルで見つけた、港町・ハンブルグらしい“船”を模った、生け花(IKEBANA)↓
c0156907_173830.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-10 16:49 | 生活・Life・Leben

ドーム遊園地&縁日

ハンブルグ在住の義弟のお勧めで、ミニチュア博物館の次は、ハンブルグの街の中央に設置された、期間限定のドーム遊園地(移動式)に行ってきました!

入り口がとても狭く、また入り口付近には特に特徴もない屋台が並んでいて、人もまばらだったので、たいしたことないのかなあと思いながら、中に進んでいくと、どんどん人が増え、日本の大きな遊園地並みの乗り物や屋台が目白押し。子供たちとも、常に手を繋いでいないと、すぐに迷子になってしまいそうな、混み具合でした。

ドイツには、スリル系の乗り物がないのではと思っていたのですが、日本でも見たことのないようなコワソーな乗り物も一杯あって、びっくり。8年住んでいて、初めてこんなスリル系乗り物たち&それに興じているドイツ人たちの姿を目にしました。さすが、大都会、ハンブルグ♪地方都市、フランクフルトとは違うんですね~。

6歳を筆頭に子供たちが小さなうちの家族は、平和・単純系なエンターテイメントで、十分満足。

息子は、缶に向かって、ボールを投げるゲームに挑戦↓
c0156907_18541168.jpg

低空飛行の乗り物↓
c0156907_18544066.jpg

c0156907_18551127.jpg

人物の切り絵作りのおじさん↓
c0156907_18574810.jpg

屋台のお店は、とうもろこしや、アイスなど、日本の縁日と似ていますが、コレ↓「ピクルス」のお店は、ドイツらしいと、思わずシャッターを切りました↓
c0156907_18584178.jpg

自分のために、一本ピクルスを買った主人は、直後、肩車の上の次女に奪い取られ、彼女がひとかじりする度にしたたり落ちる、ピクルスのお酢のシャワーを髪の毛に直に受け、ピクルスを買ったことを、大後悔。・・・しばらく臭くて、近づけませんでした・・・(笑)。
c0156907_192825.jpg

沢山歩き回って、足は疲れましたが、真っ青な空の下、気持ちの良い初春の日でした。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-09 19:03 | 生活・Life・Leben

ミニチュア電車と街

義父のお勧めで、ハンブルグ港沿いの赤レンガ建物に入っている博物館のひとつで、いつも待ち時間があるというほど人気だという、電車を中心にしたミニチュアワンダーランドを訪ねました。
c0156907_16293081.jpg

確かに朝早くから、家族連れやカップルなど、入り口に列が出来ていて、約25分待ちとのこと。H&Mの入場やディズニーランドの乗り物に数時間待つこともあるという日本と違い、ドイツ人にとっては、25分の待ち時間というのは、かなり異例なこと。そんな状況を察してか、入り口横のキオスクのようなお店からは、列に並んでいる人全員に、コーラやオレンジジュース、ミネラルウォーターが振舞われたり、ハリボーグミを子供に配ったりのサービスがありました。
c0156907_16333671.jpg

無事入場しても、人で混んではいましたが、ミニチュアたちは中々精巧につくられていて面白かったので、ここではその幾つかをご紹介したいと思います。

まずは、ドイツ・ハンブルグの街↓。小さくてちょっと見えにくいですが、市庁舎で火事があり、そこに沢山の救急消防車(オレンジと白のワゴン)が駆けつけている場面です。
c0156907_1636464.jpg

風車がドイツらしい、田園風景↓電車でドイツ内を旅すると、車窓からの風景は、本当にこんな感じです。
c0156907_16374185.jpg

黄色い点々は、ひまわり畑。よ~くみると、ひまわり畑の真ん中で、愛を交し合っている男女がいたり、色々と細かい趣向を凝らしています。→この場面は、ドイツ人にとても受けるみたいで、パンフレットにもこの場面が写真で抜粋されて載っていました。
c0156907_16384024.jpg

メルセデスベンツ↓
c0156907_1641873.jpg

サーカステント↓
c0156907_16414731.jpg

クリスマスでライトアップされた街↓
c0156907_16422651.jpg

アメリカ・西部時代↓
c0156907_1643461.jpg

野外劇場。ロミオとジュリエットが上演中↓
c0156907_16435039.jpg

北欧コーナーで見つけた、日本の国旗↓
c0156907_16443725.jpg

なんだろう・・・と思って近づいてみると・・・

スモーフェスティバルが、開催中でした。・・・うーん、なんとも不思議。
c0156907_16444292.jpg

「ねーね。何でこの人たち、パンツで台の上にいるの~?」

という、隣にいたドイツ人の子供のコメントが、面白かったです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-08 16:46 | 文化・Culture・Kultur

ハンブルグ港

週末、義父が自分の誕生パーティーを、今年はハンブルグでするということで、ハンブルグまで行って来ました!今は私だけフランクフルトに戻ってきていて、イースター休暇に入っている子供たちは、まだハンブルグで休暇を堪能中です。

私は2日間しか滞在しませんでしたが、フルプランでした。

まずはゆっくり朝食をとった後に、港に出かけました。
c0156907_23464271.jpg

1時間のボートツアーに参加。
c0156907_2347266.jpg

c0156907_23475265.jpg

ハンブルグは、同じ港都市として、わが故郷横浜と姉妹都市なのですが、、、趣のある赤レンガ造りの建物は、横浜の赤レンガ倉庫を思い起こさせます。ハンブルグのこの赤レンガ造りの建物は、現在、コーヒーや香辛料がテーマの博物館が入っていたり、メディア系の専門学校が入っていたり、様々な利用がされているようです。
c0156907_23544091.jpg

c0156907_235517.jpg

↓こちらは、現在進行中で、10年後に完成予定という新オペラ劇場。ものすごい額の投資だったそうですが、今のご時勢となってはどうなのでしょうか・・・?本当に、完成するのか、皆???という感じだそうです。
c0156907_2358479.jpg

港沿いの超高級マンション。みなとみらいのマンションに匹敵(?)ですが、ロケーションは良いのだと思いますが、建物としては、特に魅力を感じませんでした。
c0156907_003622.jpg

沢山のコンテーナー。貨物。圧倒的に、チャイナ、China、中国・・・。
c0156907_23585138.jpg

一時間のツアー、船長(?)さんの話術も面白く、大人は楽しめましたが、子供たちは長すぎたのか、最後はちょっと退屈気味でした。
c0156907_02617.jpg

同じボートにたまたま乗っていた、オランダ人の男性グループは、最初からビール飲み飲みで、のりまくり。酔ってるせいもあるとは思いますが、面白くて、イージーゴーイングな人が多く、体型はドイツ人と同じくらいがっしりと大きい人が多くて(ドイツ人よりも大柄かも・・・)、見かけは似ているのですが、メンタリティーは全然違うなあと、色々なところで、オランダ人に出会うたびに思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-08 00:06 | 旅行・Travel・Reise

マッシュルームととうもろこし、どちらが人間に近い・・・?

今年2009年は、あの「種の起源」を著し、世界中に衝撃を与え、その後の人間観に大きな影響を与えた、チャールズ・ダーヴィンの生誕200周年(種の起源の発表からは150年)ということで、ダーヴィンが世界的に大きく話題になっていますよね。

私も早速、フランクフルトのSchirn Kunsthalleの「ダーヴィン展」に行ってきました。
c0156907_1952390.jpg

今回のダーヴィンをテーマにした展示「Evolutionaer!」は、ダーヴィン自身の作品やバイオグラフィーを追うという趣旨ではなく、ダーヴィンの進化論に大きく刺激を受けたアーティストたち(ヨーロッパ・アメリカ中心)の作品を集めたというところが新しく、ユニークな点になっています。

それぞれ、アーティストのバイオグラフィーに、人生のどの時点でダーヴィンの作品に出会い、どのように影響を受けて、それがその後の作品、人生観にどう影響したか?ということについて書かれていて、中々興味深かったです。
c0156907_19141728.jpg

またそうやって、ダーヴィン自身へのフォーカスでなく、ダーヴィンとは直接関係のない、多くのアーティストの視点からだんだんと浮かび上がってくる、新たなダーヴィン像は、鑑賞している側の知的好奇心やイマジネーションが要求されますが、中々新鮮で面白い作り方だなあと思いました。ドイツの美術館は、本当に色々な試みをしているなあと、改めて感心です。

ところで、今日のブログタイトルの答えですが、ダーヴィンさんによると、

「とうもろこしよりも、マッシュルームの方が、進化の上では人間に近い」
そうです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-02 19:16 | 芸術・Art・Kunst

エイプリールフールと、今年初のビアガーデン

4月になりました!今日はエイプリールフールですね。ドイツにも、エイプリールフールはあって、「アプリル アプリル!*(アプリル・April:エイプリールフールのドイツ語、ドイツ語読み)」と言います。

ジョーク好きなドイツ人義父に、仕込まれている息子は、今日私が朝起きると同時に、

「ママー。また、雪降ってるよ!」
「アプリル、アプリル!」

「ママー。服にシミがついてるよ!」
「アプリル、アプリル!」

などなど、害のない小さなウソ、「アプリル・アプリル」を繰り返し、1人でケッケと笑いながら、上機嫌。きっと今日は小学校でも、子供たち同士で、こうやってやりとりしながら過ごすのでしょう。
でも小さなことでも、幸せな気分になれる、子供の素直さと素朴さって、いいですね~。

さてさて、やっとドイツも、今度は本当に春めいてきました!
朝方は寒いのですが、正午過ぎになるとぐんと気温も上がり、キラキラの太陽が顔を出し、毎日日もどんどん長くなってきているので、夕方になっても明るいままで、なんだか得した気分です。(時間は先日、春時間になったので、実際には理論上は、1時間損していることになるのですが・・・)ちなみに、日本とドイツの時差も、冬時間の8時間差でなく、7時間差になり、仕事も少しやりやすくなります。

昨日は天気が良くて、嬉しさのあまり、夕方、子供たちと自転車で公園を走って、早速、今年初の屋外ビアガーデンに行ってきました。

普段はあまり、ビールを飲みたいと思うことはない私なのですが、なんだかこの日は夏気分を味わいたくて、ビールの気分になり、思わず、「ビールいっちょ!」と、オーダーしたら・・・
c0156907_16594416.jpg

・・・↑こんな大きいのが、来てしましました(左のビール)。でも大丈夫、アルコールフリービールです♪(私はアルコールを多く飲むと、次の日頭痛で、何も出来なくなってしまうので・・・)右のビールは、主人がオーダーした、ドイツの黒ビール。

そして、ドイツには子供用のビールもあるんです!

黒くて甘いマルツビール(Malzbier)という名前のビールで、色々銘柄も種類があります。うちの子供は全員、このマルツビールが大好き。

マルツビールを飲んで、ハッピーな長女↓
c0156907_176485.jpg


太陽の力って、やっぱりすごいですね。天気が良いだけで、子供も大人も、気持ちがぐんと軽やかに、明るくなります♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-04-01 17:11 | ドイツ・Germany・Deutsch