<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

映画2本

毎日毎日、やること一杯で時間に追われているのに、なぜか今月は、映画を何本も観てしまいました・・・。(無意識に、現実から逃げようとしているのかも・・・汗)

まずは、週末に子供たちと、アイスエイジ3を観に、映画館へ!
c0156907_15544026.jpg

ドイツで初の3D映画ということで、子供たちも大興奮。
c0156907_1556218.jpg

c0156907_15562437.jpg

ホームシアターで、1人でこんなメガネをかけながら映画を観るのはやっぱりなんかもの悲しいので、3Dであれば、「映画館に行くかっ」と、いう運びになるかもしれませんね~。映画は今、本当に生き残りをかけてますね・・。
席は満席という感じではありませんでしたが、子供連れの家族だけでなく、若い20代くらいのカップルが多くいた気がします。
c0156907_15591499.jpg

次女は、大好きなリスの場面では大はしゃぎでしたが、今回のアイスエイジ3は、恐竜の時代がテーマで、後に大きい恐竜が出てきた場面では、怖くなってしまったようで、3Dのメガネを外して、ずっと私のひざの上でした・・・。長男と長女は、終始メガネを外さず、普通に楽しんでいました。

そして、2本目の映画は、先日GOBスタッフのSさんとドイツ人のご主人にJoinさせてもらって行って来た、映画「赤い点/ Der Rote Punkt」
c0156907_1635594.jpg

実話と実体験が元になっているストーリーの映画で、何と監督はドイツ在住の日本人女性監督、Miyayama Marie氏。撮影は日本とドイツ両方で、悲しいストーリーなのですが、心の奥に響く、深いメッセージ性があります。映画が終わった後は、まわりの席からは、ぐしゅんぐしゅんと涙や鼻水をぬぐう音ばかりでした。私たち3人もしばらく、喋ることが出来ないまま・・・。次の日、カラダが辛くなるだろうな・・・と分かっていても、後でバーでアルコールを飲まずにはいられませんでした・・・。
c0156907_16141172.jpg

でも、監督が仰るように、悲しいのだけど、未来や希望を感じさせる映画だったので、消して後味が悪いというわけではなく、観た後に確実に自分の中に何かが残り、何かが変化するような、本当によい映画を観た時だけの経験がありました。これからの作品や活躍が楽しみな、素晴らしい監督だと思います!!こんな活躍をしている日本人女性もドイツにいらっしゃるのですよ~!!!

ドイツ在住の方、ドイツに興味を持たれている方、ドイツ人のパートナーや友達がいる方、ドイツ語を勉強している方はもちろん、特にドイツに興味がなくても、一見に値する映画です。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-07-15 16:15 | 文化・Culture・Kultur

バレエ発表会当日。

昨日土曜日、娘たちのバレエの発表会(本番!)に、行って来ました!

場所はいつものスタジオで、出演者も全てスクール内の生徒ということで、大掛かりな発表会というより、夏休みに入る前の、小さなお祭りといった雰囲気です。

午後15時開始予定。開演15分前の子供たち。早くも“お姫様”を見つけ、接近。あれっ、でもお姫様は、何だかいつもの彼女らしくなく、今日は何だか浮かない(?)顔のような・・・。
c0156907_18173252.jpg

そうです、今日は他にももっと上のクラスのお姉さんダンサーたちが、沢山集まっていて、ちょうど準備&リハーサル中↓
c0156907_18203364.jpg

いつものちびちゃんクラスでは、一番年上&一番上手な彼女も、お姉さんたちと混じると、とても小さく、何だか自信無げにも見えます。

そう、“ポリティックス(Politics)の変化” です。

環境が変わるだけで、同一人物の立ち位置がぐんと変わる。

共学校、女子高、留学、国内転職、海外移住、海外転職、専業主婦業、育児業、フリーランス、そして起業に至ってきた私は、今までの人生で、このポリティックスの変化(*自分は何も変わっていないのに、足を踏み入れた環境によって、自分の周りからの評価がぐんと上がったり、どかんと落ちたり、急にスポットライトを浴びたり、まるで“透明人間”のように存在しないかのように無視されたり、“宇宙人?”のような目で見られたり・・・)を地で生きてきてるので、痛いほどこういうシチュエーションには、敏感です。でも、これを経たからこそ、ポジティブ、ネガティブに関わらず、周りの評価に影響されることなく、「自分の評価者は自分自身のみ!」という“マイペースな自己”を、まがりなりにも築くことが出来たのも事実・・・。

・・・・・話が反れていってしまいましたが、とにかく、ポリティックスの変化を微妙に察知、タイミングを逃さず、巧みに利用(・・・しているつもりはないと思いますが・・・。全て“無意識”っていうのが、子供のすごいところですよね)し、2日前には考えられなかったような、こ~んな↓夢のようなことを、いとも簡単に実現させてしまった娘たち。
c0156907_18303392.jpg

c0156907_18305332.jpg

c0156907_18311717.jpg

まるで、仲の良い3姉妹のようです♪
その後も、ひと時としてお姫様を離さない、長女・・・
c0156907_1921263.jpg


3時になりいよいよスタートです。トップバッターは、スクールの一番のお姉さんの作品・「ピエロ」からでした。
c0156907_19221292.jpg

c0156907_19223489.jpg

2番手が、ちびっこクラスのねずみダンス。こちらも、皆、無事熱演。
c0156907_1924725.jpg

「suess~(カワイー♪)」と、大喝采でした。
他のグループも続き・・・
c0156907_19245732.jpg

c0156907_19251967.jpg

特に、モダンダンスのクラスの、「ウィーンのカフェ」というタイトルのダンスは、とてもクリエイティブでキュートでした。↓
c0156907_19261472.jpg

こちら↓が、今回の発表会の振り付けを担当した、モデルのハイディ・クラム似(?)の美人振付師♪
c0156907_19274446.jpg


スタジオがとても小さいので、3時からのプログラムを終えた後は、休憩を挟み、同じ内容のプログラムを、もう一度繰り返しました。(家族や友人はどちらか一回分を見るという配分です)
それにしても、スタジオの生徒だけの小さな発表会とはいえ、衣装も雰囲気も、日本のいわゆる“発表会”と比べると、本当に質素ですよね。。。

休憩時間に、はしゃぎ&ふざけあう娘たち↓
c0156907_19305266.jpg


楽しい土曜日午後のイベントでした。子供たちにとっては、沢山の観客の前で作品を披露したり、大きなお姉さんたちの素敵な作品に触れて、ますますバレエを続けるモチベーションを得たのではないかと思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-07-05 19:33 | 子育て・Erziehung

本番までの練習は、たった3回!

先月から、長女と次女がずっと希望していたバレエ・ダンススクールに、週1回通うことになりました。

私としては、これ以上子供の習い事などで、タダでさえも足りない仕事時間が取られてしまうのも辛く、2人は他にも習い事をしているので、あんまり何でも詰め込み過ぎてもなあ・・・と、半年くらい、「バレエ習いたい~」という2人の声を聞かぬふり(汗)をしていたのですが。。。

先日、幼稚園の次女のクラスで先生と面談があり、

「サラ(次女)は、エクササイズのクラスの時が一番元気です。まだ3歳なのに、カラダの動きとリズム感が抜群です。バレエをされてるんですよね・・・。サラちゃんは快活で激しいので、イメージ的には、正直言いますと、クラッシックバレエというよりも、クリエイティブ・コンテンポラリーダンスという感じですが・・・(笑)」

と言われたのです。家で音楽をかけていると、音楽の内容やリズムに合わせたクリエイティブなダンスを即興したりもしているので、そう言われると、確かに彼女のエクササイズクラスでのはしゃぎぶりは、想像は出来るのですが・・・・。でも、バレエは、行ってないんですけど・・・。どうやら、夢が嵩じて妄想(?)になり、先生には「バレエに行ってる」と、勢いで答えてしまったのでしょうか・・・?

ということで、才能もあるかもしれず、またやる気も中々本気っぽいので、「本当に、本当にやりたいの???」と、その後5回くらい確認してから、それでも目を輝かして、「やりたい!」というので、まずはお試しとして、レッスンに赴くことになったのです。

長女は5歳、次女は今月4歳になるのですが、まだ本格的な「クラッシックバレエ」クラスではなく、「バレエ」の要素を盛り込んだ、ダンスクラスに割り振られました。第1回のトライアルのクラスから、2人とも予想以上の目の輝きで、とってもハッピーそうに体を動かしているので、私も、「これはサポートしてあげよう!」と心に決めました。

そして今日はクラスに行き始めてから、3回目。
c0156907_65799.jpg

↑先生は、新しいパープルのコスチュームを子供たちに配っています。なんともう、今週土曜日に(あと2日後;)、発表会があるのです。もっと年が上の子供たちは、本格的に練習を重ねたものを発表しますが、娘たちのこのクラスは、一番ちびチャンクラスということと、始めた時期も、レベルも、年齢もすでにばらつきがあるので、先生から、「サラちゃんとレアちゃんも、はじめたばっかりですが、ぜひ参加してみてください」と言われ、コスチュームも先週オーダーしたのです。

夢だったコスチュームを得た次女は、得意顔で、見学席に座っている私のところへ来て、セクシーポーズ↓
c0156907_712453.jpg

4歳直前にして、なかなかのお色気です・・・。

そして今日のレッスンは土曜日のためのリハーサルが殆ど。
c0156907_725354.jpg

c0156907_731217.jpg

c0156907_733852.jpg

・・・コスチュームと動きを見て、お分かりでしょうか?そう、「ねずみちゃんの1日」を皆でダンスします。

娘たちの動きを見ていて、「なかなかやるじゃない~!」と感心したこと。彼女たちは、何しろ総練習数3回なので、ねずみダンスの内容、順番、動き、何も知らないところから、見よう見まねで、なんとかついていかなくてはなりません。(先生が、入りたての子供たちや出来ない子だけに特別に最初から教える・・なんて、甘くはありません)

大人だってそんな状況は焦りますが(まるで新卒でいきなりベテラン・若手混合の会社の事業部に配置され、右も左も分かんないっていう感じでしょうか???)、2人はどうするんだろうな~と、注意深く見ていました。すると、3人兄弟の末っ子で、大きなお姉さんやお兄さんに甘え慣れてる次女は、カラダが一番大きく、性格も穏やかそうな子(=くどくどと迫る次女を、邪魔に思ったり、邪険に扱うことがなさそうな、ちょっと気弱で優しい子)をすかさず見つけて、彼女の後を追いまくり。すぐに話しかけて、「名前なんていうの~。ねえ、私たち友達だよね~」と積極アプローチ。スゴーっ~と思いながら、数分後にはこんな感じで、見事彼女の関心をゲット↓
c0156907_71131.jpg


長女は長女で、年齢はおそらく6歳、又は7歳くらいの、一番可愛くてダンス歴も長くてとても上手、でもちょっと生意気でツンとした感じの女の子を見つけ、やはり彼女の後を金魚の糞のようについてまわり、見よう見まねで、どうにか自分も彼女のようにダンスしようと頑張っていました。・・・でも次女の方と違って、美しさもテクニックもクラスで一番で、プライドも高い女の子は、長女のアプローチに最初は見向きもしません。意地悪で無視しているというより、むしろ、マイ・お姫様ワールドに浸っていて、辺りはかすんで目に入らないという感じです。・・・それでもめげないわが長女。無視されても、もろともせず、お姫様の視界に入ろうと一生懸命移動を続け、時間はかかりましたが、粘りに粘り、最後はきちんと自分の存在をお姫様に知らしめたのでした。お姫様も、「あらっ。新しい子ね」ぐらいにしか思ってなさそうではありましたが、返してくれた微笑に、長女は大満足。とても幸せそうでした。

噂のお姫様は、写真左側から4人目の女の子↓長女は、彼女の真横のスペースをすかさずキープして、手を繋ぐことに成功!
c0156907_7284766.jpg

親ばかかもしれませんが、「娘2人は、よく育っているし、よい方向に成長している」と確信しました。

私は、真の学びとは、“模倣”と“憧れ”の連続だと思っています。知識なんて、全く必要でないけれど、小さいうちに本当の学びの意味や面白さをカラダとココロで知っていると、一生学び続けることのできる人間になることが出来ると思うから。大学を出てから、「もう勉強しなくてすむ~」となってしまうような子供を育てるのは、大失敗だと思います。

ゆっくり“模倣”させてくれそうな大きいお姉ちゃんを鋭い嗅覚で選んだ次女、“憧れ”の対象をすぐにみつけだし、恥じらいや周囲の目なんて臆せず、まっすぐ見つめて、お姫様の注意をどうにか自分に惹こうとした長女、2人とも中々学びの才覚があるなと、感じたのです。

バレエ・ダンスは続いても、続かなくても私は構わないのですが、学びの姿勢だけは持ち続けて、大事に育てていって欲しいと思います。

さて、土曜日の本番はどんな発表会になるか?今から楽しみです♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-07-03 07:25 | 子育て・Erziehung

ドレッシングとシリアル

元来面倒臭がりの私は、タダでさえも手間のかかる料理をつくったりが苦手で、忍耐力もないのですが、一日中働いて、子供たちが学校から帰ってきてからは、おやつをあげたり、遊び相手をしたりしていると、疲れてしまって、夕食時、サラダにドレッシングをかけることさえ、億劫になってしまうことがあります。(信じられないでしょう・・・)

こんな恥ずかしいこと、誰にも言えないと思っていたのですが・・・

先日、こんな↓夢のようなドレッシングを、オーガニックスーパーで発見!
c0156907_521195.jpg


・・・で、もちろん、即買い♪

ドイツでは、日本に比べると、出来合いのドレッシングは、バリエーションも少ないし、美味しいドレッシングが少ないので、私のように、シンプルに「バルサミコ酢+オリーブオイル+ソルト&ペッパー」でサラダを頂く人は、とても多いのです。オーガニックのバルサミコ酢もオリーブオイルも、価格もお手頃で、オーガニックショップでなくても普通のスーパーマーケットでも大抵手に入ります。

・・・なので、たまに日本の梅ドレッシングとかレストランのドレッシングとかが、急に恋しくなることはあっても、基本的には、バルサミコ酢+オリーブオイルドレッシングに大満足だったのですが、怠惰な私にとっては、ドレッシングをかけるのに、2つのボトルをキッチンから持ってきて、開けて、かけて、最後はしまわなければいけないところ、また、量の調整も難しくて、ボーっとしていると、オリーブオイルを多く入れすぎてしまったり、それにあわせてバランスを取ろうとしてバルサミコ酢も多くすると、サラダがドレッシングの海のようになってしまったり・・・・が、不満点だったのです。

ビジネスチャンスは、いつも言っていますけど、口に出すまででもないけれど(私のように恥ずかしい、と思っていて、わざわざ口を割らないという場合も同様)、なんとなく、半分無意識くらいに思っている不満点や不便なところにあるのです!!!

先に説明を書いてしまいましたが、即買いしたこのアイテムは、写真の通り、「イタリア産のオーガニックオリーブオイル50%+オーガニックバルサミコ酢50%」が、まるでオーラソーマのボトルのように、きっちりと2層になって一つのボトルに入っています。これなら、シャッフルするだけで、オリーブオイルとバルサミコ酢の量を均一に、しかもしっかり先に混ぜた上で、サラダにかけることが出来るのです!(私は、お酢とオイルを別々に使っていた時、いつも先に、オリーブオイルをかけるべきか、それともバルサミコ酢が先か・・・?こんなどうでもよいことも、なんとなく悩んでいました。また、別々に
サラダの上にかけると、場所によってオイルが多いところやお酢が多いところなど、均一性がないところも、今思うと不満でした。)このドレッシングアイテムは、「bioplanette」というブランドで、デザインもおしゃれです。ちょっと気になっていた蓋の部分は、使用の時に中身が外に出たり、ボトルの口について垂れてしまわないように、蓋を開けると内側にもう一周、しっかりとストッパーがついていました。人気アイテムになりそうです。

もう一つのヒットアイテムは、こちらも一目惚れで買った、朝食用シリアル。先日も、オーガニックバルガーウィートの記事でご紹介したオーストリアブランド「Verival」のもので、中々ユニークな商品開発をしていると思います。
c0156907_5315024.jpg

最近、シリアルもいつも同じもので飽きていたので、色々探していたのですが、「Acerola Vital Muesli」という“アセロラ”“バイタル”というキーワードに魅かれ、すぐに試してみたくなりました。
c0156907_5344211.jpg

アセロラはパウダー状にされ、小さい球状のシリアルにコーティングされているのですが、このアセロラボールはケチケチでなく、沢山入っていて、見た目も新鮮で可愛いし、お味もアセロラの特徴、仄かな酸味と甘みがしっかり入っていて、とっても美味。期待以上でした。しばらく朝食のシリアル時間が楽しみになりそうです♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2009-07-01 05:38 | オーガニック・Organic・Bio