<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Drachenzaehmen

先日、長男と長女を連れて、今ドイツの子供たちの間で話題の、3D映画「Drachenzaehmen」を観にいってきました。
c0156907_19143483.jpg

次女は、ちょうどその時間帯に誕生日パーティーにお呼ばれしていたので、パス。7歳の子供ともうすぐ6歳の子供2人といるのは、なんだかとても楽。年もあると思うけど、3人と2人ってこんなに違うのね~、と思いました。

大抵の子供向け映画は、私はものすごい退屈してしまうことが殆どなのですが、この映画は、良かった~!3Dがどうこうっていうより、ストーリーが深く、本質的なので、大人でも十分に楽しめます。バイキングファミリーに生まれた心優しい男の子が主人公ですが、迫力あるドラゴンの描写や、ドラゴンに乗って空を飛ぶ場面などは、上手に3Dの効果が活かされていたと思います。

イースター休暇、お子さんと時間を持て余してしまっている、ドイツ在住の方、お勧めです~!5歳以上くらいであれば、楽しめるのではないかな?それ以下だと怖がってしまう可能性があるかも・・・。でも、女の子も十分楽しめる内容だと思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-30 22:39 | 子育て・Erziehung

贅沢日曜ブランチ

日曜日は、幼稚園・小学校で家族ぐるみで仲良くしているドイツ人カップルのおうちでの、ブランチにお呼ばれし、行ってきました。

家族数は、招待してくれたドイツ人カップルファミリー(大人2人+子供4人)、我が家(大人2人+子供3人)、ハイデルベルグから招待されたドイツ人カップルファミリー(大人2人+子供2人)、フランクフルト郊外在住で、もと幼稚園でお友達だったドイツ人カップルファミリー(大人2人+子供3人)、なんと、総勢4家族、大人8人、子供12人でした!(平均子供数1家庭3以上という数字で、これはドイツの平均出生率とは、相容れない数字です。念のため。この幼稚園・小学校では、数年前から多産が流行っているのです・・・)

お腹を空かせた子供たちは、子供用テーブルにスタンバイし、一足早くブランチをスタート。
c0156907_19284911.jpg

さっとご飯を終え、隣部屋に移動して、沢山のゲームなどで遊びます。なんと、この日招待者のドイツ人カップルは、太っ腹に、いつもお願いしているというベビーシッター2人の女性を手配していてくれていました。写真右下↓。
c0156907_19312327.jpg

なので、子供たちも大人のほうへいつも戻ってきてしまったり、大きな喧嘩が起こることも泣く、退屈することもなく、幼稚園・学校の延長のような形(もっとリラックスした形)で、友達たちと楽しい時間を過ごせるのです。

子供の数は誕生会並みの12人という多さだし、「大人は大人のテーブルで、大人の会話を楽しみながら、ゆっくりブランチを頂くというのが、本日の贅沢ブランチのコンセプト、大家族のファミリーであっても、大人の特権はあきらめない!」・・・この辺りの感覚は、とてもヨーロッパ的だなあと思います。

基本はそれぞれ、ファミリーごとに1~2品持ち寄りで、コースをつくるというパーティー方式でした。

ゼクト(シャンパン)で乾杯から始まるのが、ドイツ式のパーティー。その後、サラダ、メインのお肉料理、ワインが途中で入って、ちょっと休んで、チーズタイム。ご近所のチーズ専門店で調達された、絶品のチーズたち。特に、グリエール(右下)が、とっても美味しかった!
c0156907_1940924.jpg

デザートは、りんごケーキ+生クリーム、我が家はティラミス(ノン・アルコール)を担当。20人に行き渡るよう、特注サイズ。
c0156907_19414282.jpg

c0156907_19424060.jpg

残ってしまうのでは?と思いましたが、大人気ですぐになくなってしまいました!!
おなかも一杯になったところで、子供たちのお部屋を覗きに行くと、一番お兄ちゃんの男の子3人組(7~8歳)は、レゴでローマの時代の戦い場面を再現中でした。
c0156907_19451337.jpg

c0156907_19453446.jpg

3人で協力して作ったという作品。
c0156907_19465947.jpg

喧嘩せずに、チームワークで、ちゃんとしたシンメトリーのものをつくれるって、7、8歳の男の子たちってすごいのね♪と、組み立て系遊びに弱い私は、大感心。

最後は、自由音楽会のような感じで、締めくくり。
c0156907_19483777.jpg

ハイデルベルグからのママのピアノ+5歳の息子君が、ママの伴奏にあわせて奏でる小さなバイオリンが、キュートでした♪

リラックスしすぎてしまった週末。まあ、イースター休暇&サマータイムに入った初日ということで、よいということにしましょう。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-29 19:49 | 生活・Life・Leben

黄色帯、獲得♪

昨日夕方、7歳の息子君の柔道黄色帯(9級)のテストがあり、無事、合格しました!

2組ずつ、黒帯の先生と、青帯、茶色帯のアシスタントの先生の前で、口頭・実技の試験です。

ナーバス?退屈?・・・順番を待っている息子君。
c0156907_1872093.jpg

名前を呼ばれたら、試験の相手役になってもらえる相方を自分で選んで、「お願いします」と頭を下げます。
c0156907_18103942.jpg

スタートは、指示された形や技を見せるテスト。
c0156907_18121377.jpg

c0156907_18133835.jpg

ちょっと、止まって、考えながらも・・・
c0156907_18153893.jpg

キレイな技を見せてくれました!
c0156907_18165711.jpg

c0156907_1816367.jpg

「OKね!」と思ったら、最後に掛け軸ならぬ、掛け写真?(下写真左側)の先生(日本人)の名前を言うという、思いもよらぬ(!?)口頭質問が!
c0156907_18302016.jpg

息子君は、人差し指を頬にあて、考え込んでいるようですが、、、思い出せたのか、出せなかったのか、そのまま時間が少し経ったまま、テスト終了。

この後、先生たちは控え室に行って、テスト結果と、合格者への新しい帯と証書の準備に・・・

息子君、見事合格です。
c0156907_18213126.jpg

真ん中の青色道着のお兄さんに黄白色帯を外してもらい、レアさんからは、黄色帯を授与されました。
c0156907_18232169.jpg

黄色帯を肩にかけて、なんだか急に男っぽくなってしまった、本当は泣き虫の7歳。黄色帯になったら、帯を結ぶのも、親や先生でなく、自分でやらなくてはならないそうです。
c0156907_18245222.jpg

最後、皆で瞑想(MEISO)。子供たちの瞑想場面、可愛いくて、私はとっても好き。見てるだけで、癒されます。
c0156907_18272680.jpg

本人は、黒帯までがんばるぞー!っと言っています。
c0156907_18284875.jpg

がんばってね♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-25 18:29 | 子育て・Erziehung

変化・Change・Veraenderung

昨日は、モンテッソーリ幼稚園・小学校恒例、年に一回のパフォーマンスデー(発表会)に行って来ました。

毎年、テーマが一つあり、そのテーマの元で幼稚園クラスから小学校高学年クラスまで、クラス毎に歌や劇などの発表をするのですが、今年のテーマは、

「変化・Change・Veraenderung」

人生に変化はつきもの。時にその場に留まっていたいこともあるし、先が見えない分不安になることもあり、出来れば今までとそのままがいい・・・と思ってしまうこともありますが・・・一方で、
c0156907_1921751.jpg

「変化ほど、連続的なものは、他にない」

・・・短く、まさに真意を言い当てています。直接過ぎて、ぐさっと来ますが、どうせ変化の連続である人生を免れないのであれば、恐れたり、避けようとしたり、目や耳を閉じたりするのでなく、悠々と構え、「そんなもんだ」と、そのまま受け止めた方が、どんなに楽で、生産的で、楽観的に生きられるでしょう!・・・そして「変化」は「時間」と同じで、大統領であろうが、経営者であろうが、学生であろうが、赤ちゃんであろうが、老若男女、国籍を問わず、人間に生まれたなら、全ての人に平等に起こること。・・・第三者的な目から見て、劇的な人生、波乱万丈な人生、温和な人生、平凡な人生・・・色々な評価があったとしても、どんな人生でも、変化はおなじ意味をもった変化なのではないでしょうか?

・・・・と、幼稚園と小学校といっても、深~いテーマだわね~と思いましたが、さすがこの辺りのテーマ選びは、モンテッソーリですね。

まずは、次女のクラスのプライマリーカラー(Primary Colour)の変化の歌の発表からはじまりました。
3色に子供たちは分かれて、色は混ざる(変化)ことによって、オレンジになったり・・・
c0156907_1929068.jpg

ムラサキになったりもします・・・
c0156907_19293025.jpg

長男と長女のクラスは、虹色魚(Rainbow Fish)の劇と、ダンス。確かに虹も、色の変化の代表的で顕著な例ですね。
c0156907_1931980.jpg

c0156907_1931255.jpg

次は、一番小さな年少クラス。あおむし君が、たくさんのフルーツを食べて成長し、、、
c0156907_19322191.jpg

時に、たくさん食べ過ぎて、腹痛を起こしながら、、、(↓写真左側、あおむしが苦しんでる顔)
c0156907_19331076.jpg

最後は、蝶になり、ひらひらと空を飛び回ります(成長の過程)。
c0156907_1934219.jpg

かえるの卵、おたまじゃくし、かえる・・・も、成長の変化が著しく、生命の循環を大きく感じる良い例。
c0156907_19464665.jpg

小学校高学年クラスは、ドイツらしく、テーマはグローバルウォーミング(地球温暖化:これも変化!)で、変化に対応している様々な動物たちの生態実情を紹介しました。
c0156907_1936469.jpg

恒例のラテン語クラスに変わって、今回は中国語のクラスの中国語劇。中国の王室が舞台のようです。皆、発音もとっても上手で、びっくりしました。
c0156907_19371133.jpg

最後は、最高学年による、「同窓会(Klassentreffen)」の劇。これも、大・変化(時間の経過とそれぞれの人生)のいい例ですね。18年後、クラスの皆は再会し、それぞれの人生で何が起こったか、何をしているかなどを報告します。
法律を大学で勉強した後、アメリカで、スーパーモデルとして花開いたナディアからシーンははじまり・・・
c0156907_19402265.jpg

船の設計士になった、男の子。
c0156907_19405254.jpg

看護師になった、女の子。
c0156907_19411448.jpg

それぞれ、10代前半の今、既にある個性、顕著な個性の延長上に、「ああ、やっぱり~」「彼女、彼らしい~」「ええっ、意外~」などの展開があるところに、想像力が広がり、創造力が書き立てられ、この子のことを良く知っているからこそ、面白さのつぼが分かり、心から笑えました。・・・この高学年の子達は皆、うちの子供たちもいつも可愛がってもらっているお兄ちゃん、お姉ちゃんたちなので、こんなところは、少人数の縦割り教育での良いところだなあとも思います。

2時間の発表会を楽しみ、去年の発表会からまたもう一年か・・・と、時間(変化)の流れの早さを実感するのでした・・。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-24 19:45 | モンテッソーリ・Montessori

3色ベジタブルオーガニックチップス

最近、おやつがありきたりだったので、面白い新商品がないかなあ~と探していたところ、、、

見つけました!
c0156907_17251069.jpg

オランダのFZ Organic Food社の、TRATOチップス。100%サンフラワーオイルで揚げた、ヘルシーなベジタブルチップスが3種類ミックスされて入っています。

お馴染み、キャロット
c0156907_1728277.jpg

ドイツ・オランダの食卓にはよく登場する、超ヘルシー白色野菜「Parsnip(Pastinake)」
c0156907_1730675.jpg

こちらもヨーロッパならでは、鮮やかなレッドで鉄分一杯の赤カブ(Beetroot(Rotebete))」
c0156907_1731867.jpg

オーガニックコスメのメイクアップの赤系カラーとしても使われる、ポピュラーな野菜&カラーです。

お皿に盛ってもキレイで、まるでドライフラワーのインテリアデコレーションのよう。
c0156907_17325327.jpg

・・・でも色的には、パステルカラーの春よりも、秋のテーブルの方がきっと合うだろうなと思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-23 17:33 | オーガニック・Organic・Bio

オリバー・カーン サッカーの後の人生

日韓共同開催のワールドカップで、一躍日本でも有名になり、ドイツの選手と言えば「オリバー・カーン」というくらい、名を挙げたカーン氏ですが、現役引退後の今は、経済紙・ハンデルスブラットデビュー、今度は経済界でのトップを目指しているようです。
c0156907_1725685.jpg

[Das Hirn ist wie ein Muskel-man muss es tranieren]

~脳は筋肉と一緒、トレーニングしなければならない~

というのが、今の彼のメッセージ。現役時代から、株取引などの才能があることも有名でしたが、なんとMBAホルダーでもあったようです。ハンデルスブラット紙のために描いた彼のイラストが載っていました↓
c0156907_176488.jpg

大きな地球のサッカーボールを、自分の両手で掌中にし、自信一杯に大きく掲げているイメージ・・・驚くほど、野心家ですね~。・・・でもイラストの才能はないかも?(笑)

数年前は、20代前半くらいの女性との浮気が発覚して、ゴシップ紙を賑わせてた彼ですが・・・。決して堕ちることはなく、野心は衰えず、サッカーや現役時代にしがみつくこともなく、新しいことにトライして、したたかに努力し続ける姿勢は、やっぱり只者じゃないですね。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-22 23:52 | ドイツ的価値観・German Value

今年初乗り♪

日曜午後は、初春の暖かな天気を味わうには一番!今年、第一回目のサイクリングを、近所の公園で子供たちと楽しみました♪

ガレージから約半年ぶりに出した自転車を前に、喜ぶ子供たち。
c0156907_6372731.jpg

次女は、まだ車輪なしのLaufradタイプの自転車ですが、スピードだけは、超スピードライダーで、風をぐんぐん切って、元気に進んでいました!
c0156907_6385538.jpg

c0156907_6392663.jpg


・・・春です・・・
c0156907_6394954.jpg

c0156907_6401233.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-21 06:40 | 子育て・Erziehung

玄関前を明るく・・

数日前から、ぐんと春らしくなってきたドイツ。土曜日の今日は、昨日ほど太陽は顔を出していませんが、それでも本当に暖かになりました!

朝からガーデンセンターに出向き、お花と植物の苗を調達し、子供たちと玄関前の両脇に置いた大きな鉢に、植えました!
c0156907_230551.jpg

c0156907_2303254.jpg

土は、大好きなオーガニックスーパー・アルナトゥーラで、オーガニックコンポストを購入♪
c0156907_23123.jpg

c0156907_2322190.jpg

c0156907_2325570.jpg

c0156907_2331591.jpg

皆でささっとチームワークで、20分ほどで、あっという間に完成♪

鉢がビックだからか、なんだかお正月の門松を飾ったような(?)雰囲気になりましたが、大分明るくなったのが良かったのと、家に帰ってドアを開ける時の気分が、アップしそうです。

これからお散歩に行ってきます。

皆様も、良い週末をお過ごし下さい♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-20 23:04 | オーガニック・Organic・Bio

スペインの代表的なカジュアルファッションブランド

・・・と言えば、日本でもH&M並み(?)にお馴染みとなった

「ZARA」

だと思いますが、ここ、ドイツでも同じです。確かに流行のカラーとデザインをタイムリーで押えているし、価格とのバランスで考えれば、ワンシーズン限りと割り切って購入するならば、適度な満足を得られるアイテムが見つかります。

でも、この「適度」っていうのが曲者。私自身は、ZARAで買ったものは、便利でそこそこであっても、決して「大のお気に入りっ!」と、次のシーズンに持ち越してまで着たいと思う服にあったことは、はっきり言ってありません。

・・・なので、最近はZARAからすっかり足が遠のいていて、もうかれこれ10年近くお世話になっているイタリア直のブティックで殆どのものを揃えていて、満足していました。

ですが、先週、幼稚園のスペイン出身のママ友から、丸秘情報を獲得!ゲーテシュトラーセ(Goethe Strasse)という、日本の銀座を超ミニ化したような、フランクフルトのハイストリートにあるスペインブランドのお店で、デザインはとっても素敵でモードを押えつつも、価格は、あのZARAより、ちょびっと高めなだけというお店があるとのこと!スペイン出身の彼女も、ZARAはポピュラーすぎ、カジュアルすぎてつまらないなあと思っているということでした。

お店の名前は、Massimo Dutti。早速、昨日行ってきました!
c0156907_22272388.jpg

この通りとお店の前・・・私は何度通り過ぎたかと思うほど、いつも通っていたところだったのですが・・・10年間も住みながら、一度も足を止めたことがなかった!・・・と、少しショックでした。というのは、

お隣さんは、
c0156907_222903.jpg

お向かいさんは、
c0156907_22293269.jpg

・・・という感じなので、ここに、ZARA並みのカジュアルファッションブランド店が並んでいるとは思わなかったんです。灯台下暗し、勝手な想定が間違っていることの、良い例ですね・・・。

早速中に入ってみましたが、客層も、実際ZARAのバックを抱えていたり、ヤング層のキャリアウーマンや若いママ系が多く、私でも無理がない感じ。服のテイストは、そこまで、個性的で面白い服はなかったですが、確かにZARAよりちょいレベルが上で、ベーシックアイテムも手に入るという感じでした。・・・・・でもやっぱり、私は、イタリアの大胆なカットとかカラーの使い方とか、ユニークで丁寧な服のつくりの方が好きかも♪・・・洋服ひとつとっても、その国の文化が出てますよね・・・・・

でも、でも、フランクフルトに在住の方、またフランクフルトに出張やご旅行で来られた方は、もうZARAは、ヨーロッパでしか買えないというブランドでは無くなってしまったので、このMassimo Duttiに足を運んでみること、お勧めです♪

ちなみに、ブランド選びは、会社哲学とかエコ・オーガニック・CSRが、選別の最初の基準になるという、お堅い(!?)私ですが、いわゆるグローバルなバックのブランドでは、
c0156907_22443958.jpg

ドイツのアイグナーが一番好きです♪アイグナーのものは、結構持ってるかも・・。

アイグナーも、この通りの一角にあるご近所さんです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-20 22:38 | トレンド・trend・Trend

パステルカラーで春を迎える

昨日から、ドイツ、すっかり暖かになりました。今度こそ、本当の春の到来という感じです。

長かった今年の冬の慣れから、つい、分厚いコートを着て外に出てしまうのですが、真冬用のコートだと、汗ばむような暖かさ。早朝はやっぱりそれでも少しは冷え込んでいるので、学校に行く子供たちは、まだ冬のコートを羽織って登校していますが、中は、セーター一枚は省けるという感じです。

幼稚園・学校から帰って来たら、本当に久しぶりに(半年くらいぶりでしょうか)、長袖Tシャツ一枚だけで、ベランダに出れるという、贅沢でした!

子供たちも、とにかく、暗くてモノトーンだった冬に終止符を打って、カラフルな春の季節を希求する、子供本来の内側からの自然な生命力が沸いてきたのかもしれません・・・。すぐに、

「ママ、チョーク!」

と言って、冬の間部屋の隅に眠っていたチョークボックスを取り出してきて、ベランダで、自由にお絵かき開始です。
c0156907_18853.jpg

c0156907_1883286.jpg

あっという間に、外用の木製テーブルも、彩られて・・・(ちゃんと冬の間、シートをかけるなどして守ってあげるのを怠ってしまい、雪や雨や風で、すっかりテーブルの木が傷んでしまいました。捨てなきゃいけないかもしれません・・・大反省。)
c0156907_1891839.jpg

→お顔まで、描いていただく必要はないのですが・・・・・・・
まあ、直後、お風呂に入れるので、良いとしましょう。

ベランダ反対側には、ナッツをむしゃむしゃしながら、勢い良くジャンプしているリス君を発見!
c0156907_18143534.jpg

リス君も、真冬よりも元気そうです。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2010-03-19 18:09 | 子育て・Erziehung