<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

チャリティーヨガetc...

talktalkチャリティーイベント、無事盛況に終わりました。

私は、午前中から、まずは次女とチャリティーヨガに参加。次女はずっとヨガがやりたいと言っていて、やっと念願のMakiko Kurata先生の指導を受けることに♪
c0156907_16324634.jpg

1人だけ子供、しかもまだ5歳ですが、1時間のクラス、途中でちょっとハーハー言っていましたが、しっかり最後まで集中して、がんばりました!日本のチャリティーということで、ウエアは、日本の国旗を意識。
c0156907_1633278.jpg

c0156907_16334345.jpg

c0156907_16335927.jpg

向かいの部屋は、チャリティーバザー、ティーコーナーになっていて、可愛いスウィーツが並んでいます。せっかく汗かいて、カロリー消費しましたが、すぐにまた超過確実・・・。
c0156907_16372955.jpg

募金箱。
c0156907_16374714.jpg

浅野さんのワインコーナーも!
c0156907_16383970.jpg

今日はワインでなく、子供用に、フレッシュなグレープジュースを購入させて頂きました。

楽しい土曜日を過ごすことが出来ました!皆様、お疲れ様♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-31 01:00 | イベント・Event

talk talk東日本大震災チャリティーイベント、迫る!

フランクフルトの人気語学学校talktalkさんの、無料体験レッスン(ドイツ語・英語)オープンデー&東日本大震災チャリティーイベントデーが、迫ってきました。
c0156907_20492888.jpg

今週末、

5月28日・土曜日、12:30~15:30、U7Hausen駅前(Praunheimer Landstrasse50)

です!
c0156907_21161343.jpg

サプライズバザー出展物も着々と増えているとのことで、大変楽しみです。実用的なものから、コレクター必見のオークションものまで、掘り出し物も期待できそう。また、フランクフルトをベースにした日本企業による、企業関連のノベルティーグッズなどの販売もあり、子供のもの、またはドイツ人への気軽なプレゼントなど用にも、良いものが見つかるかもしれません。

ちょうどお昼過ぎのスタートで、お茶の時間にもピッタリ♪スウィーツ・コーナーもあります。talktalkの外国語講師陣たちが腕を振るう、アメリカンスウィーツ、おなじみドイツクーヘン(ケーキ)などをはじめ、あの(!)大人気IIMORI Pattiserieからも、ドネーション(寄付)として、お楽しみ人気商品が当日個数限定で届くということです。

・・・みんなの力って、スゴイです・・・!

ちなみに、当日集まったチャリティーの売上、全寄付金は、talktalkからまとめて、日本赤十字社に送られます

当日、ちょうど近くの、日本語補習校の授業時間と重なっているので、ハウゼン周辺におられる方々、お友達をお誘いあわせの上、ぜひご来場下さい!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-25 23:14 | イベント・Event

シュタイナー学校で、東日本大震災チャリティーイベント

先週日曜日、フランクフルト郊外のディーツェンバッハにある、ルドルフ・シュタイナー学校で、東日本大震災チャリティーイベントが開催され、次女と行って来ました。主催者は、ご自身も3人のお子様をシュタイナー学校へ通わせ、また私と同じくオーガニックの分野でドイツで起業されている、日本人女性Fさん!彼女が日頃から温めている、信頼のネットワークがあっという間に人々を寄せ集め、大盛況のチャリティーとなりました。収益は全て、あしなが育英会を通じ、被災で親を亡くした子供たちの援助へと、寄付されます。

私も今回、はじめて足を運んだ、ディーツェンバッハの、ルドルフ・シュタイナー学校。
c0156907_17231154.jpg

校舎もとても立派。(普通のドイツの公立学校は、学校の面積、施設面も、日本の学校に比べて整っていないため、ドイツっぽくない学校らしさの建物、雰囲気に、ドイツ校に子供を通わせているママ達が、感動していました)
c0156907_17245658.jpg

私が目を奪われたのは、校舎前の美しいバラ園。流石、農業・デメターのシュタイナー哲学です♪
c0156907_17255827.jpg

校舎の正面ドアを開けると、もう、チャリティー一色。
c0156907_17265829.jpg

一階には、フランクフルト・T-Styleさんの、お寿司。
c0156907_17285617.jpg

2階は、今回のイベントを支えている、フランクフルト近郊に在住の日本人ママたちが腕を振るった日本食でもてなす、日本食ビストロ。
娘は、おにぎりコーナーで、おにぎりを買いました。
c0156907_1731444.jpg

小さな手作りメロンパンも!シュタイナー学校の教室で、美味しそうにメロンパンを食べる次女。
c0156907_1732565.jpg

「ママー、もう一個食べたいー!」

というので、

「じゃあ、自分で、“メロンパン一個、下さい”って、言って買ってきなさい」

とお金を渡し、日本語での買い物練習もさせて頂きました。ちゃんと言えた様で、しっかりメロンパンをゲットしてきました。

今年一番!と思う、私のお気に入りの写真一枚↓。
c0156907_17351488.jpg

我ながら、絵葉書にしたいくらい、偶然、よく撮れています(親ばかですみません、汗)。

Fさんの信頼、情熱は、ドイツ人のママ達をも見事説得。ドイツ人の女性達は、得意のケーキ+コーヒーコーナー、またフリーマーケットでも大活躍でした。
c0156907_17372775.jpg

次女は、この後、折り紙コーナーで、飛行機をつくり、
c0156907_1738354.jpg

“書”にも、挑戦。なかなか、アートっぽい出来♪
c0156907_17384194.jpg

外のふれあいミニ動物園では、キュートなロバを触れ合うことが出来て、娘も大満足の一日でした。
c0156907_17401833.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-24 22:52 | イベント・Event

フランス・ボルドーワイン

スタッフのSさんが、1週間のフランス・ボルドーワインの旅を終えて、今日また出社してきてくれました!ドイツからフランスまで、10時間近くをかけての車の旅。フランスでは、高速は走らず、長閑な田園風景に囲まれてのドライブだったということですが、フランスはドイツよりも暑く、しかも小麦畑のせいか、鼻も目もくしゅくしゅだったのこと。・・・ドイツでも、今年は花粉がすごいらしく、私もずっと、目が疲れていて、痒くて、コンタクトレンズの調子が悪いなあ~と思い込んでいたのですが、これも良く考えれば、花粉のせいだったのでしょう。

赤ワインをお土産に頂きました♪
c0156907_21233450.jpg

フランスらしいEtikettも可愛い♪
c0156907_2124382.jpg

私は基本的にはワインは白派なのですが、折角のボルドーワイン、今日の晩にでも頂きたいと思います。

フランスのオーガニックブランド「Jardin Bio」のお味噌汁も。
c0156907_21251037.jpg

商品パッケージも、HPもフランス語のみ。ドイツにも進出していないフランスのオーガニックブランドのようです。パッケージ写真の、お味噌汁の中に入っている、バルサミライス(?!)と、細かくきざまれた具(?!)が気になりますが・・・こちらも、試してみるのが楽しみです。

Sさん、いつもありがとう♪
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-19 21:46 | オーガニック・Organic・Bio

フィットネス屋外公園

息子のドイツのサッカー教室のお迎えに行く道で、最近完成したという、噂の大人気(大人に!)のフィットネス公園を、見てきました!息子をピックして、帰り道に、私たち親子も思わず寄り道。夕方7時を過ぎているのに、ドイツの夏は長く、こんなに明るくて、そしてこの公園にだけ、人だらけ(ほとんどが大人)!!
c0156907_16511046.jpg

プライベート企業で、もちろん有料の、「屋内フィットネスと同じことが、屋外の公園(公共+市のお金)で、気持ちよい空気と太陽の下で、無料で出来る」ということで、ドイツ人に大うけするのが、とても理解できますが(ケチ+エコなドイツ人ですが、でもこの国の完璧までに整備されたセーフティーネット、街のきれいさは、もとを辿れば、ドイツ市民に課せられているものすごい高い税金に由来している訳で、そう考えると、私費で高いフィットネスに通うよりも、高いお月謝を払っていることになるかもしれません。別の見方をすれば、公共施設を上手に利用しない人は、とても損をしていることになる!!)、それにしてもこの夕方の一こま風景は、ドイツだな~と思ってしまいました。例えば・・・
筋力トレーニングに黙々と励む、マッチョ系男性の前を横切る、愛犬連れのカップル。
c0156907_16574859.jpg

ノルディックウォーキングや、ジョギングに忙しい、スポーツに励む中年女性(1人だったり、オンナ友達と一緒だったり)や、放課後のローティーンの男の子たち。
c0156907_1703077.jpg

余暇の時間なのに、取組み方の真剣さ、表情から、思わずプロ?!と思ってしまう(笑)、ドイツ人男性。いつでも、まじめ、自己鍛錬。この国の経済の強さ、スポーツ界の世界的活躍は、彼らのような層の多さと強さに支えられてるんだなあ~、と思わず、見入ってしまいます。
c0156907_174464.jpg

息子も、いくつか、挑戦しました!
c0156907_1765160.jpg

両脚を上げて、キープして、腿の筋肉を鍛えるもの。
c0156907_177843.jpg

上半身の筋肉を鍛えるものですが、身長が少し足りない?!・・・私は息子よりも、背後の脚を高く上げたおばさまたちに思わず目が行ってしまいます・・・。すごいパワフル(笑)
c0156907_1792071.jpg

バランス
c0156907_17112176.jpg

c0156907_17113434.jpg

素朴で、ナチュラルで、カラダにも良い遊び。

ちょっと見習って、もうすぐ到来する本格的な夏までに、ぎりぎりですが、シェイプアップに励みたいと思います(もう間に合わないー!!)。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-18 19:45 | ドイツ的価値観・German Value

節電+頭脳磨きゲーム

先日、節電・節約の影響で、今また、昔ならではのボードゲームなどが見直されて、売れ行きが良いという記事を読みました。任天堂DSではもう到底子供にかなわない親でも、昔子供時代に親しんだアナログのゲームは、懐かしみながら子供たちに説明したりして、また、家族の団欒や、コミュニケーションも促します。正に、今の時期、そしてこれから、日本でもっとニーズが高まり、求められていくかもしれません。

・・・・・そう考えてみると、ドイツの我が家では、常に節電状態のライフスタイル+ゲームスタイルだったんだなあ~ということも、見えてきます。陽の光を取り込むような窓や家屋のつくりになっているので、日中はもちろん、薄暗くても電気はつけず、代わりにキャンドルを灯したりして、そこで、家族揃ってボードゲームに励む。うーん、改めて見ると、エコ国ドイツの生活を、自然に実践していた訳です。

先週も、子供たちと一緒に、今息子のマイブームのボードゲーム(Die Siedler von Katan)で、数時間椅子に座って遊びました。
c0156907_1757160.jpg

ボードゲームが特に好きでなく、得意でもない私は、かなり辛かったのですが、本当にドイツ人は子供でも、忍耐強い!!!カフェで本のように分厚い新聞を隅から隅まで読む老年女性や、何時間にも及ぶ退屈(?!)なオペラをじっと座って鑑賞し続け、ビーチバケーションでは一日中、デッキの上に横たわり、お昼寝したり本を読んだりするドイツ人のスローさと忍耐力は、子供時代から家庭環境の中でも、既に養われるものなのを実感しています。

ちなみにこのボードゲーム(Die Siedler von Katan)、日本でも日本語版が発売されていて、マニア(?!)の中で、結構話題のようです!→カタンの開拓者たち

日経新聞でも、頭を鍛えるボードゲーム・何でもランキングという題の記事で、お勧めのボードゲームが紹介されていて、「カタンの開拓者たち」も、入っていました!みてみると、やはりドイツ、フランスなど、ヨーロッパ勢強し!!「カタンの開拓者たち」もそうですが、頭を良く使って、長期的視点で、忍耐強く、作戦を練って、闘ったり、街をつくったり、家を建てたりと、「大きなビジョン」や「勝負哲学」、「戦略」などを養うゲームが多いように感じます。・・・なぜかふと、行き当たりばったり、超短期的視点が露呈されてしまった東電のエリートたちが受けてきた教育、生育環境のことを考えてしまいました。

どんな国家を目指すのか、つくっていくのか、そのために自分は何をするのか、一人であっても、間違いや危険に気付いたら、堂々と自信を持って、ノーといい、論理的に説明し、皆を納得させた上で、チームワークと協力体制をつくる・・・これが、今の日本政府と東電に、完全に抜け落ちている。櫻井よしこさんもおっしゃっていましたが、素晴らしい日本国民とお粗末な政府。この2つのすさまじい対比、それがもたらしている悲劇に、心が締め付けられます。自分の持ち場を守る、そこで100%ベストを尽くすということで、私たち国民が自分の分野(特に経済分野)で邁進したからこそ、戦後の日本のここまでの発展があったわけですが、自分もベストを尽くしているから、相手もそうだろうと仮定していたら、実はそうではなかった・・・。怒りや後悔をはじめたら果てしないですが、もう今は、これからできること、しなければいけないことを考え、今度は人任せにせず、自分たちで関わっていくしか、日本の未来はない気がします。つい数年前までは、仕事は適当に、むしろ、プライベートや他の活動に、自分のエネルギーや本当の能力、時間をより費やすドイツ人に、私も違和感を抱いていて、「仕事」への100%全力投球を信じて疑いませんでしたが、今はもちろん、仕事も全力投球することの大事さは疑いませんが、それ以上に、あまりに人生や生活を、他人依存、アウトソースせずに、バランスよく関わっていくことの大事さに気付き、それを実はずっと実践していたドイツ人に学ぶことが多いなと感じています。自分の専門だけこなしていればOKでなく、例えば、原発のことを考えて、自分で調べて、数十年も自分の信条を温めて定期的にデモに参加したり、、、。また、自分の住まいは自分で考えて、つくりだす、、、という視点で、日曜大工、壁のペンキ塗り、ドリルでの穴あけなどを業者に頼まず、自分でこなす、たくましいドイツ人女性。・・・こんな“生きる力”みたいなものを、私たち日本人は失ってしまったのかもしれないなあと、自分を振り返っても、思うのです。

・・・・・ボードゲームの話から、かなり脱線してしまいました。・・・今回の震災で、エコ大国、民主・個人主義のドイツからは、今後も沢山学ぶことがあるなと、再実感した次第です。

次女が夢中になっている、球でつくる立体パズル。原子の構造みたいです。こちらも、ナチュラル節電おもちゃ。
c0156907_18244269.jpg

c0156907_18251633.jpg

今日は学校で、てんとう虫のライフサイクルについて学んだということで、先生が、鼻の上にてんとう虫をペインティングしてくれたということです。
c0156907_18262067.jpg

c0156907_18263526.jpg

こちらは、今ドイツの小学校で流行ってる、動物ノートブック。REWEというスーパーマーケットで買い物すると、シールのカードがもらえて、専用のシールブック(3ユーロ也)に貼っていくというもの。シールカードの交換や見せ合いが楽しいようです。
c0156907_18323142.jpg

c0156907_18324884.jpg

長女が、

「私が一番最初にクラスに持って行ったら、次の日、みんな真似して持ってきたんだよ!」

と言っていましたが、彼女がトレンドセッター(?!)だったのでしょうか?

とにかく、動物カードを見せ合って、その動物についての説明文などを読みあっているドイツ人の子供たち。まじめで、素朴で可愛いです。こうやって、動物愛護・動物大好き精神も養われていくんですね~。

つくづく、エコについては、小さい頃からの教育が大きな鍵だと感じます。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-18 18:32 | トレンド・trend・Trend

小さなピアノの発表会

週末は、動物園の遠足、変装お誕生会、サッカー・・・と、子供のイベントだらけでしたが、息子のピアノの初発表会もありました。発表会といっても、いつものピアノ教室を会場に、先生の生徒さんとその家族だけを集めた夕べ、、、のような感じで、とてもアットホームなもの。でも、発表会がはじめての息子は、緊張していました。

暗譜での発表のため、本番前に、もう一度楽譜を確認。奥にいる赤いシャツの男の子は、ロシア人のピアノの先生の息子さん(ご主人ドイツ人)。やはり今日、曲を披露します。お母さんが先生というのは中々大変だろうなあと、思います・・・。
c0156907_122981.jpg

緊張のためか(?!)、撮影拒否の息子・・。
c0156907_134521.jpg

息子の前に弾いた女の子がとっても上手で、プレッシャーを感じ始めたのか、なんだか、顔の表情から、余裕がなくなってきた感じで、大丈夫かなあと心配しましたが・・・
c0156907_18945.jpg

多少の間違いはあったものの、しっかり最後まで弾くことが出来ました♪
c0156907_182418.jpg

妹たちも、お兄ちゃんを、誇らしげ。
c0156907_195242.jpg

それでもやっぱり多すぎるイベント続きで疲れたのか、息子は日曜夕方から体調を崩し、久々に風邪を引いてしまい、今日は学校を休んでしまいました。ドイツは数日前から、また気温ががくんと落ちて、雨の日が続き、衣替えで一気に真夏のような格好をしている人々(うちの子供たちも含めて)が、風邪をひいてしまってきています。寒くて、雨がじとじとして、空が暗いと、やっぱり気持ちも乗らないですね・・・。早くまた、快晴の初夏に戻ってほしいなあ~と思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-17 01:14 | 子育て・Erziehung

掴むことの出来ない(fassunglos)国、日本、愛を込めて

少し前になりますが、震災の後、ドイツのFAZ(フランクフルターアルゲマイン新聞)全面に、ウィリー・プンフナーという男性から、日本へのイラスト+メッセージが載りました。
c0156907_136130.jpg

描いてある内容、色使いや構成から、かなり日本文化に魅了されている人物なんだなあということが伝わってきます。
c0156907_1374917.jpg

日本文化の文化を愛するだけでなく、そこから生まれてくる日本への愛も、伝わってきました。
c0156907_1483834.jpg

ドイツ語で、犠牲、被害にあわれた方々への個人的な深い憐れみが綴られています。彼は日本を旅したことがあるそうですが、こんなにも魅了された外国は、今まで訪れた国で日本以外にないとのこと。夢のようなバーチャルの世界、説明のつかない不思議な国・・・完全に、圧倒されてしまったということ。

掴むことのできない国(fassunglos)・・・と締めくくられていますが、このドイツ語は、ポジティブにもネガティブにも取れる単語ですが、彼の場合は、全体のこの日本へのメッセージからみて、ポジティブな意味で使っているのだなあということが伺えます。恋愛と同じで(?!)、何事も全て把握が出来ないところが、もどかしく、さらに興味をかき立てる・・・そんな感じかもしれません。

千羽鶴に想いを込めて。。。
c0156907_148925.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-14 01:48 | 文化・Culture・Kultur

5月28日 フランクフルトTalkTalkチャリティーイベント

ドイツ・フランクフルトでも、愛する日本のいち早い復興を願う気持ちで結束し、沢山のチャリティー活動、イベントが開催されています。
c0156907_2054143.jpg

こちら↑は、キッズ~主婦~ビジネスマンまで、ドイツ語、英語をはじめ、言語の背景にある文化も学ぶことの出来る、一流の講師陣が揃ったフランクフルトの人気語学学校のTalkTalkさんを会場に、5月28日12:30~15:30まで行われる、内容満載のチャリティーイベントです!私も子供たちと参加する予定ですが、フランクフルト市内・近郊にお住まいの方、ぜひぜひ足を運んでください!

当日は、TalkTalkの英語とドイツ語のクラスの無料体験から、チャリティーヨガ、チャリティーマッサージなど、沢山の楽しく充実したイベントが揃っています。日本人だけでなく、ドイツ人のご家族やご友人もお誘いあわせの上、ぜひぜひお越し下さい~!!

ドイツの地で、日本人としてワイン作りに挑まれている、浅野秀樹さんのチャリティーワインの販売もあります!!!ドイツ人のワイン通、ワイン業界からも今、大変注目されていて、ワイン雑誌に載るなど、大活躍されています。私も先日早速、購入させて頂きました!お魚料理にとても合う、美味しい白ワインでした♪
c0156907_2153693.jpg

「639」・・・シンプルでクールな感じのデザインとネーミング。浅野さんに由来を尋ねたところ、

「639の意味は、むさくるしい・・・」

ジョークも忘れない感じで、いいですね~。クールなイメージとのギャップを狙ってるんですね、きっと(笑)。ドイツ人には、「むさくるしい」という意味を(適応するドイツ語表現は無し!)、どういう風に説明できるか???ですが(苦笑)。こちらが、浅野さんのHPです。
c0156907_2193844.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-10 20:15 | イベント・Event

乗馬レッスン

娘二人と、乗馬のレッスンに行ってきました。

日本も真夏のように温度が上がる日もあると聞きましたが、ドイツもここ1週間位、真夏のような強い日差しの天気が続いています。太陽は大好きなのですが、やはり長い間強い光を受けていると、体がとてもだるくなってしまう、基礎体力のない私・・・。
c0156907_22163268.jpg

レッスンの2時間、砂ぼこりで、蒸した乗馬練習場で娘たちを見ているのは、とても楽しい一方、かなり疲れてしまいました。でも、好きなことに励んでいる、若いギャルたち(娘たち+コーチ:ウィークデイの練習では、お姉さんのような10代の子たちが、小さなうちの娘たちのような年齢層の子たちに、乗馬を教えるのです。ちょっと年は離れていますが、日本の先輩・後輩、中学校の部活のようなイメージ、雰囲気と似ています)は、元気溌剌!体も心も軽そうでいいな~!と、夏だというのに重いからだを持て余している私は、羨むのでした・・・。そろそろ本気で、シェイプアップに励まなくては、本物の真夏が来てしまいます!!!

まずは、馬型の上で、フォームと動きと順序を練習します。
c0156907_22191624.jpg

普段、バレエで、柔軟性や筋力を鍛えているのは、乗馬でもとても役立ちます。
フォームも、かなりキレイにきまっている次女♪
c0156907_22192815.jpg

いよいよ、本物の馬にのります。
c0156907_22241346.jpg

c0156907_22272247.jpg

下りる時も、足を大きく前から、サイドへ。ここでも、スムーズな柔軟性が要求されますが、落ち着いて見事にこなしました!
c0156907_22253959.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-05-09 21:33 | 子育て・Erziehung