<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最強のチームのつくり方~なでしこジャパン~

世界の頂点に立ったなでしこジャパンに、一週間経った今でも感動で恍惚としていて、今回のことから私が学んだ沢山の素敵なことをまとめてブログに書こう・・・と、資料を集め、考えをまとめようとしていたら、ちょうど忙しさも重なってしまって、なんとなくタイミングを逃してしまったなあ・・・と思っていたところ、今日日経ビジネスで、大変お勧めの記事をみつけました!正に私が感じていたことが、全然もっと整然と、素晴らしくまとまとまっていて、一読の価値ありです。タイトルは→「感動だけではもったいない、なでしこジャパンに学ぶ5つのこと」・・・これからのビジネスで成功するために、最強チームをつくりたいと思っている人は必読だと思います。(最近、今後のメンター、行き先について不安や不透明感を感じてた私に、他のどのビジネス書よりも、沢山のヒントと元気を与えてくれました!)
c0156907_20503662.jpg

c0156907_20524699.jpg

c0156907_2053232.jpg

日本も連日、なでしこフィーバーで、団体への授与は過去にないという、国民栄誉賞も検討されているとのこと。すごい!報道も既に沢山あると思うので、ここでは、ドイツから見たなでしこについての記述にしたいと思います。
c0156907_216229.jpg

まずは、準々決勝で開催国ドイツを破ったなでしこジャパンの日本女性について、ドイツでは、二言、

「Selbbewusst(自信たっぷり) + mutig(勇気溢れる)」

と、絶賛でした。しかもこの、「笑顔とひたむきさと粘り強さと、そしてまだ残る、欧米国にはない、得体のない“分からなさ”と“つかめなさ”」が絶妙にミックスした彼女たちの出で立ちは、ドイツ、スウェーデン、そして最後のUSAという強豪を目の前にしたスタートから、勝利のあとまで、状況に左右されずに、ずっと変わることがなく、そこにいつも、在り続けていた」・・・欧米には男性の2メートル後ろをそそくさと伏し目がちに歩く日本女性のイメージは、既に、ドイツの一般大衆からも遂に雲散霧消(?!)した感じでしょうか。

ドイツのDuisburgで活躍中の安藤選手、Potsdamで活躍で、決勝戦では、ドイツ人の実況中継コメンテーターに、Japanerin(ヤパーナリン・日本女性)といわれるより先に、Potsdamarin(ドイツのポツダムチーム女性)と、自慢げに紹介されていた長里選手も、ドイツ在住としてはとっても気になりますが、、、
c0156907_20582510.jpg

c0156907_20584682.jpg

私が今回強烈に色々な意味で目を奪われたのは、世代が一番近く(!)、最優秀賞に輝いた沢選手です。
c0156907_20534785.jpg

c0156907_2054553.jpg

沢選手については、今色々ストーリーが出て来ていますが、18年間も孤独に地道に闘って、遂に王冠に輝いたこと、アメリカ留学で、挫折を経験したり、現地の人と結婚直前までいったけれど、結局サッカーの夢を追ったことなど、ハラハラのストーリーで、ゲームに匹敵するくらい、面白くて、学ぶことが一杯なのです。インタビューでの答え方も、とっても落ち着いていて、淡々とクールでいながら、同時にものすごい秘めた情熱を持っている。かっこよすぎ!・・・でも私が一番気に入ったエピソードは、こんなに完璧な沢選手は、実はPKが苦手で、監督に正直にそれを話したところ、「同点ゴールでチームを救ってくれたから、OK!」ということで、PKの順番は10番目になり、それに対してチームのメンバーが「沢さん、ずるい~」といっていた・・・という、あの、切迫したPK直前での、このチームの、信じられないくらいゆったりした信頼で結ばれた、和やかともいえるムード。

・・・「自分の弱みを素直に話すことが出来、それを、笑顔でジョーク交じりに、答え、受け止めてくれる環境、人、チームを持つ」・・・これこそ、これからの時代の成功するリーダーモデルだと思うのです。今、ドイツでは、Web2.0に習って、リーダーシップ2.0とか、3.0とか、新時代のリーダー像が盛んに議論されてるのですが、私は、リーダーシップ3.0に、なでしこジャパンを、正に模範例として挙げたい気分で一杯です。・・・というか、聞かれたら、今後そのように答え、説明すると思います。「ドイツもいい線いってると思うのだけどね・・・欠けてるのは、笑顔とeasy goingさかな~ふふふっ」な~んて・・・。・・・あと、こちらの記事も、とてもお勧めです。なでしこジャパンの選手の90%がプロの選手ではなく、パートタイム選手だったり、昼間は工場などで働き、夜にトレーニングをしているなどの、話。ああ、ドイツ人に聞かせたい・・。

震災後に、政府、東電によって、日本の国際性のなさ、グローバルな力のなさが、世界に大きく明るみになってしまいましたが、今まで陽の目を見ることがなかった日本のなでしこ女子サッカーチームは、日本が決して国際性がなく、グローバルに生き抜く力がないどころか、実は、「ヨーロッパやアメリカも達成していず、今、やっと“気付き”というレベルである、新時代のグローバル人材像の条件を、既に悠々クリアしている」・・・という、ものすごい実力を、世界に対して堂々と披露した訳です。本当にうれしくて、誇りです!

観戦席には、メルケル首相(中央:ピンクの上着)、上部中央にはドイツチームのシルビア・ナイド監督(ブロンドショートカット)も。
c0156907_2115644.jpg

シルビア・ナイド監督は、完全日本チームを応援していた・・・という雰囲気で、なでしこが1点目の同点ゴールを決めた時から、ガッツポーズで喜んでました(隣に座った選手達も同様)。

ドイツでの今回の女子ワールドカップの締めくくりも、

「政治、経済、色々な観点で、このドイツ開催のワールドカップは、大きな起点、ターニングポイントとなった」

と評価、心配されていた企業や地方公共団体からの投資リターンも、ドイツチームが準々決勝で敗退していたものの、結局プラス(+)で、成功での幕閉となったということです。

いよいよ、女子の世界が幕開け!・・・という感じですね。女子パワー、凄しです♪
c0156907_2163593.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-07-25 21:10 | ビジネス・Business

ナチュラル+グッドデザインkids club

ドイツの長~い夏休み、働く母としては、子供に色々なプログラムを提供してくれる“キッズクラブ”のお世話になることがしばしばです。

今回利用させて頂いたキッズクラブは、ディテールにもこだわりのある、ナチュラル+子供にアピールするキッチュなデザイン性に優れたキッズルームが印象的で、とっても可愛いかったので、沢山写真を撮ってしまいました。

キッズルーム入り口を入ると、すぐに目に入ったのが“natur kick”。
c0156907_22153916.jpg

旅館とかによく設置してある、サッカーゲームの、ウッディ版。
c0156907_22165412.jpg

ホワイトボードも、時計も、同じくウッディ調。
c0156907_22174671.jpg

c0156907_22181553.jpg

戸棚の引き手部分のディテールにもこだわります。
c0156907_22185527.jpg

一方で、あまりにシンプルに、ナチュラルになりすぎないよう、反対側は、ビビットな人工的なカラーで、アクセント。女の子たちは、特に喜びそうです。大胆に木材を使った遊び心一杯のデザインの椅子。
c0156907_22201739.jpg

c0156907_22211395.jpg

ナチュラルとノンナチュラルの、微妙なアンバランスな、バランス。ビビットカラーとパステルカラーの上手な色調の組み合わせ、落ち着かせながら、同時に刺激するような、非日常とファンタジー、日常と慣れ親しみをつなぐような、空間づくり・・・お子様ワールドのデザインからも、沢山学びがあります。
c0156907_2222891.jpg

c0156907_22222627.jpg

c0156907_22224318.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-07-18 21:54 | トレンド・trend・Trend

なでしこジャパンの快進!

サッカー女子W杯、なでしこジャパンチーム、いよいよ日曜日に米国と決勝です!

開催国はドイツ、準々決勝では、強豪で開催国のドイツチームを見事に破って、準決勝でもスウェーデンに圧勝!0-1で日本に敗退してしまったドイツは、日本チームを決して見くびっていなかったものの、まさか準々決勝で負けてしまうとは自らも信じられずに、敗退後も、納得がいかない不燃焼感で一杯という感じだったのですが、日本ースウェーデン戦を観て、自分達が闘った相手が、本当に実力があったと、やっと認識した・・・という感じです。歴史も実績も実力もあるドイツチームが、開催国というプレッシャーの元で、いまいち読めない相手である、日本に敗退してしまった・・・強者のアキレス腱を見事についた、なでしこジャパン、素敵です♪ドイツの主要メディアも、なでしこジャパンを絶賛!
試合後、「会場が殆どドイツの応援というプレッシャー(+時にブーイング)の中で、どうそれをマネジメントしたか?」という質問に、佐々木監督が、クールにさらっと、「中国で、慣れてますから。」と、答えていたのがとてもかっこよかった!やーすごいね~、なでしこジャパン~という、Locker(イージーゴーイング)な雰囲気も、ドイツの深刻な表情と対照的で、観ていてとても気持ちが良かったです!

準々決勝は、なんとフランクフルトのアリーナで。スウェーデンー日本という対戦で、ドイツが既に敗退してしまっていても、会場はほぼ満員。ドイツ人の多くが、ドイツチームを倒したなでしこジャパンに注目している様子が伺えます。「油断できない相手」・・・と最初から警鐘を鳴らしていた、ドイツチームの女性監督のシルビア・ナイド女史も、しっかりゲームを観戦。ちなみに、W杯敗退の後、彼女が監督を続行するべきか、大きな議論がありましたが、本人の意思もあり、続けることに決定したそうです。彼女は、サッカーチームの監督というより、一見大銀行の頭取?!という雰囲気の、厳しいけど頭の切れる、センスの良いエレガントなブロンド美人で、私は好きです。
c0156907_17435634.jpg

c0156907_17474781.jpg

はじめに、宣誓の言葉を、日本側の澤プレーヤーが日本語で、スウェーデン側もスウェーデン語で。「女子サッカー(FIFA)は、世界のあらゆる差別、特に人種差別(Rassismus,Racism)に反対する」というのが、今回のスローガンのようです。何千年(?)待ちに待った、女性の時代の到来を感じます。
c0156907_1750359.jpg

c0156907_1819193.jpg

c0156907_17511988.jpg

堂々とした、佐々木監督
c0156907_1855360.jpg

スウェーデンの監督も、評判はよいとのこと。中々のイケメンです。
c0156907_1863313.jpg

スポーツ先進国で、各スポーツ界に世界的に花形の選手を持っている、スポーツ大国ドイツでも、現実は「女子サッカー」については、やはり男子と比べると、盛り上がり度合いが、全然違います。サッカー選手のシール・ステッカーノートの売り上げも、去年の男子版と比べると全く駄目なようで、うちの子供たちが、ノートを買ったときは、「君たちが、女子サッカーステッカーノートを買った、最初のお客さんだよ!」と言われたほど。ドイツ人男性には、「女子サッカーなんて、見るに値しない」と、言い切る人もいるし、「慣れようと、努力しているところ・・・(Gewoehnungsphase)」と、顔色を伺いながら気を遣って、礼儀正しく振舞おうとする男性もいたり、色々な反応があるのも面白いです。とても興味深いのは、反人種差別を掲げながらも、実はとっても保守的なFIFA連盟は、女子サッカー選手にレズビアンの選手が多いことが気に入らず、今回のドイツ人チームでも、レズビアンであることをカミングアウトしている選手でなく、「クロアチア出身の若く美人で、自ら、ストレートで、将来は3人子供を持ちたい」と公言している選手を、ドイツの顔として、大きく持ち上げ、PR・広告に起用していることです。彼女は今、色々な雑誌の表紙に登場、プレイボーイ誌にも登場したとのこと。・・・私は、彼女はサッカー選手としては、稼ぎがとても良い訳ではない・・・・・と聞いているので、もしかしたら、これは売名行為ゆえの、リップサービス?!と、思ってしまったりするんですが・・・もし後から、彼女もレズビアンだった・・・なんていう事実が出たら(狙ってる、ゴシップ紙はきっとあるんじゃないでしょうか?!)、きっと大スクープですね~。

話が、逸れてしまいましたが・・・

この素晴らしい準決勝、悲しいことに、日本では関東が5,4%、関西が3,9%という低さだったようです。ちょうど時差の関係で、日本では深夜時間になってしまうのも、とても残念・・・。決勝は、それでもきっともっと、盛り上がりますよね!

決勝相手のアメリカは、ものすごく手ごわそうです。以下、アサヒコムの記事から抜粋

~日本が決勝で対戦する米国は、女子サッカー界では押しも押されもせぬ大国だ。過去5回のW杯のうち1991、99年大会で優勝。残りの3大会もすべて3位に入っている。五輪でも2004年アテネ大会、08年北京大会と2連覇中。国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランクは2008年3月から1位をキープしている。FIFAによると、日本は過去に米国と22回対戦し、3分19敗と一度も勝てていない。

 日本サッカー協会の上田栄治・女子委員長によると、米国の女子サッカー人口は約800万人。4万人弱と言われる日本の200倍だ。子供の「習い事」として定着し、「少女のおよそ3人に1人がサッカーをしている」(上田委員長)というほど人気が高い。全米を地区ごとに分け、優秀な選手を発掘するシステムも整備されており、「強い代表」を支えているという~


10年以上前、アメリカに留学していた時、アメリカ人の殆どはサッカーに全く興味を示さず、デンマークなどのヨーロッパからの留学生が、ボランティア活動で、しきりにサッカー普及に努めていましたが(しかも、男子のみ)、今では、少女の3人に1人!!!が、サッカーをするほど成長してるんですね!大変、驚きました。アメリカのスポーツ熱は、またドイツやヨーロッパとは違う“熱”ですが、競争をシステム化して、トレンドや士気を盛り上げていくような、組織的なシステム作りは、アメリカはやっぱりすごいなあと思います。結局スポーツも勉強やビジネスや他の分野と同じで、効率的なシステムをつくって、十分に投資していくことで、結果が出てくるというものなんだと実感します。

なでしこジャパンチームは、毎回勝利の後、世界に向かってお礼の挨拶をしています。
c0156907_18154977.jpg

日曜日、しっかり応援したいですね~!!
c0156907_18152462.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-07-15 18:16 | イベント・Event

フランクフルト・アイントラハト 少年サッカー夏の一週間トレーニング

フランクフルトで、日本人のサッカークラブ、ドイツのサッカークラブの両方に入って、最近ずっとサッカー三昧の息子ですが、先週はなんと、以前には高原選手も在籍していたフランクフルト・アイントラハトの夏の1週間集中トレーニングに参加しました。

最終日は、ホールに集まり、トレーニングで成績優秀だった少年たちに賞状が配られるなどの表彰式もあり、大盛り上がりでした。
c0156907_2324974.jpg

成績優秀者の名前を呼ばれる時、どきどき期待して待つ息子。
c0156907_04289.jpg

・・・数十ポイントが足りず、表彰に至りませんでした、残念。
落胆して泣いてしまわないかと、私はちょっと心配でしたが、心配をよそに、至って冷静。大分成長したものです。流石、アイントラハトの集中トレーニングに参加するモチベーションの子供たちだけあって、息子の近所の所属クラブよりも、数段サッカーのレベルが高く、それは十分息子も実感、納得したようです。所属のクラブでは、いつも上手なほうだと褒められていますが、こういう体験をするのも、とても大事。

「ママ、来年は賞状取るよ~!」

と、新たな目標が出来たことで、モチベーションが更にアップ!こういうポジティブな、適度な悔しさと刺激は、子供の心身の成長にとって、何事にも替え難いなあと思います。毎日早起きして、フランクフルトの郊外、フランクフルト空港のすぐ傍のノイイーゼンブルグというところまで、車で通った甲斐があったというものです。

グループ対抗戦では入賞したらしく、グループで前に並びましたが、なんとなく表情が微妙な息子でした。
c0156907_23341815.jpg

プレゼントのユニフォーム類にペタペタついているロゴのスポンサー企業を見るのは、私的にはとても興味深し。ミヒャエル・シューマッハーが広告塔のロースバッハー・ミネラルウォーター、チョコレートクリームのnutella、Sparkasse銀行、JAKO、タイヤのコンチネンタル、フラポート(フランクフルト空港)、ドイチェバーン(DB)など等、やっぱり資金力がある、コンベンショナル(従来派)な大企業が強いです。
c0156907_2343515.jpg

最後に、大きなファミリーサイズのチョコレートクリームnutellaが参加賞で配られ、子供たちは大満足。
c0156907_2344523.jpg

普段は、私はオーガニックのチョコレートクリームしか購入せず、息子も私がnutellaを好きでないことも知っていて、「ママのオーガニックチョコクリームの方が美味しい!」といつも言ってくれるのですが、この次の日の朝食のテーブルには、どーんとnutellaの瓶が載り、息子は誇らしげに、妹達に勧めていました。(こういう子供のマーケティングは、大事ですね~。流石、nutellaは上手。腑に落ちないものはあるものの、誇らしげに思う気持ちを盛り下げては良くないし、こんな日もありか、、、と、ぶつぶつ言いたくなる衝動を抑えておきました・・・)

参加証書と、ポートレート写真も最後に貰いました。
c0156907_23502026.jpg

c0156907_23504085.jpg

今ドイツでは、ドイツ開催の女子ワールドカップサッカーで盛り上がっています。日本も、ドイツも勝ち進んで、とても強いですよね。今晩も試合があり、盛り上がりそうです。ドイツのアディダスなどのスポーツ系グローバル企業は、「ドイツ開催のワールドカップを機会に、女子サッカーをセクシーで素敵なイメージにアップして、また更に、サッカーを越えて女子とスポーツの結びつきを強化して、顧客層を大きく拡げる大きなチャンス」ととらえているということです。なので、資金投資なども、なんと以前の男子のワールドカップサッカードイツ開催の時と、全く同様だとか。フランクフルト市などをはじめ、ドイツ各地の市町村もかなりの額を投資しているとのことです。大好きなスポーツとなると、ドイツ人は太っ腹+大胆になるんですね~。とってもいいことだと思いますが!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2011-07-05 18:37 | 子育て・Erziehung