<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Netwerken(ネットワーキング)

最近、ドイツのビジネスタームで人気の「netwerken(ネットワーキング)」をテーマにしたワークショップに参加しました。集まったのは、起業後数ヶ月~最大起業18年の、国籍、年齢、業種など全てバラバラの女性起業家。とっても刺激的でした。
c0156907_20362554.jpg

日本では、仕事とは基本「人間関係」なので、改めて「ネットワーク」といわずとも、仕事を成功させ、次に繋げ発展させていくためには、人との関係を作り、拡げていくことの大切さは、多くの人が認識していると思います。あえて言えば、大企業社会が終わりを告げ、一生涯の仕事人生の間で、数社を渡り歩くことになったりも普通になりつつあり、独立・起業することも敷居が低くなってきているので、日本のビジネス書では「社内ネットワーク」だけでなく「社外ネットワーク」を広げていくことの大切さは、以前よりももっと言われているようになっていると思います。
c0156907_20364698.jpg

ドイツ人にとっては、「ネットワーキング」というビジネスコンセプト、実はとても敷居が高いのです。何せ、プライベートと仕事をきっちり分ける仕事文化が長い間支配的だったのと、元々慎重派で、社交での振舞いが得意でない人(ウィットの効いた楽しい会話が出来る人が、男女ともに少ない。新しい出会いや人に懐疑的。)が多いので、彼らは意を決して、この「ネットワーキング」について、学ばなければならない。元々好奇心が強く、人間、新しい出会いが好きな日本人の私や、イージーゴーイングでフレンドリーなアングロサクソン系のビジネスパーソンには、分からない悩みがあるんです。

でも今回の集まりは、同じドイツ人といっても、女性起業家のみの参加だったので、平均的なドイツ人と比べると、このネットワーキングというコンセプトに断然オープンな人が多かったです。

午前、午後と一日を通し、3種のメソッドを使って「ネットワーキング」について学びました。

中でも面白かったのは、「Open Space(オープンスペース)」というメソッド。アメリカのIT業界のネットワーキングトレーニングから発祥したメソッドということでしたが(やっぱり「ネットワーキング」というコンセプト自体、アメリカ由来のものなのですね)、これは、「ネットワーキング」について、更に細かいテーマ別にグループを5つくらいに分け、それぞれのテーブルをまとめる議長はそこにずっととどまりますが、他の参加者は、例えば30分という時間内で、自分の興味やテーマ、そこにいる人たち、雰囲気、行われている議論の内容などによって、5つのテーブルを好きに廻って過ごしてよい(これもネットワーキング活動の一部)というものです。
c0156907_20242471.jpg

タイプ別に、ひとつのテーマや人に、じっくり時間をかけたいタイプは「アリ」タイプ。全体を見渡しながら、美味しそうな蜜があるところを求めて、行ったり来たり、色々テーブルを変える「ハチ」タイプ。ひらひらと、軽く全体を見渡したい、たまにはセミナールームの外へ出たところの休憩室のカフェでお休み、休憩中も、何気に人々とネットワーキングをする「チョウチョ」タイプに分け、メソッドの構造と機能を全体的に掴みます。

ネットワーキングが終わると、レビューや感想をそれぞれ発表しますが、

「私は本来の性格は、どちらかというと“ハチ”なのだけど、今日はこのテーブルのテーマが面白すぎて、つい珍しくも“アリ”で過ごしてしまいました」

とか、そんな風に自分自身の行動分析をしたりします。

パーティーなどでのネットワーキングもそうですが、自分、他人、空間を全体的に意識した行動把握、自分を他者視点で眺めるような客観的視点が、とても大事なように思えます。そういう意味でも、このメソッドは、フレッシュな空間視点を広く形作る上で効果的だと感じました。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-27 20:37 | ビジネス・Business

ウマが合うか、合わないか

子供も私も大好きなスムージーのパックの裏のイラスト。
c0156907_2042754.jpg

ナチュラルなバナナ君が、ラボで合成されたケミカルな人工ストロベリーエキスに背を向け、次に出会う、同じくナチュラルなストロベリーちゃんとはすぐに意気投合し、1つのプロダクト(スムージー=子供)までもうける、というシンプルなストーリー。

日本語では「ウマが合う」とか「ウマが合わない」とか言いますが、ドイツでは、プライベートでもビジネスでも、相性の良い、悪いを表現する時、

「ob Chemie stimmt(ケミカル反応が良いか、良くないか。)」

とよく言います。

友人や恋人になる人とは、初めて会った時から「何か」、つまり良い予感を感じ、直感のような「化学反応」が起こる。心地よい新しさとウキウキの中に、なぜか懐かしいような落ち着く感覚。この「化学反応」の定義づけは、友情や恋愛の気持ちの描写と一緒で、人によって千差万別かもしれません。

英語表現でも、上手くいっている人間関係やプロジェクトを、chemistryという言葉を使ってよく表現するようです。

最近、ドイツで仕事していて気付いたことですが、数年前に比べて、仕事やプロジェクトや仕事上の連携パートナーを選ぶ上で、この「化学反応」、又は「Bauchgefuehl(おなかの感覚)」を頼りにするドイツ人がとても増えてきていること。

万国共通、直感が強いのは女性なので、女性の方が割合が多いですが、男性でも「直感」を信じる人が増えてきている。数年前まで、論理一徹、ハートでなく頭で考える人が圧倒的だったのですが・・・。他国に比べて経済は絶好調などイツですが、それでも成熟した労働市場では、ソフトなスキルの大事さ、柔軟に、感情を理解したニッチなマーケットを開拓するのが生き残りという方向性になってきているので、本当にできる人は、働き方、アプローチの変化に敏感に気付き、自己を積極的に改造している、ということだと思います。そして、実践している人は、変化が辛いというよりも、解放され、前よりずっと幸せになっている人が多い気が。ドイツ人も解放されたいんだなあと、見ていると思います。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-23 23:59 | ドイツ語・German・Deutsch

サービスもあと片付けも、自己責任

先日、小学校のスキー合宿に参加した長男と長女が、旅先のお土産やさんで、2人で相談して、それぞれのお小遣いを出し合って、私に買ってきてくれたお土産。冷蔵庫に貼る、マグネット↓。
c0156907_19391023.jpg

意味は、

「このキッチンは“セルフクリーニング”です。“セルフクリーニング”とは、汚した人が、後片付け(清掃・クリーニング)をするということ」

何度も読めば読むほど、含みのあるメッセージではありませんか~?!

ちゃんと2人でお土産やさんで、このメッセージが気に入って「ママにはこれだよねっ」と、“私へ”のお土産(メッセージ+要望)として買った・・・ということでした(苦笑)。

うーん。しっかり者のドイツ人精神は、キッチンから養われる?!あながち当たっているのかもしれない。

自分で始めたものは、自分で最後まで責任を持つ。知らん振りしない、責任転嫁しない、忘れない。

キッチン~原発まで、色々なことに当てはめて考えると、あらためて、今世界で、ドイツの伝統的な価値観が、光を発し、輝き始めているなあと思うのでした。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-22 22:51 | ドイツ的価値観・German Value

ファッシング(カーニバル)

マイナス10度を行き来する気温からはやっと脱したドイツですが、まだまだ寒い冬日が続いています。

寂しく、長く、暗い2月の大きなイベントと言えば、ファッシング!今日、街に出ると、コスチュームなどで変装下子供たち(+大人)を沢山見掛けました。

うちの子供たちも、変装して、学校へ登校しました。
c0156907_136475.jpg

一番左は、「おばけになりたい」と、日常用にいつも履いている白いタイツと、古くなったシーツだけでシンプルで経済的なお化けスタイルをつくった長女、真ん中は今ドイツの学校でブームのスターウォーズのキャラクターに扮した長男(このスターウォズブーム、レゴでもスターウォーズバージョンなど、今とても派生商品などもとても流行っているのですが、ブームを先導してるのが、子供たちというより、親だったりします。ちょうどスターウォーズで育った世代が親世代なんですね・・・。特に父親がはまってるケース多し、です。おもちゃメーカーも、お金を出す親にターゲットを持っていったのは、とても賢いなあと思いました。・・・ちなみに私は一度もスターウォーズにはまったことがなく、息子のコスチュームのキャラクターの名前も、何度聞いても忘れてしまうような始末です)、右はお姉ちゃんの数年前のおさがりのコスチューム(ディズニー系のキャラクター。こちらも、名前を忘れてしまった!、やる気なし+ミーハーさの足りない母親。)の次女。彼女は「シンガポール人だよ」といっていましたが、本当にそうなのかな??

学校でも一応、記念写真。
c0156907_1435539.jpg

c0156907_144931.jpg

孤独に席に着く、シンプルお化け。
c0156907_1481330.jpg

実は長女は、周りの友だちと比べると、あまりに素朴に変装しすぎてしまい、他の子からそれをからかわれたようで、この後、泣いてしまいました。

・・・私からすると、買ったコスチュームセットをそのまま着ただけの彼女の兄妹や他の子供たちよりずっと、クリエイティブだなあと、彼女のマイペースな姿勢に関心したのですけどね。モンテッソーリ小学校ですが、まるでワルドルフ(シュタイナーの学校)の生徒のように、素朴+クリエイティブな長女に、私は誇り♪

長男の変装したスターウォーズキャラクターなんて、まったく同じ変装の男の子が、もう2人いました。つまんないですよね。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-21 23:41 | 子育て・Erziehung

Sumi-e(japanische Tuschemalerei)

前からとても興味のあった、水墨画に、挑戦しました!!

講師は、日本に在住16年、水墨画の故・佐々木鉄心氏から、許状を得て、20年間、ドイツで墨絵を教えている、ドイツ人女性アーティストのシビル・シュナーべル女史。70歳を超えているとは信じがたい若さと才気に溢れています(特に肌艶が素晴らしい!)。日本での経験や、芸術のこと、日独(欧)の芸術、文化、社会、人間、日独女性比較etc...。話は尽きず、時間が経つのを忘れてしまいます。(↓写真中央、紫のバンダナ(後姿)の方が、シュナーベル女史)
c0156907_264345.jpg

でも、ちゃあんと、筆も動かしましたよ~♪

まずは、竹からスタート。下から、筆を寝かせて上に押して行きながら描くのですが、とっても難しかった!最初は筆の墨と水分量の把握も難しく、何度練習しても中々上手く行きませんでした。

こちらは先生のお手本。
c0156907_283037.jpg

何度もまずは、苦手パーツを練習。
c0156907_285970.jpg

忍耐強く繰り返していくうちに、なんとなく、筆を動かす感覚(昔、書道をしていました・・・)が戻ってきて、そして、筆の水分量や墨の割合、描いた時にどうシャドーが出るかなどの予測も、スタートに比べて出来るようになって来ました。

本日一番の、My・作品↓。
c0156907_2111511.jpg

墨絵、とっても楽しかったです!

何が一番良かったかといえば、“パッシブ(受身)”でなく、“アクティブ(能動)”&“ポジティブ”なセラピーのような効果があること。他人やプロなどの手を借りることも時には大事ですが、

「他に頼らず、自分は自分で癒す、浄化する。自己セラピーをして、心身の健康を維持・管理する」

こんな姿勢が、今、「世界中の誰にとっても求められているアプローチ」ではないかと感じました。

日々のストレスや疲れ、怒りやフラストレーションで、ほこりで詰まってしまったような精神が洗われ、浄化されていくような、ホリスティックなすがすがしさ、久しぶりに味わいました♪

これから、ずっと続けていこうかなあとも、今考え中です。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-20 20:13 | 文化・Culture・Kultur

屋内サッカー

サッカー狂の息子は、昨晩もフランクフルトVSデュッセルドルフのブンデスリーガの試合を観て、大興奮でした。

観るのも、プレーするのも命!のサッカーですが、息子の所属するドイツのサッカークラブは、一年を通して外のグラウンド練習が基本であり、冬の寒さの中でも、シャツやユニフォームなどを何枚も着込んで、帽子などでも完全防寒していつも2時間のトレーニングを外でずっと頑張っていたのですが、流石にここ数週間のマイナス10度以下の寒さで、トレーナーもトレーニングをついに断念。来週まで、極寒のため、練習の中止が既に決定しています。

日本人のサッカークラブの練習は、冬の期間は、屋内。普通の体育館を借りたり、時には、屋内サッカー練習場を借りて、練習します。週末は、息子のお気に入りの屋内サッカー場での練習でした。

そしてなんと、また、なでしこの熊谷選手が、ゲストコーチとしていらっしゃってくれました!

長女の方(小1~2)は、馬とびなどのウォーミングアップからはじまって、段々と身体を温めていきます(屋内といっても、やっぱり寒い!)。
c0156907_18361349.jpg

c0156907_1836303.jpg

後で、「ドイツの学校では、体育の時間には馬とびあるの?」と聞いたくらい、馬とび・・・皆、あまり上手ではありませんでした。ちなみに、縄跳びは日本人の子供たちは、とっても上手です!ドイツの小学校ではあまり縄跳びはポピュラーでなく、息子は殆どやったことがなくて、日本の補習校でやったら、「僕が一番、度へたくそだった!みんな、何百回も飛べるんだよ~」と私に教えてくれました。後日、息子は、日本語補習校の宿題の作文で「なわとび」を題に選び、「今まで練習しなかったから下手だけど、これから練習して、もっと上手になりたいです!」と日本語で書いていました。可愛い♪

小学校3-4年生のグループでは、練習中の試合なんかも、もうすっかり本格的で、スピードも技術も、そしてチームプレーなんかも出てきて、見ているだけでとっても楽しいです。熊谷選手も入ってくれています。
c0156907_1838060.jpg

c0156907_18381830.jpg

c0156907_18383845.jpg

c0156907_18385268.jpg

そろそろ、しっかりルールを覚えたいなあと思います。そうしたら、きっともっと観ていて面白いのだろうなあと。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-14 18:39 | 子育て・Erziehung

脱原発1000万人署名 in フランクフルト空港

日本での「2.11 さようなら原発1000万人アクション全国一斉行動」との連帯・団結・結束アクション(ドイツ語でSolidalitaet、英語でSolidarity)として、同日2月11日、なんとドイツのフランクフルト空港でも署名活動がありました!
c0156907_17535233.jpg

参考:【速報】2月11日、東京・代々木公園イベント広場で、「再稼働許すな!2.11さようなら原発1000万人アクション全国一斉行動in東京」が開催され、約12,000人が参加しました。呼びかけ人の大江健三郎さん、澤地久枝さん、落合恵子さんの他、福島から、永山信義さん(福島県平和フォーラム)、増子理香さん(つながろう!放射能から避難したママネット@東京)、菅野正寿さん(福島県有機農業ネットワーク)からの訴え、さらに、俳優の山本太郎さん、タレントの藤波心さんが発言をしました。(さようなら原発1000万人アクションサイトより抜粋)

出発ロビーウィングには、いつもと違い、警察官が多く、警備を強化しています。でも、全然雰囲気は悪くありません。
c0156907_1754589.jpg

スタンドは大盛況。ドイツ在住の日本人の駆けつけ応援も混じっていますが、殆どがドイツ人、インターナショナルな旅行者の老若男女たち。
c0156907_17565016.jpg

c0156907_1757363.jpg

脱原発運動で、まず一番大事なのは、メディアや政府の情報を鵜呑みにせず、自分自身で情報を求めていく心構えと、自主的な行動と、適切な情報収集、取捨選択、及び編集+発信能力。簡単な道ではないですが、このスタンドでは、パンフレットなど、沢山の有益な情報、また人同士の繋がり、新しい出会いがあり、次のアクションやイベントなどに拡がっていきます。
c0156907_180042.jpg

c0156907_1801338.jpg

私は本業の仕事、プライベートと並行して、一生(かからないことを願ってはいますが)、日本、ドイツ、そして世界の脱原発実現に向かい取組んでいく決意をしました。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-13 23:19 | 脱原発・No Nukes

おなか一杯広告

寒波+激寒の続くドイツ・フランクフルトに、先週から地下鉄、バス停留所をはじめ、街中のあらゆるところにいきなり登場した、このH&Mのデイビッド・ベッカムを使った下着の広告ポスター。
c0156907_1711843.jpg

c0156907_1712835.jpg

ラジオでも、「デイビッド・ベッカムの下着姿が、街中で見れるわよ~」みたいなことが言われていましたが、それを言っている女性のコメンテーターも、結構どうでもいい・・・というような雰囲気が伝わってきていて、何だかなあ~と思いました。

・・・日本の原発事故、ユーロ危機、中東情勢etc...悲しいかな、他によい意味でセンセーショナルで楽しい話題が特にないのは確かだけど、こんな広告で「喜べ!」とメッセージを送られるのは、雪や寒さも重なり、もっと寂しく、むなしく感じるのは、私だけ?日本やアメリカと比べると、商業的広告や流行に猜疑心の強いドイツですが、やはり一応、先進消費国の一メンバーだけあり、全くグローバルトレンドが入ってこない・・・というわけでもない。最初はしり込みしたり、文句を言ったり、批判したりしながら、結局数年後、他の国では既に、過去のモノ・ヒト?(例えばベッカムさん)となったものが、「これがトレンドよー!」といった風に登場するのです。それで結構騒がれたり、実際に売れたりしてしまう。

例えば、スターバックスカフェも同様。ドイツには美味しいコーヒー、カフェがたくさんあるから、スターバックスは絶対チャンスがない、といわれていたのですが、日本やイギリスに5年くらい遅れて登場。「アタラシモノ」扱いで、結局ドイツでも流行りました。今ドイツでは、「スターバックスカフェが、夜はバーになる」みたいな計画がされていて、これも今ラジオ番組などで「スタババーは、成功するか?」と議論されています。(議論好きは変らないので、ますますうるさい+厄介。同様に「マック派」か「バーガーキング派」か?のバーガー議論もよくあり、いつもうざいなあと思います。)話がそれましたが、不景気の世の中、トレンディである(もちろん皮肉)スタバのバーに彼女を連れて行き、カジュアル価格で出費を抑えることが出来、しかも彼女にはおしゃれと喜んでもらえる・・・・けちなドイツ男が考えそうなシナリオです。こんなの私は吐き気がしますが、ドイツ人女性はおしゃれにもてなしてもらっている気になってしまうのでしょうか、かわいそう・・・。ダッサいな~と感じる、ドイツです。

もう一つ、ドイツで流行っているのは、オンライン系のパートナー探しビジネス。日本や他の国と一緒で、単なる出会いサイトという段階は既に終わり、例えば「アカデミックな経歴(修士号とか博士号)を持つパートナー限定のサイト」をはじめ、ニーズ別でニッチ化が特徴です。

これは、近所に張り出された、パーシップというマッチングサイトの広告で、向かって右側の男性が「僕のグルメ(イタリア料理)への愛をシェアできる女性が、自分に合う女性だ」と言い、左側の女性は「私は、話しにくいことでも、敢えてオープンに心を開いて話すことのできる自己信頼感を持った男性を探し中」と、言っています。
c0156907_1730746.jpg

・・・私が解釈するに、この2人は「合わない」と思うのですが、これがこの広告のメッセージ?!なのでしょうか?よく判りません。美男美女だけれども(既に顔が隠されてしまっていて見えないのが残念)、「価値観や求めているものが違うと悲劇が生じる→それを防ぐためのソルーションを提供するのが我が社」ということであれば、良く考えながら見ると、隠れたメッセージが伝わってくる優良広告、ということになります。もし、この男女が「合っている」というメッセージであれば、これだけノン・プロフェッショナルな奇妙な広告も滅多にないでしょう。ドイツに限らず、多くの先進国でそうですが、男女のパートナーに関する希望や期待については、一概に言い切ることはできませんが、女性の成熟した要望に比べて、男性の要望って、なんとも浅く、表面的だなあとも感じています。

数日後、この上記↑写真の通り、この広告は白地に大きな赤字で「住民への目障りな広告をしないでくれ」と、紙が貼り付けられていました。・・・誰がしたんだろう。ドイツ人ってまめだなあと思ったのと、この場面は、とってもドイツだなあ~と久々に感心し、私はシャッターを切ったのでした。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-10 23:48 | ドイツ的価値観・German Value

スイス出身の、イケメンチェロ奏者

先週末、子供たちと、ゲーテ大学でのオーケストラコンサートに行ってきました。

目的は、彼。なんと現在若干18歳、スイス出身のイケメンチェロ奏者。2010年にはシチリアのIBLA GRAND PRIZE SIZILIENで、既にトップに輝いたキャリアを持つ、今注目の若手です。
c0156907_1294457.jpg

オーケストラの合間に、彼のソロや、彼を中心にした曲が入る・・・といった構成だったのですが、いやあ、若くて、本当にカッコ良かった!日本やアジアでもてそうな顔立ちで、一見少しシャイな印象で、でも話すととてもフレンドリーなティーンネイジャーといった感じ。でも演奏に入ると、全身のエネルギーを震わせ、心身共に我を忘れ、作品、今&ここ(now & here)に没頭しているというような、若さ溢れる天才でした。日本に行ったら、大変な人気になること間違いなしだなあと思いながら、最初から最後まで目、釘づけ。行った価値、ありました。

体調も気分もずっと落ち気味だったのですが、やはりこういう時に、ピュアな才能溢れる芸術に触れることは良いことですね。心身が浄化され、少しすっきりしました。

あと、最近の次女と私が好きなアーティストは、オーストラリア出身のGotye。日本でも人気でしょうか?「Somebody That I Used To Know」・・・音楽のテイストと構成、アーティスティックなミュージッククリップも、新しい感じで面白い。そしてやっぱり、失恋の歌。タイトルも、アデルの「someone like you」にも、仄かにかするような「somebody That I Used To Know」。

過去の誰か(somebody)と、これから出会う誰か(someone)・・・。哀しみと孤独の人生の鎖の中で、時々光を放つ希望。それが、人との出会い。友情や恋愛になり、皆ドラマを演じる。始まるのあるものは、終わりもあり。

嗚呼。

次女(6歳)は、バックの独特なビートと、「彼の目がいい・・・♪」と私に言っていました。うん、中々見る目あり!
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-09 01:37 | 芸術・Art・Kunst

フレッシュミルク自動販売機

オーストリアで滞在のホテルに、フレッシュミルクの自動販売機が設置してあり、毎朝子供たちが、容れ物を持って、ミルクを汲んでくるのが日課でした。
c0156907_19535924.jpg

c0156907_19541633.jpg

ミルクについての証書。
c0156907_19543893.jpg

「Liebe schmeckt」・・・「愛は、美味しい」。牛(動物)へ対する愛は、牛たちにちゃんと伝わり、乳の出具合、ミルクの味にも影響する、という記述。
c0156907_19562059.jpg

生産者のエルヴィン・バウアー氏。
c0156907_2005938.jpg

スイスのアルプスで働いたのが、今までの人生の中で一番幸せだったと語る28歳。牧場での労働は、

「肉体的には厳しいが、心と精神にとっては、休暇(Urlaub)のようなもの」

と、自然と動物のリズムと調和の中で生活し、働くことの幸せを語っています。今後数年で、自分の牧場を持ちたい、と将来のビジョンもガッチリなようです。
c0156907_2004590.jpg

[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-02-08 20:01 | エコ・Eco・Oeko