vielfalt(ダイバーシティー・多様性)

日本でも、少子化による将来的な人口・労働力不足の延長で考えられている“移民”、その線上にある“ダイバーシティー(多様性)”という考え方は、グローバル企業等では、大分聞かれるようになりました。

元々陸続きで国境を越えた人の流れが盛んで、更に移民政策、歴史に関しては、日本よりも長い経験を持つヨーロッパ、ドイツでも最近また、更に盛んにダイバーシティー(ドイツ語ではvielfalt/フィールファルト)という言葉が聞かれるようになり、色々な公共プロジェクトにも予算が沢山流れています。

「外国人(Aulaender/アウスレンダー)」というドイツ語は、あまり良い印象でない言葉でしたが、最近はドイツでも経済のグローバル化が進み、vielfalt(多様性)という言葉は、「違いや異なる文化(つまり多様性)からこそ、価値のある何かを学ぶことが出来、クリエイティビティーが生まれ、それが人生や仕事上の成功につながる」というポジティブなニュアンスを持ってきました。

最近、ドイツの中学校・高校見学に行くことが多いのですが、10代半ばの若いドイツの子供たちに、このvielfaltという概念をアピールしている姿勢がとても目に付きます。そして、子供たちの反応もいたってポジティブです。イギリス、アメリカ、オーストらラリアなど、英語能力取得を目的とした従来的な海外体験・ステイ・留学を超えて、
ロシア、インド、中東、日本や韓国、中国などの東アジアなど、文化的にも地理的にも遠くを目指す、他人とは違う何かを求め、行動に移しているドイツの子供たちがとても多く、内向化、国内志向が進んでいると聞く日本の子供たちも、ぜひ、早いうちから、海外を目指して欲しいなあと思ってしまいます。そして、それは単に子供たちに期待をするだけでなく、政府や企業がしっかり予算を組んでバックアップしてこそ、そういう流れをつくることが出来るということを、最近のドイツの多彩な国際プログラムの存在を知り、ますます確信します。

「Einheit in Vielfalt(多様性の結束【ユニティー】)
c0156907_027734.jpg

外国人でも、ミス・ジャーマニーになれるかも?!
c0156907_0274087.jpg

日本でいう、ワーホリ、海外企業研修プログラムの募集広告。
c0156907_0281576.jpg

東大へのお誘い(4年間の学士過程、講義は全英語)。
c0156907_0285992.jpg

ふむふむ。若者に期待っ!ですね。
[PR]
by mikiogatawestberg | 2012-12-19 00:30 | インターカルチュラル
<< 残り雪 発表会“日本人の食事” >>